その悪女に気をつけてください|13話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

前回、メリッサは春の舞踏会に出ないことを思いついて喜んでいました。

果たしてその目論見は成功するのでしょうか?

それでは、本編です。

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」13話ネタバレあらすじ

舞踏会は不可避

春の舞踏会に参加しないという自分の思いつきを、メリッサは名案と言わんばかりに喜んでいました。

しかし相手は皇太子です。

いくら逃げてみたところで、その権力の前にはどうすることもできません。

冷静になってそう考えたメリッサは、一気にテンションが下がりました。

 

バシレイオス帝国では、春と秋に一回ずつ皇室主催の舞踏会を開催しています。
たくさんの貴族たちとごく一部の富裕層庶民、つまり帝国の上流階級の人間が一堂に会する場です。

そのような大規模な皇室主催の行事で、皇太子の婚約者であるメリッサがいないわけにはいきません。

しかも既にイアンの策略によって、2人が春の舞踏会で結婚発表するという話も広まっているはずです。

 

そこで婚約者のメリッサが現れなければ、イアンの面子は丸潰れになるでしょう。

メリッサはそうなった皇太子イアンの様子を想像して、嘲った笑顔でほくそ笑みます。

 

彼女は侍女ヨナを呼びつけて、メリッサ自身の足をへし折るように頼みました。

舞踏会に出られなくするためでしょう。

当然侍女ヨナはハッキリと断ります。

次は窓を全開にして氷水に浸かると、メリッサは宣言しました。

侍女ヨナは「風邪を引いても行かせますよ」と軽く睨みます。

 

どうしても舞踏会に出なければならない現実に、「うぅ…飛び降りたい!」などと言い、メリッサはグズり出しました。

その様子に侍女ヨナは、「いっそのこと殺しては?」と悪びれもなく提案してきます。

 

主人のメリッサに対して、侍女ヨナはいつも歯に衣着せない物言いで、冷笑的で淡々としているのです。

メリッサはそういった対応を好意的に思っています。

 

侍女ヨナに言われた通り、メリッサも出来ることなら皇太子イアンを殺したい気持ちでいっぱいでした。

しかし今のところ方法がないのです。

 

なぜ方法がないのかというと、相手が皇太子という圧倒的権力の持ち主だからでした。

プロの暗殺者にいくら大金を積んで頼んでも、報復を恐れて協力しないでしょう。

皇太子の元には、皇室直属である凄腕の暗殺者ジェイクも控えています。

その道のプロならば、正体はわからなくともその存在を知らないはずがありません。

 

煮詰まったメリッサは、ヤケクソで頭に花を飾ってイアンに駆け寄り、鉄拳を喰らわせて大暴れすることも考えてみました。

そんなことでもしない限りは、皇太子イアンの手のひらで転がされてお終いです。

しかし春の舞踏会という大舞台でできるはずがありません。

 

どうしても春の舞踏会は避けることができないと悟ったメリッサは、腹を立てながらどんどん煮詰まっていくのでした。

行き場のない苛立ちから、想像の中で殺意を込めて枕を殴り倒します。

 

スポンサー

あと2週間で舞踏会

煮詰まり続けて虚ろになったメリッサは、屋敷の中を寝巻き姿でふらふらと彷徨っていました。

一体どうすれば舞踏会でイアンに一泡吹かせられるのか、メリッサはそのことばかり考えています。

せめてもの抵抗で、とりあえずメリッサはこの世で一番ダサいドレスを着ることにしました。

 

そしてここで、意味深なメリッサのモノローグが入ります。

ーーーこの時までは忘れていた。

(中略)

「春の舞踏会で」何があったのかを。

 

そしてメリッサは、侍女ヨナを連れて街の服飾店へドレスを見に行きます。

メリッサはこの世で一番ダサいドレスを探しますが、残念ながらそんなドレスは高級服飾店には存在しません。

 

皇室主催の舞踏会の戦いは、一ヶ月前から始まります。

招待者はみな最高の服飾や宝飾品を求めて、服飾店や職人を探すのです。

他の舞踏会では、そこまでのことはしません。

 

皇室主催の舞踏会は、帝国一の社交場とも言えます。

ですから、ここで結婚相手が決まることも多いのです。

それゆえに各自、尋常ではないほど気合が入っています。

メリッサは、自分も違う意味で気合を入れて準備しなきゃとゲス顔で息巻きました。

 

皇太子イアンは元から自分を嫌っているのだから、自分のダサい格好を見れば引きまくって、結婚話もしたくなくなるだろうメリッサは話します。

侍女ヨナは止めませんが、メリッサの評判が落ちてもいいのかと一応訊きました。

それに対しメリッサは、既に地に落ちてる評判は気にしないと答えます。

本当にどうでもよさそうです。

 

衣装を何度も着替えながらそんなやりとりをしている2人のもとへ、1人の男の影が近づいてきました。

ジェイク来訪

その男は「確かにその評判ーー、どこまで落ちるか見ものだな」と言って、被っていたフードを取ります。

ジェイクでした。

 

いつも通り、キラキラした輝きと咲き誇る青いバラとともに登場です。
侍女ヨナは「新しい蛍光灯?」と言いました。

彼女はジェイクに対しても、メリッサと変わらない対応のようです。

 

メリッサは「おいこの生意気野郎。こんなところにまでついてきたの〜?そんなに私が好き?」とジェイクを早々に煽って、邪悪な大笑いをしました。

あからさまに馬鹿にされたジェイクでしたが、ただ黙って聞いている様子です。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」13話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

メリッサは結婚発表回避の糸口として、舞踏会に参加しないことを思いついて喜んでいました。

しかし皇太子の権力の前に、なす術もないことを冷静になって悟ります。

それでも皇太子に対する抵抗を諦めないメリッサは、この世で一番ダサいドレスを着て、皇太子に結婚発表する気を失くさせようと考えました。

苦肉の策です。

 

そしてメリッサと侍女ヨナが町の高級服飾店で衣装を吟味しているところへ、ジェイクがやってきます。

メリッサはジェイクを思い切り煽りますが、ジェイクは無言で聞いているのでした。

 

 

 

皇太子の権力の前には、逃げるのも暗殺するのも手詰まりのようですね。

舞踏会に参加するしかないメリッサは、皇太子イアンに一泡吹かせることができるのでしょうか?

 

招待者たちの戦いが熾烈で、天下一舞踏会といっても過言ではなさそうです。

舞踏会によって、町の服飾関係のお店や職人はずいぶん潤うでしょう。

大事な経済活動の一環なのかもしれません。

 

そして最も気になるのは、メリッサによる意味深なモノローグです。

小説「愛するアイツら」作中の春の舞踏会で、一体何があったのでしょうか?

今回は、舞踏会回避も皇太子暗殺も、手詰まりなことが明らかになりました。

さらに春の舞踏会でどんな展開が待っているのか気になります。

 

弟ジェイクは、なぜメリッサの元を訪れたのでしょうか。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]次回に続きます。

スポンサー