その悪女に気をつけてください|22話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」21話では、ジャックとジェイクが庭で暴れてメリッサが一喝してその場を収めました。

しかし、またいつ狼人間のジャックがやってくるかもわかりません。

力で言えば狼人間のジャックの方が明らかに強いため、メリッサは公国で最高の剣術の先生を紹介してもらうことにしました。

メリッサは剣術を習い、ジャックと戦うことになるのか・・・

 

それではピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」22話のネタバレあらすじです。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」22話ネタバレあらすじ

血塗れの狼

雨の降る夜。

メリッサは、こんな天候の中散歩したがる愛犬のリエーフと庭にいました。

リエーフの特技は、犬アレルギーのジェイクを近寄らせないこと。

 

こんな雨の中、なぜこんなに散歩したがるのか不思議に思いながらも、メリッサがリエーフが向かう方向に歩いて行くと何かを見つけます。

 

何かある・・・

 

庭の片隅に、血塗れの青い狼が倒れていました。

 

スポンサー

剣術

スパッ!

「素晴らしい・・・お嬢様は天才です。」

「初めてたったの1ヶ月でこんなにも上達されるとは。」

剣術の先生は驚きながらも、素直にメリッサの剣術の腕に賞賛を送ります。

 

私も正直、驚いたわ。

魔力はほぼないに等しい。

見た目とセンス、頭脳にダンスまで人並み以下のメリッサなのに・・・・

 

剣術の才能があったなんて。

 

そんなメリッサを周りはあまり良く言ってはいませんでした。

 

結婚を控えた貴族の令嬢が、剣を振り回しているなんて・・・

ただでさえ背が高いのに、筋肉がついたらどうなるのか?

男にはモテないだろうな・・・

 

しかし、メリッサは周りの声よりも剣術にのめり込んでいました。

今回の一件がなければ、この剣術の才能に気付くこともなかったわね。

 

自分の才能に目覚め、天才になった気分って最高ね。

「アレ」を習得できればいいとは思っていたけど、上手いに越したことはないわよね。

 

そんな上機嫌で剣術に励む中、使用人がやってきます。

「お嬢様、練習中に失礼いたします。」

「フォトン家からお手紙が・・・」

 

フォトン家とは、狼人間の家系で共通の名字であります。

巻物のように手紙は筒状になっており、その手紙を括っている赤いしっぽの毛はフォトン一族の中でも赤毛のものが出したという公式書簡の証でありました。

 

あの時、丁寧にと言ったからか本当に正式な書簡として送ってきたのね。

あの事件から1ヶ月。

公式な手紙が届くには、これだけの時間がかかるのにあのジャックの性格で1ヶ月も待てたなんて、驚きだわ。

 

っていうか、小説の中と時期がずれている・・・。

小説では、ジャックがポジェブラト邸に来たのは、夏の終わり頃だったはず。

今はまだ春だし、ユーリとも出会う前なのに。

 

そう思いながら手紙を読んでみると、

「ナインはどこだ」

そう書いてあります。

 

ナインの正体

メリッサが部屋に戻ると、ヨナが怪我をした青い狼の手当てを済ませて面倒を見ています。

「ヨナ、まだ起きない?」

 

「はい。もう少し時間がかかりそうです。」

 

狼はまだ目を覚ましません。

状況からすると、この狼がナインな気がする・・・

しかし、目を覚さないので確認のしようがありません。

 

心配しながらメリッサがオオカミの頭を撫でると、気持ちよさそうに寝ています。

まぁ、まだ時間があるから、お客様のおもてなしに専念しますか。

 

「ヨナ、夜のトレーニングの準備をしておいて」

「思っていたより続いていますね。」

こ、この子は・・・

 

「あと、今後のおやつは鳥の胸肉を使ってちょうだい。体を鍛えないと・・・」

「もっと逞しくなるおつもりで・・・」

 

「あんたねぇ!」

 

1ヶ月後・・・

メリッサは公爵の部屋に話をしに来ていました。

 

「前回、お伝えしましたよね?」

「婚約破談の邪魔をすれば、黙ってはいないと・・・」

 

「それにもかかわらず、デマを流す手伝いをされていたようで・・・」

「いくら皇太子の頼みとは言え、自分の娘のデマを普通流しますかね。」

 

公爵も思い当たる節があるようで、渋々口を開きました。

 

「それで、何が望みだ」

 

よし、

 

「夏のバカンスですが、最小限の使用人のみ残してあとは全員夏休みとしてください。」

「なんだと・・・?」

 

「それからもう一つ・・・・」

 

結論から言うと、公爵は望みを受け入れてくれた。

それは、カワイイ娘のお願いだからではなく、メリッサの提案に納得したからでした。

使用人たちは涙を流して喜んでいましたw

 

その後、メリッサは、庭にあの日と同じセッティングをしていました。

 

よし、あの時と全く一緒ね。

これを見て、奴の目くそほどの良心が少しでも咎めたらいいのだけれど・・・。

 

普段、劣悪な環境で働いてきてくれた使用人たちにリフレッシュして欲しかったのものあるが、何よりもうすぐ現れる「ヤツ」の周りにはできるだけ人が少ない方がいい。

 

あんなこと、もう2度とごめんなのよ。

 

そうです、この日はジャックが訪れる日なのです。

最も身近なヨナ侍女も苦労して休みを取らせました。

 

あの口の悪いヨナが、ジャックに余計なことを言ってしまったら台無しだし・・・

こんなことで彼女を失うわけにもいかない。

 

この日残した使用人は、元気で優しいヘイニー。

あの日以降、ヘイニーはメリッサに忠誠を誓っており、この日も剣術の腕前を身近に見られるとワクワクしている変わり者でした。

 

「約束の時間まで後、10分。警備のものに赤毛のものがきたらすぐ伝えるように言っておいて」

 

「もし、時間になっても来なかったり、前みたいに・・・」

 

そう話しているなか、 遥か上空から何かがやってきます。

 

「こんなふうに現れたら、頭かち割るって言っておいて。」

 

そう言いながら、メリッサ目掛けて飛んできたジャックを見事な一太刀で跳ね返しました。

 

「その悪女に気をつけてください」22話のネタバレあらすじはここまでです!

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」22話の感想や見どころ

なんと、剣術の才覚があったメリッサは1ヶ月以上先生の教えと自主トレーニングをストイックに続けていましたね。

そして、メリッサが話していた習得したかった「あれ」とは一体なんのことなのでしょうか?

また、ジャックが正式書簡で送ってきた手紙の内容は、一体どう言ったものだったのでしょうか?

 

ナインはどこだ?と書いていたので、ナインの身柄を引き渡すように要求しにきた?

それを断り、力づくでナインを取り合うと言う流れになるのかもしれませんね。

メリッサの剣術はどれほどの実力に・・・

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー