その悪女に気をつけてください|41話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは、ピッコマのwebマンガ「その悪女に気をつけてください」第41話のネタバレあらすじをまとめています。

「その悪女に気をつけてください」第40話では、お祭りに来たメリッサとナイン。

そして、その本当の目的はユーリに近づこうとするイアンの邪魔をするためでしたね。

 

ユーリとイアンを2人きりにすることなく、メリッサはイアンとゲームで勝負をしてことごとく打ち負かすのでした。

多くのゲームで新記録を達成したメリッサには、お祭りでもらえる景品を獲得するという裏の目的もありました。

しかし、原作の小説とは違う景品が出てきてしまいました。

 

その景品がティアラであったため、イアンに被せたところ侮辱されたと感じたイアンは涙を流してしまいます。

なぜそんなに嫌うのだ・・・

そういうイアンに、メリッサは心の内を明かすのでした。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

 

それではここから「その悪女に気をつけてください」第41話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」41話ネタバレあらすじ

ポジェブラト家の後ろ盾

「皇帝云々の前に、私たちは皆同じ人間です。もちろん女性も。」

「人のことをもののようにしか思っていないのに皇太子ってだけで、誰も非難しないと思ってます?」

 

「人を丁寧に扱って頂きたい。」

 

「悪女だから、傷つかないとか聖女だからなんでも受け入れてくれる。

そんな偏見は捨てて国務を全うしてください。」

 

そう言われたイアンは、思い当たることばかりで何も言い返すことができません。

 

実は、イアンは現皇后の息子ではありません。

侍女の息子であり、長男ではあるのですが嫡子(正妻の子供)ではないのです。

 

皇帝に寵愛を受けて皇太子の座についているものの、現皇后の息子である第二皇子や第三皇子もいます。

彼らは彼らで、皇帝の座を虎視眈々と狙っているのです。

 

「それでもなお、国民の気持ちを汲み取ろうとせず

仕事そっちのけで、招待されていないお茶会に参加されるようであれば・・・」

 

「殿下が皇帝に相応しいとは思えません。」

 

「ま、待ちたまえ・・・」

「いま、なんと・・・?」

 

「先ほど、申し上げたとおりです」

 

つまり、イアンは力を持っているポジェブラト家の後ろ盾がなければ、皇帝の座も危ういのだ。

 

小説の作中でも、イアンはそのことを自覚しており、呆れることにも

ユーリの能力が完全に証明されたのちに破談の申し出をしてきたのでした。

 

作中のイアンは自己中な上に、臆病者なのであった・・・

 

スポンサー

ハッタリ

「帝国の未来を考えれば、ポジェブラト家は皇太子よりも優れた皇子を支持するかもしれませんよ」

 

イアンは驚いた表情を見せ、慌てて切り出します。

「な、何を言っている」

「そ、そなたは政治をわかっていないようだな。」

 

「そなたの私情でどうこうできるほど、そう容易いものではない。」

 

「そういった決定権は、そなたではなく公爵にあるのだからな。」

 

冷や汗をかきながらも、イアンは必死に自分に言い聞かせるように言いました。

 

さすがにそこまでバカじゃないか・・・

 

「そうですか」

「確かに、公爵とジェイクは皇太子の味方ですものね。」

 

そういうと、イアンは安心したようにニヤッと笑います。

 

「ですが殿下」

「ちょっと考えてみてください」

 

「我が家系は、どなたが皇帝になられようが影響はない強い力を持つ家系ですよ。」

「そもそも、公爵が皇太子に良くしていたのも、私が殿下に惚れ込んでいたからというだけのこと」

 

「ポジェブラト家の公爵様(父)は、私が頼めばこんな庶民のお祭りにだって参加を許してくれるような方ですよ。」

 

「リプトンでの長期休養や、使用人全員の休養まで許してくださるような方です。」

「今回の一件も、私が話したらどうなるでしょうか・・・?」

 

その一言を聞いたイアンは、動揺が隠しきれません。

 

そう、これはハッタリです。

あの公爵が私の言うことに聞く耳なんて持つわけないじゃない。

 

しかし、イアンがそんなことを知る由もない。

公爵があまり話さないから、なんとなく察しているだけで親子の仲など知るはずはないのだ。

 

さぁ、イアンよく考えてみなさい

私の話が本当なら・・・

 

「なら、私にどうしろというのだ・・・」

イアンは顔を手で覆ったまま、うなだれます。

 

「さぁ、それは自分でお考えください。」

 

泣いてすがるかと思ったけど・・・

 

「私とのゲームにも勝てない殿下が、今後起こるであろう帝国の様々な戦いで勝てるでしょうか・・・?」

 

「自信がないのなら

そう言いながら、メリッサはイアンの顔を指で撫でながら目をジッと見つめます。

 

「どうかその綺麗な顔のまま、静かに暮らされていては?」

 

 

「侮辱ではなく、本当にティアラは似合っていますよ」

 

 

「では」

 

そう言われたイアンは何も言えずに、立ち去るメリッサを見守ることしかできませんでした。

なぜここに・・・

「メリッサ様、待ってください」

 

スタスタと先を歩くメリッサに、両手に商品のぬいぐるみを持ったナインとユーリがついて歩きます。

 

「あ、あのメリッサ様?」

 

「もうすぐ、花火大会がはじまります」

「一緒に、見に行かれませんか?」

 

「私もご一緒したいです!!」

 

険悪なムードを振り払うかのように、ナインとユーリの率直な申し出にホッとするメリッサでした。

 

うん。いきましょ」

 

ヒュ〜 ドンッ

ドン ドン

 

夜空には華麗な花火が打ち上げられています。

ナインとメリッサの2人は、綺麗に打ち上がる花火をジッと眺めています。

 

ヒロインって本当に大変ね。

どうしてこのタイミングで、家族が登場するのよ。

 

 

花火が始まる少し前・・・

 

「ユーリ、ここだったのか!」

「お兄様!どうしてここに・・・」

 

そこにはユーリの兄2人がいました。

「僕たちも、お祭りに参加したくなってねw」

 

「ところで、あの変な皇太子はどこだい!?」←これが目的w

 

そういうと、一緒にいたナインに兄の1人が言いがかりをつけてきました。

 

「ちょっと、お前は誰だ!まさか、ユーリを口説いていたんじゃないだろうな!」

「そうなら魔法でお前を・・・・」

 

突然の失礼な物言いに、ムッとしたイアンは突っぱねます。

「誤解です!」

 

結局、ユーリは家族で花火を見ることになったのでした。

小説でもユーリは家族愛に満ち溢れているとされていたから、喜んでいるはず。

 

ユーリは、必死に涙を堪えながら手を振っています。

「ユーリ?泣いてる???」

 

喜ん・・・で・・・・るはず・・

 

メリッサ様と、ナイン様を2人っきりにしたくない。。。。。

しっかりチェックしてますからね。

 

なぜか

いつからか、ナインとユーリはメリッサの取り合いになっていますw

ナインは勝利の笑みを浮かべていますw

 

 

「花火、綺麗ね」

「はい・・・綺麗です。」

ナインはメリッサの顔を見ながら、照れたように言います。

 

イアンも片付けたし、あとは花火を心置きなく楽しめる。

とってもいい気分だわ。

 

ホッと一息つきながら、花火を見上げるメリッサの横顔をナインは愛おしそうに見つめています。

 

「メリッサ様」

 

「その・・・・」

 

ドォーン

「・・・・・」

 

ドン ドンッ

「・・・・・・」

 

花火の音にナインの声がかき消されてしまいますが、メリッサは驚いた表情で目を見開いています。

 

・・・・です。

メリッサ様には

それだけは知っていて欲しくて」

 

意を決した表情で、ナインはメリッサに何かを伝えていました。

 

どうして・・・・

 

本来なら、ここでイアンの告白シーンが出てくるはずなのに

 

 

みんながハッピーなお祭りのラスト。

花火が豪華に打ち上がっている中で、メリッサはナインの肩越しにある人影を見つけてしまいます。

 

フードを被った1人の男。

その手にはカメラが・・・・

 

「なんでジェイクがここにいるのよ・・・」

イアンを退治して、ひとときの平和を噛み締めていたメリッサ。

 

嫌悪感丸出しの表情で、カメラを持ったジェイクを見つけてしまうのでした。

おそらく、ユーリを隠し撮りしているのでしょう。

 

メリッサはストーカージェイク(弟)のせいで、豪快な花火よりも爆発しそうなのでした・・・

 

 

ここで「その悪女に気をつけてください」第41話のネタバレあらすじは終わりです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」41話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」第41話では、イアンにハッタリをカマしながらもメリッサは痛いところをつきましたね。

イアンもあまりの直球に、言い返すこともできずにしょんぼりしていました。

個人的には、このメリッサの発言がきっかけになって、イアンがメリッサに目覚めないかなぁとか期待しちゃっていますw

もう、メリッサに惚れてメリッサの尻に敷かれるのが一番ハッピーな気もしますが、みなさんいかがですか?

 

そして、今回「その悪女に気をつけてください」第41話で気になったのが、ナインが何をメリッサに伝えていたのか・・・?

愛の告白?

ナインの顔を赤らめていた様子を見ると、気持ちを話したのかな?と思うのですが・・・・

どうなのでしょうか。

そして、ユーリに一目惚れしているダメ弟のジェイクを発見したメリッサ。

ジェイクにどう接するのでしょうか・・・???

「その悪女に気をつけてください」第42話も楽しみですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー