その悪女に気をつけてください|16話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」の第15話でメリッサは、皇太子イアンへの仕返し、嫉妬させるために浮浪者の青年と舞踏会へ参加しようと企んでいました。

さてさて、果たしてメリッサのその仕返しは成功するのでしょうか?

皇太子イアンの婚約発表がされるという舞踏会で、何が起こるのか・・・・

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」第16話のネタバレあらすじです。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」16話ネタバレあらすじ

青年と舞踏会へ

メリッサは、意気揚々と浮浪者の青年に語りかけます。

「とにかく、舞踏会に参加してほしい。」

「あなたを助けたことは、貴族として当たり前のこと。舞踏会に参加することは強制ではないわ。」

事情がよくわからない青年は、キョトンとし他表情のままメリッサの話を聞いています。

メリッサは、協力してくれた見返りにはそれなりの報酬を支払うと言います。

 

マナーなんてどうでもいい。

とにかく、綺麗な男の子を横において舞踏会に行きたい。

それがメリッサの目論見だったのです。

 

青年は、何を考えているのかはわかりませんが、ちょっと考えた様子でコクンと頷きます。

 

うんうん。と、何かに納得したかの様に頷くのです。

「これは、OKってことよね・・・。」

はっきりとやると言わない青年に一抹の不安を覚えながらも、メリッサはニコやかな青年の笑顔を褒めます。

「そうその笑顔。そうやって微笑んでいてくれればいいから。」

本当にカッコいいわ。と嬉しそうなメリッサ。

照れた様子の青年を見て、思わずメリッサも笑ってしまいます。

スポンサー

青年の名前

雇用関係でもあるしそろそろ、名前や身分を聞かせて欲しいと言うメリッサに対して、青年は困った表情を見せます。

「もう、話してくれてもいいんじゃない?」

そう言われて動揺した様子でおどおどする青年を見て、メリッサはハッとあることに気づきました。

メリッサの表情が一変し、血の気が引いた様子でショックを受けます。

 

しまった。

話してだなんて。

 

舌がないから喋れないのね。

 

そう気づいたメリッサは、青年に謝ります。

すると、侍女ヨナがペンと紙を持ってきてくれました。

青年は紙に何かを書き始めます。

僕の名前はナインです。

 

ナイン・・・

失礼なことを言ってしまってごめんね。

 

改めてお詫びをするメリッサに、ナインは何か書き始めました。

 

メリッサにメッセージを見せると

 

行き場を失ったこんな僕に、

この様な機会を与えてくださって、感謝でいっぱいです。

ナインは深々とメリッサに頭を下げるのでした。

本当に、なんていい子w

 

そのメッセージを見て、メリッサはちょっと複雑な気分になってしまいます。

自分の個人的な復讐のために、こんないい子を利用してしまうなんて。

 

ついに、その日

舞踏会の当日。

皇太子イアンが迎えに来ます。

初めてのお迎えが、破談を持ちかけた後なんて。

 

そう思いながらも、計画を実行するためにメリッサは表情を引き締めます。

パンパン

手を叩き、ナインを呼びます。

 

服装や髪型も整えたナインが迎えに来ます。

改めてナインを見て、メリッサは思わずちょっと顔を赤らめます。

やっぱりイケメン。

理性を保て私。。。

 

この計画は、マーサが耳にしたら気絶するくらい幼稚で無謀。

一歩間違えれば、不敬罪に当たるかも。。。

 

しかし、メリッサは一歩踏み出します。

ナインには迷惑かけない。

正直、少し怖いけど

ここまで来たら図太く行くしかない。

 

不安そうなナインに、「私だけを信じて」と満面の笑みで答えます。

そのメリッサの笑顔を見て、ナインも照れてしまいます。

 

舞踏会へ行くために迎えに来た、イアンの馬車へと向かうメリッサとナイン。

馬車の前に立ち、イアンが待っていました。

よそ見をしており、こちらにはまだ一切気づいていないものの久々にイアンを見て、改めてイケメンだと思います。

 

ただし、ナインの方が断然イケメン!

 

出てくるもなかなか自分に気づかないイアンに対して、堰を切ったように、わざとらしくメリッサは咳をして気づかせます。

「コホン。」

その咳を聞いて、ようやくイアンはメリッサに気づきます。

 

メリッサに気づいたイアンは、思わず慌てた様子で話しかけました。

「メリッサ、来ていたんだね💦」

そう言うイアンに、毅然とした態度でメリッサは答えます。

「えぇ、私たち来ましたわ。」

そういって、ナインの腕をグッと引き寄せるのでした。

 

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」16話の感想や見どころ

ついに「その悪女に気をつけてください」16話では、イアンに一泡吹かせようと利用した浮浪者の青年の名前がナインであることがわかりましたね。

ただ、イアンは口を効くことができないということも判明しました!

余計なことを喋れないと言うのは、メリッサにとっては好都合かもしれませんねw

ただし、浮浪者であったものの、性格も穏やかでメリッサに対して純粋に感謝しているナイン。

舞踏会へと向かう前に、ついに顔を合わせたイアン皇太子は何を思い、どうするのでしょうか!?

というか、舞踏会が始まる前に顔を合わせちゃうんだと思ってしまいましたw

さてさて、次の「その悪女に気をつけてください」17話ではどうなるのか!?

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

スポンサー