その悪女に気をつけてください|20話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」19話では、舞踏会でナインに逃げられたメリッサ。

婚約の発表にはならなかったものの、舞踏会の日に庭でメリッサ、ユーリ、イアン皇太子と3人が出くわしてしまいました。

イアン皇太子はユーリに一目惚れをしてしまい、小説のあらすじをメリッサは改めて思い出してしまいます。

家に戻ってきたメリッサは、ナインがいなくなったこともあり改めて男は信用できないと落ち込んでいます。。。。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

 

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」20話ネタバレあらすじ

小説の世界

イアン皇太子とユーリが出会ってしまい、メリッサはこの世界が小説の中であって、ストーリーは変えられないのだと痛感。

だからと言って、メリッサは自分があえてストーリーに合わせる必要はないと考えています。

とはいえ、できることといったらメリッサの未来を変えることくらいかしら。

ということは、つまり私がどんなに酷いことをして復讐をしても、イアン皇太子は愛する人(ユーリ)とのハッピーエンドが訪れるということ・・・

そう考えると、やる気無くす。。。。

この際、もう休もう。破談になるにも時間がかかりそうだし。

そこにお目付役でもある乳母のマーサが、メリッサに喝を入れに来ました。

「そんなにダラダラしてるから、ボケっとなるんです!」

「まるで小さい頃のおぼっちゃまですわ」

「それ、すっごい気分悪いわ」

「外でお散歩でもしましょ!バラが綺麗ですよ。」

 

半ば無理やりに、マーサはメリッサを庭に連れ出しました。

 

マーサはバスケットを持ってきており、メリッサはすぐに最初から連れ出す気だったことに気づきます。

「お弁当作ったんです!ピクニックに行こうと思って。」

ド、ドキッ!!

「あ、あの、マーサ。。。私そんなにお腹・・・」

「さぁ、行きましょ!!」

ヨナ!助けて〜!!!

 

お嬢様、逝ってらっしゃいませ

と、ヨナ侍女は笑顔で送り出します。

 

 

マーサは、乳母としては非常に優秀なのですが、料理だけが本当にできないのです。。。。

 

スポンサー

ピクニック

お父様、お母様

神様、仏様、魔法使いよ・・・

どうか、私の胃腸を守りたまえ。。。

 

庭のテーブルでお茶とバスケットが準備されています。

そのバスケットからは怪しい香りが漂ってきています・・・

 

そんな料理は苦手なマーサですが、メリッサにとっては数少ない大切な人なのです。

 

わざわざ庭に、パラソルとテーブル。

私のために準備してくれたんだな。

そう思うと、料理くらい食べてあげないとね。

マーサが嬉しそうにしている姿を見ながら、メリッサは感謝の気持ちが芽生えていました。

 

「どうぞ、召し上がれ」

 

こ、こころの準備が・・・

そう思いながら、お皿を手に取った瞬間背後から何かが飛んできました。

 

それを察したメリッサは、咄嗟にマーサを庇います。

「マーサ 危ない!」

 

ガッシャーン!!

 

メリッサとマーサが座っていたテーブルは、粉々になってしまっています。

 

よっしゃ、食べずに済んだ!!

 

「お嬢様、お怪我は・・・!」

 

招かれざる客が来たわね。

どうにかしなくちゃ・・・

狼人間ジャック・フォトン

そこには、耳を立てた狼人間ジャック・フォトンが立っています。

「やぁ、お嬢ちゃん」

 

ユーリに想いを寄せる男の一人、イケメン狼人間です。

 

「あんたを呼んだ覚えはないわよ。」

 

「まぁいいじゃねえか。男を家に入れるちょろい女だろ?」

 

口が悪ぃやつ。。。

 

「ふざけたこと言わないでよジャック・フォトン。公爵家に忍び込むなんて、どういうことかわかってる?」

 

「俺のことをよくわかってるな。」

 

「だったら、今のは失言だな。」

 

「人間如き、俺を止められると思っているのか?」

 

こいつの一番の特徴は、危なっかしい人間差別主義者ということ。

 

ジャック・フォトンは、狼人間の中では晩年2位だけど

人間とは比べものにならないくらい強いという設定なのです。

 

でも、どうにかしないと。

ここはポジェブラト邸の庭。

 

マーサもいるし、使用人、ヨナもいる。

ジャックが誰かに怪我でもさせたら・・・

 

そう心配していると、ジャックは

 

「イラつかせるなよ。言うこと聞くなら誰も傷つけたりしねぇよ。」

あれ?

意外と大人しい。

 

素直に望みを聞くべきか・・・?

 

「うぉおおおお」

 

突如、ジャックを何者かの魔法が襲いました。

 

無音の白い魔力?!これは・・・

 

パッと見あげると、そこにはジェイク・ポジェブラトが銃を構えてこちらに向かっています。

 

「犬が迷い込んだのか」

 

「殺す気かてめぇ!」

 

ジェイクが銃を放ったのは、使用人を守るためでも

ましてやメリッサを守るため侵入者を罰するためでもなく

 

「クサイ、失せろ」

 

犬アレルギーだからだった、、、

 

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」20話の感想や見どころ

ここで登場してきた狼人間のジャック・フォトンとジェイク・ポジェブラト。

ジャック・フォトンは何をしにメリッサの元へ来たのでしょうか?

言うことを聞けばと言っていたので、何か頼みがあったのかもしれませんね。

ユーリとの仲を取り持って欲しいとか?

あれ、そういえばナインは・・・?

 

\全話あらすじはこちら/
「仕えたお嬢様がお坊ちゃまになった」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー