その悪女に気をつけてください|15話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

前回メリッサは、皇太子イアンを一泡吹かせる方法を思いつきました。

その計画のために、街で浮浪者を拾います。

一体メリッサの思いついた方法とは何なのでしょうか?

それでは、ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」15話本編のネタバレあらすじです。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」15話ネタバレあらすじ

メリッサの審美眼

前回メリッサは、浮浪者の男を拾いました。

場所はポジェブラト邸内に移って、メリッサは拾った浮浪者の男を眺めているようです。

メリッサは悪魔のように笑った後、「やっぱり私の目は確かだわ!」とパアッと顔を輝かせていました。

 

いつも舞踏会では、たくさんの美しい女性たちがイアンに群がっています。

メリッサは、この浮浪者の青年と舞踏会に行った様子を想像しました。

浮浪者の青年はその美しい女性たちに全く引けを取らないどころか、直視できないほどの輝きを放っています。

計画通りにことが運ぶイメージをして、メリッサは「完璧よ」とほくそ笑みました。

 

想像から現実に戻ったメリッサは、浮浪者の青年の方に手をポンと置いて「ちょっと手伝ってもらうわよ」と声をかけます。

声をかけられた浮浪者の青年は、メリッサをどう手伝うのかよく分からないからか、キョトンとしていました。

 

浮浪者の青年はすでに身綺麗になっており、服も綺麗なものを身につけています。

ボサボサで汚らしかった髪の毛は、サラサラ艶々で透明感のある水色になり、黒リボンで束ねられていました。

隠れていた目も長いまつ毛に縁取られ、琥珀色の瞳が美しく煌めいています。

美しい青い花を咲き誇らせて、イアンやジェイク並みの輝きを放っていました。

 

悪女メリッサに憑依して良かったことは、イケメンを拝む機会が増えたことだとメリッサは思っています。

婚約者の皇太子イアンは絶世のイケメンですし、弟もタイプは違えどそれに並ぶほどの容姿をしています。

さらには使用人たちまで容姿端麗な者が多いのです。

まさにイケメンパラダイスな環境に身を浴していたメリッサは、自然とイケメンを見極められる審美眼を養っていたのです。

 

この浮浪者の青年のように、どんなに汚れていても先天的な美しさは隠しきれません。

ましてや審美眼の磨かれているメリッサが見逃すはずがありませんでした。

 

スポンサー

美男子で復讐を

メリッサの思いついた皇太子イアンへの復讐には、美男子がどうしても必要でした。

それも他を圧倒するような特級の美男子です。

だから特級の美しさを隠し持つ、この浮浪者の青年を拾ったのでした。

 

その青年を拾った時に、時間は戻ります。

侍女のヨナはメリッサを正気ですか?となじりました。

ヨナはどうでもいい浮浪者など捨て置いて、一刻も早くドレス選びに専念して欲しかったのです。

 

そんなヨナにメリッサは、給料4倍と引き換えに協力するよう話を持ちかけます。

ヨナが金銭欲の塊そのものな人物であることを熟知している、メリッサの巧みな作戦でした。

案の定、ヨナはコロッと態度を変え、メリッサの作戦に協力することを誓ったのです。

 

浮浪者の青年と侍女ヨナと3人で乗る馬車の帰り、メリッサは何か忘れているような気がします。

ヨナにも聞きましたがどうしても思い出せず、気のせいだろうとそのまま屋敷へ帰りました。

 

一方その頃街では、とある路地裏で弟ジェイクは一人ポツンと体育座りをしていました。

メリッサはどこへ行ったのかとキレています。

どうやら高級服飾店を出たあと、どこかへ行ってしまったのではなく、メリッサの監視を続けるために探していた様子でした。

 

 

メリッサとヨナ、浮浪者の青年の3人は、ポジェブラト邸に到着します。

ちょうど公爵が地方へ出張という理由で出払っていたため、裏門から浮浪者の青年を屋敷内に入れることは難しくありませんでした。

そして冒頭のように、浮浪者の青年を風呂に入れるなどして身綺麗にさせたのです。

 

メリッサ・ポジェブラトという女

メリッサは自らの作戦のおさらいをしてみます。

皇太子イアンは、いつもメリッサに浮気現場を見せつけるという動機が不明の嫌がらせをしていました。

ですからメリッサが他の男といても、とやかく言われる筋合いはありません。

 

そこで決行しようとしているメリッサの作戦は、拾った美青年と腕を組んで春の舞踏会に登場することでした。

メリッサが皇太子イアンにご執心だったことは周知の事実です。

その彼女が情夫らしき男と、しかも圧倒的美青年と腕を組んで舞踏会に現れるのです。

皇太子が舞踏会で婚約発表をするという噂はすでに広まっています。

 

周囲は放っておきません。

様々な噂話が飛び交うでしょう。

そんな状態に突然なれば、皇太子イアンはきっと混乱して、一泡吹かせることもできるとメリッサは考えました。

 

メリッサはイアンの嫉妬心を煽ることには興味ありません。

華やかな社交界にも、権力にも興味はないのです。

この作戦の最終目的は、メリッサ・ポジェブラトは皇太子イアンの顔色を伺うような女ではないことを、周囲の人間に知ってもらうことでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」15話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

拾った浮浪者の男を屋敷で身綺麗にさせると、なんとすごい美青年になりました。

小説「愛するアイツら」のイケメンパラダイスな世界線に身を置くメリッサは、知らず知らずのうちにイケメンを見抜く審美眼が備わっていたのです。

 

メリッサの舞踏会での作戦は、この圧倒的美青年を情夫として舞踏会に出て、参加者をどよめかせて噂を飛び交わせることでした。

そうすれば皇太子イアンを混乱させて一泡吹かせられるし、自分は皇太子の顔色を伺うような女ではないことを、人々にアピールするためです。

 

 

浮浪者の男、驚くほど美青年になってしまいましたね。

メリッサのイケメンへの審美眼はすごいようです。

イアンに媚びず、さらに情夫の存在もアピールして、人々に今までのメリッサとは違うことをメリッサは表明したいのかもしれません。

婚約破棄の道が難しいのなら、せめて一矢報いたいということでしょうか。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

果たしてメリッサの作戦はうまく行くのでしょうか?

そして前回のメリッサのモノローグで語られた、春の舞踏会で起きたことはなんなのでしょう。

次回へ続きます。

スポンサー