その悪女に気をつけてください|12話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

前回、乳母のマーサが突然ポジェブラト家に帰ってきました。

彼女はメリッサとジェイクが成人するまで屋敷にいた人物です。

 

そのマーサの口から、自分はもうすぐ結婚するという情報をメリッサは聞いてしまいます。

婚約破棄を公爵に訴えていたのに、その直後なぜ結婚なのかとメリッサは呆然としてしまいました。

一体どうしてでしょう。

それでは、12話本編です。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」12話ネタバレあらすじ

クラクラする現実

メリッサはさらにマーサから詳細を知りました。

今度の皇室主催の春の舞踏会で、メリッサと皇太子イアンの結婚を発表するというのです。

彼女の乳母だったマーサはそれを聞いて、いてもたってもいられず駆けつけたということでした。

 

マーサは「心から愛する皇太子様との結婚ですよ!夢が叶いましたね」と言います。

当然ですが、久しぶりの再会であるマーサにとっては昔のメリッサの姿が全てでした。

皇太子イアンと結婚して「お姫様になる!」というメリッサの長年の夢も叶うし、可愛がって世話をしてきた娘が地位も容姿もとびきりの男性と結ばれることを、マーサは心から喜び涙します。

そのマーサの姿を見ていて、どんどんクラクラしてきたメリッサは失神してしまいました。

 

スポンサー

メリッサへの陰謀論

失神して倒れたメリッサは、自室のベッドに寝かせられていました。

そこへ侍女のヨナが入ってきて、メリッサの名を呼びます。

侍女ヨナは返事のないメリッサを観察し「起きてるくせに」と言いました。

いつもながら侍女らしからぬ態度です。

 

起きるつもりのなかったメリッサは、バレてしまっては仕方ないと目を覚まします。

マーサの前で気絶してから半日が過ぎていました。

 

メリッサは意識が戻ってから目を閉じているまでの間に、今までの皇太子からの数々の仕打ちを思い返し、改めて苛立ちを覚えます。

できることなら何も考えず、ずっとこのフカフカなベットに横になっていたいとメリッサは思うのでした。

 

思い返せば昔のメリッサは、来年の春に結婚したいとイアンにせがんでいたのです。

その来年の春がちょうど今です。

今の私ならメリッサに婚約破棄を強く薦めるのに、とメリッサは2人の自分を想像しました。

でもこれは昔のメリッサと今のメリッサの行動が合わさって出た結果だ、とメリッサは考えます。

木の皮を齧るような思いがしました。

 

何につけてもメリッサを一番苛立たせているのは、皇太子イアンの謎の手のひら返しです。

皇太子はメリッサに結婚をせがまれても、のらりくらりと交わしていました。

さらには浮気現場を見せつけてくるという酷い有様です。

それがメリッサが婚約破棄を宣言した後、来年の春に結婚したいという昔のメリッサの願いを叶えようとしているのです。

 

まるで別人のように対応が違います。

原作通りなら舞踏会にも呼ばれなかったはずなのに、そこで結婚発表をしようというのだから驚きです。

 

メリッサはその謎の手のひら返しを、皇太子イアンの陰謀であるとしました。

皇室の舞踏会は、貴族と平民が大勢集ってきます。

そんな大きな舞台で結婚を発表し盛大に盛り上がらせた後、破談にしてメリッサを貶めたいのだろうとメリッサは考えました。

先に公爵に結婚の話をしたのも、先に噂を広めてあらかじめ成婚ムードを盛り上げておきたい思惑があったのだろうとメリッサは憶測します。

外堀を埋めるためだけではなかったのかもしれません。

 

色々考えを巡らせて、メリッサはドス黒い感情をどんどん湧かせていきました。

 

結婚発表を回避せよ

メリッサは、とりあえずポジェブラト公爵と結婚の話について話し合おうと思い立ちます。

まだ傍にいた侍女ヨナに公爵の居場所を訊くと、先ほど用事があって地方へ赴いたと答えました。

メリッサはひどく驚きます。

ヨナは、ご存知ないですか?と白々しく付け加えました。

ずっと寝ていたメリッサがそんなことを知るはずありません。

メリッサは公爵は自分が失神している隙に逃げたに違いない、と思います。

 

さらに侍女ヨナは小耳に挟んだ話をメリッサに伝えました。

皇太子が「舞踏会では婚約者に一番輝いていてほしい」と言って、町中の服飾店でたくさんの高価な服と宝石を買っていると言います。

 

メリッサは吐き気がしました。

皇太子は裕福な公爵令嬢の自分に対して、服を買うお金もないように扱っているとメリッサは思います。

メリッサは皇太子に権力でねじ伏せられているように思えて、屈辱的な気分になりました。

 

この服飾品のことだけではありません。

イアンはいつだって権力を盾に自分の意思を無視してくる、とメリッサは大きな怒りを沸々と煮えたぎらせます。

再び殺意は鮮明に蘇り、皇太子イアン暗殺の決意を新たにしました。

 

ですがこの状況では、メリッサが今から皇太子を葬って解決という訳にはいきません。

とにかく目の前に迫った皇太子イアンとの結婚発表を阻止しなければなりませんでした。

メリッサは必死で対策案を考えます。

 

元乳母のマーサに伝わったくらいですから、すでに皇太子が春の舞踏会で結婚を発表する噂は訂正できないところまで広がっているはずです。

それに皇太子を困らせている悪女として有名なメリッサの話は、いくら当事者でも誰も聞いてくれません。

 

いっそ舞踏会の前に破談にしちゃう?とメリッサは苦し紛れに考えてみますが、皇太子イアンが同意する筈はないので不可能です。

そこでメリッサは一つの考えに思い当たりました。

自分が舞踏会に参加しなければいいのです。

メリッサは皇太子との結婚回避に希望を見出して頬を緩ませました。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」12話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

メリッサは皇室主催の春の舞踏会で、メリッサと皇太子イアンの結婚が発表されることをマーサの口から知ります。

メリッサは受け入れ難い現実を前に失神してしまいました。

 

半日後にメリッサが自室のベッドで目を覚ますと、ポジェブラト公爵は地方へ行ってしまった後でした。

逃げたとしか思えないタイミングです。

 

そして皇太子がメリッサとの結婚発表を決めたのは、自分への陰謀だとメリッサは考えました。

皇室の舞踏会は、貴族も平民も大勢集まって来ます。

そんな大舞台で結婚発表をして充分に盛り上がらせた後、婚約破棄をして自分を貶めようとしている、とメリッサは思ったのです。

 

そもそもメリッサは皇太子が大嫌いですし、何より作中では皇太子と一緒にいると没落する運命にあることを知っています。

メリッサはなんとしてでも結婚発表を回避しなくてはなりませんでした。

 

メリッサはこの危機的状況の中、結婚発表を回避できる可能性のある方法を思いつきます。

それは自分が舞踏会に参加しないことでした。

 

 

 

ポジェブラト公爵はそそくさとどこかへ旅立ってしまったようですね。

慌てて逃げていく様子が目に浮かんでくるようです。

やはり恐ろしくてメリッサに会えないと思ったのでしょう。

 

メリッサは皇太子イアン暗殺計画を新たに決意していました。

弟のジェイクも暗殺者ですし、暗殺計画を練るメリッサは姉弟だなぁと思ったりします。

皇太子イアンが自分との結婚発表を推し進めているのを、メリッサは自分を貶めるための陰謀だと考え警戒します。

窮地に追い込まれる中メリッサは、自分が舞踏会に参加しなければいいのだと思いつきました。

果たしてメリッサは、無事に結婚発表を回避できるのでしょうか?

次回に続きます。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー