その悪女に気をつけてください|29話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」第28話のあらすじおさらいからです。

狼男ジャックの攻撃から、メリッサは体内のわずかな魔力と反発をして拒絶反応が出てしまいました。

その治療のために、メリッサはユーリの元へと訪れました。

メリッサの治療がはじまり、回復したと思ったところでユーリを訪ねてピーコック・メロディが訪れます。

ユーリのことなど考えずに、自分の気持ちだけを全面に押し出すメロディをメリッサは追い返してしまいます。

ひとまず一安心と思ったところでナインは部屋で血相を変えて、泣き出してしまいます。。。

 

ここから、ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」第29話のネタバレあらすじです!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」29話ネタバレあらすじ

ナインの異変

ナインは何を見て泣き出したのかと思いきや、ユーリを守ったメリッサに嫉妬をしてのことでした。

ナインの目には、啖呵を切ってユーリを守ったメリッサにとってユーリが大事な人だと勘違いをしてしまったようです。

しかし、メリッサにとっては何が起きたのか、全く理解ができません。。。

なんせ、ナインは口が聞けませんし、もちろん気持ちを伝えたりもしませんからね。

 

それ以降、ナインはメリッサに対して距離を置くようになってしまいます。

メリッサは、ナインの変化に気づいていますが、なぜそのようなよそよそしくなってしまったのか分からず戸惑ってしまいます。

 

時折、おぼろげな目でメリッサを見つめたり・・・

苦笑いをして視線を逸らしたり・・・

メリッサが話しかけると、胸を押さえてため息をついたり・・・

そして、時折なぜかユーリとメリッサを交互に見ながら、物憂げに浸っていたり・・・

 

もしかして、思春期・・・?

スポンサー

悩みの種

ナインのことも気になるものの、メリッサには解決しなくてはならない問題がまだ残っていました。

「ポジェブラトさん!降りてきてくださいませんか〜?」

そう、ピーコック・メロディは諦めることなく再訪して来たのでした。

 

2階ののベランダ手すりに腰掛けて、剣の手入れをしながら片手間にメリッサは相手をしています。

「なんで私が?」

 

「あははっ、もちろん話があるからですよ!」

 

「なら、今ここですれば?」

 

今、このピーコック一家とユーリがいるエリザベス家は、微妙な関係になっているのでした。

というのも、メリッサがリプトンに来た時にも心配していたのですが、エリザベス家は非常に排他的で貴族ですらあまり他の家のものを寄せ付けません。

最強の魔術師の家系であり、大切なユーリにズカズカと近づいてくるピーコック・メロディが面白くないのです。

 

そして、ピーコック・メロディはそんな状況も察してか、エリザベス家の屋敷近くに陣を張り様子を伺っているのです。

エリザベス公爵家の人間からすれば、目と鼻の先に勝手に陣を張り癪に触っていましたが、追い払うまではできていませんでした。

 

それはなぜか?

 

それは、ピーコック・メロディが帝国最大の貿易商だからです。

下手に刺激してしまえば、食料や生活必需品の入手ルートを絶たれてしまうことも考えられたからです。

いくら最強の魔術師一家とはいえ、食べ物を魔法で作ることはできません。

怒らせてしまい長期戦となれば、ピーコック・メロディの方が有利なのは明白でした。

 

しかし、そこに現れたのが第三者であるメリッサ・ポジェブラトでした。

 

笑顔のまま歯を食いしばりながら、

「お願いです。誠に恐縮ですが、この卑しい平民と話をしていただけませんか?貴族のお嬢様。」

嫌味なほどに丁寧な言葉ですw

 

メリッサは蔑んだ目で見下しながら、

「まぁ、そこまで言うなら降りてってあげる」

 

ピーコック・メロディはイラッとしながらも、そこまでしてメリッサに話があるようです。

 

「ヨナ、ナイン、降りるわよ」

メリッサは、最初からピーコック・メロディが反撃してきたら相手になるつもりだったのです。

ただ、メリッサが考えていたよりも時間が経った、3日後だったのは予想外でイラついていたようですが・・・

 

ナインとヨナを連れて、階段を降りているとユーリがやってきました。

 

「メリッサ様。大丈夫ですか・・・?」

「直接会うのは危険かと・・・。私も一緒に・・・」

 

「いいえ、ユーリさんの目と耳を大事にしないとねw」

って、あんたが出て行ったら即誘拐よw

 

「私の強さもご存知でしょう? あんなクジャクなんかに負けませんわよ。」

「ササッと片付けますから、後で頼み事を聞いてください。」

 

「もちろん、どんなことでも喜んで!くれぐれも・・・」

 

決闘

小説を読んでいたときには気づかなかったけど、ユーリって結構大袈裟よねw

前庭で話すだけなのに・・・

 

「おーい、ザコクジャク」

「ピーコック・メロディです。お見知り置きを♪」

 

相変わらず、上っ面だけは一丁前ねw

 

しかもこいつ改めて見ると、頭のてっぺんから爪先までブランドもので全身飾って来やがって・・・!

高級シルクハット

大きなファーと緑の鳥の羽

ハンドメイドの礼服

海外製の高級シルクのマント

限定品の革靴

 

ちょっとやりすぎ。。。

どんだけ金持ちをアピールしたいんだ汗

 

「で、要件は?」

 

ユーリとピーコック・メロディを直接合わせずに、メリッサが出てくるのには訳がありました。

 

それは、ピーコック・メロディの執着心でした。

 

ピーコック・メロディの暴力、監禁、関心などは全て

ピーコック・メロディが愛する人にのみに向けられるのです。

 

つまり、逆を言えば自分が愛情がない相手に対しては、異常なことはしないという変わった趣向なのです。

 

「ポジェブラトさん!決闘の申し込みを・・・」

そう言いながら、果たし状を投げつけてきます。

 

「最後が聞こえなかったわよ。最後まで言いなさいよw」

 

ピーコック・メロディがどんなマネをしてこようが、私が踏み潰してやる。

 

「決闘の申し込みをしたいんです・・・。」

 

この申し込みの演出のために、わざわざ降りてこいって言ったの?

確かに、2階にいたら果たし状が届かないしねw

 

「私とあんたが?」

「あんたって肉体派だったっけ???」

 

慌てたように、ピーコック・メロディは提案を投げかけます。

「いや、その決闘ではなく、別の種目で!」

 

「なんの種目でやるっていうのよ?」

 

ピーコック・メロディは、種目をいう前に違いが何を賭けるか決めようと言い出します。

 

「決闘といえば、首しかないでしょ!」

「あなたの首なんて、いりません・・・」

「いや、私はあんたの首欲しいわ!」

 

「首以外に何があるのよ〜」

「まさか、ユーリなんて言わないわよね。。。」

 

「もしそう言おうとしてたなら、あんたほんとにクズよ。ユーリはものじゃないわ」

「ユーリ本人が居ないときに、勝者がユーリを・・・なんてほざいたらあんたの首とるから」

 

厳しい言葉にピーコック・メロディは動揺しつつも、軌道修正してきます。

 

「も、もちろん違いますよ!私が勝ったら、あなたにはここから去ってもらいます!」

私が居なければ、ユーリをものにできるって思っているのね。

 

「いいわよ。じゃあ私が勝ったらリプトンから出て行ってね。」

 

しぶしぶ了承し、種目を提案してきました。

 

メリッサがこの勝負を受け入れたのは、ピーコック・メロディのプライドの高さを知っていたからです。

さすがのピーコック・メロディも、自分に圧倒的に有利な種目は提案してこないはず。

良心以前にプライドの問題だから・・・

 

「種目はクイズ!」

この世で最も希少で高価なものをそれぞれ考えて持ってくるのです!」

「相手が、何を買ってきたかを先に当てた方が勝ちです。」

 

「想像以上にズルくて・・・・」

「小説の読みすぎ野郎だったんだな!?」

 

っと、ここまでが「その悪女に気をつけてください」29話のネタバレあらすじでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」29話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」29話では、メリッサにクイズを投げかけてきたピーコック・メロディ。

なんと、勝負の種目はこの世で最も高価なものを買って来て、相手が買って来たものを当てるというものでした!

ピーコック・メロディはもう買ってくるものを決めていたりしそうじゃないですか!?

もしくは、メリッサが買ってくるであろうものの目星がついているか、買ったものがわかるような準備がしてあるとか・・・

 

提案して来た側に有利な内容だとも思えますが、メリッサはどのようにして対抗するのでしょうか?

「その悪女に気をつけてください」30話では、メリッサがどうするのかに注目ですね。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー