その悪女に気をつけてください|35話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは、ピッコマのwebマンガ「その悪女に気をつけてください」第35話のネタバレあらすじをまとめています。

「その悪女に気をつけてください」第34話では、ナインとユーリがお酒の失態に反省をする中でメリッサは帰路に着くところです。

そして、ふとしたことでジェイクが隠れているのを発見してしまいます。

なぜジェイクがここにいるのか!?

理由は一つしかありませんが・・・・w

 

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

 

それではここから「その悪女に気をつけてください」第35話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」35話ネタバレあらすじ

ジェイクとさらに・・・

「なんであんたがここにいるのよ・・・?」

「ユーリさんのこと、つけてきたんでしょ?」

考えるだけでゾッとするけど、これしか理由がない。

 

「つけてなんか」

「ただ、会いたくて・・・」

 

何を言っているのか・・・

会いたいだけで勝手につけてきて、隠れて待っているなんて

ただのストーカー!

花を咲かせておけば、犯罪がロマンスにでもなると思ってんのか。。。

 

「ほんっと情けないよ・・・あんたって人は」

 

「ランランラ〜ン♪」

 

そこに花を持って歩いてきたのは、メリッサの婚約者であるイアン皇太子でした。

 

「ぬぅあ!メ、メリッサ!!!」

「なぜここに!?もう帰ったんじゃなかったのか」

 

メロディとの一件を片付けたのも束の間・・・

男どもは次々とユーリへと近寄ってくるのでした。

 

ほんとにもう、こんなポンコツどもがまだ残っているなんて。

おかしくなるわ!!

スポンサー

エリザベス邸の招待

その日、エリザベス邸の庭にはユーリとメリッサ、さらに4人のポンコツたち。

 

①イアン:皇太子という立場のうえ、優しくダンディなイケメン剣士。

②ジェイク:寡黙でクールなギャップが萌えるイケメンスナイパー。

③ジャック:野生的かつ自由奔放な異種族のイケメン狼人間。

④ピーコック・メロディ:束縛の激しい、帝国最大規模を誇る貿易商「クジャク」のトップであり、イケメン大富豪。

 

ユーリとメリッサは2人で楽しそうにしているものの、男4人は話す隙もなくどよ〜んとした空気です。

メリッサはピーコック・メロディの一件の後から、本格的に男主人公達の退治に励むことにしたのです。

 

このままでは、ユーリがロクでもない男達に振り回されるのが目に見えているからです。

たとえ、メリッサが見て見ぬふりをしていても、男主人公達はメリッサのことを良く思うことはなく、好き勝手に言われるのもわかっていたからです。

 

私はメリッサを越えるような聖女になる気も・・・

男主人公達に振り回される原作の悪女のままでいる気もない。

 

そんなメリッサに残された選択肢はただ一つ。

ユーリに付き纏う男どもも蹴散らし、悪女に恥じない私(メリッサ)らしい人生を歩むこと。

 

そう決めてからは、ユーリが他の男どもと会う時には率先して邪魔をしに来ていたのでした。

 

ユーリとメリッサは楽しそうに2人で話をしています。

「お口にあいます?」

「美味しいです!紅茶ですよね?」

「これ、違うんです。うふふ」

「知ったかぶりしちゃった💦」

「知らないのも当然です!」

 

コソコソ・・・・・

「これ、薬を作っていた時に見つけた新しい薬草なんです」

「薬って、あの頼んでいた?」

「もう完成したんですか?」

「実はもう完成したんです。必要であればすぐにでも」

さすが最強のヒロイン!

この短時間で完成させるなんて。

 

2人で楽しそうにひそひそ話をしている間も、男性陣は嫉妬の視線をメリッサに向けています。

 

「コホン!」

「ユーリ、皇族を招待しておいて2人だけで盛り上がるなんて随分じゃないか」

 

「ごめんなさいイアン殿下。大変失礼いたしました。」

そのイアンの言葉に、思わずムッとしたメリッサが口を開きます。

 

「殿下、女性ふたりが、男性のいる前でひそひそ話をする理由をご存知ないようですね。」

「ん?どういうことだ?」

「また私を侮辱するようなこ・・・」

「いえ、事実をお伝えしたくてw」

 

 

「目の前にいる」

 

「人間達が」

 

「言葉を交わしたくないほど」

 

「魅力がないからですわよ」

「オホホホ」

 

その言葉に男性陣も返す言葉がありません。

 

静まりかえってしまった男性陣を前に、メリッサは続けます。

「うわぁしつこ・・・」

「あらやだ、このティーカップの茶クズのことですから、お気になさらず

 

「あらやだ、私のせいで雰囲気台無しね。」

「じゃあ私が責任取らないと」

 

「あんたらを無事に家まで送り届けて差し上げます!」

 

隣でユーリは口を大きく開いて笑っています。

ユーリの心理

楽しい。

メリッサ様のおかげで毎日。

男性達はメリッサの剣幕に勝てるはずもなく、渋々帰宅の途へ着きます。

 

メリッサは失言をユーリに詫びつつ、頼んでおいた薬を受け取ります。

そして、ユーリは嬉しそうに笑顔でメリッサを見送ります。

 

ユーリの心の底には、

だから、希望を持ってしまう。

 

もしかしたら今度こそ、

 

この呪いから解き放たれるのではないかと・・・

 

 

ここで「その悪女に気をつけてください」第35話のネタバレあらすじは終わりです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」35話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」第35話では、衝撃の事実が明らかになりました。

ユーリの呪い!?

これはメリッサも知らないのでしょうか?

ユーリが何かに呪われているのであれば、メリッサは助けることができるのでしょうか?

めちゃくちゃ気になる終わりかたですね。。。。

「その悪女に気をつけてください」第36話も楽しみですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー