その悪女に気をつけてください|46話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは、ピッコマのwebマンガ「その悪女に気をつけてください」第46話のネタバレあらすじをまとめています。

「その悪女に気をつけてください」第45話では、ジェイクを子ウサギに変えてユーリがどういう気持ちになっているのかを身をもって知らせましたね。

守ってくれとも頼まれていないのに、勝手に守っているつもりになって付け回しているのはストーカーと一緒だということ。

ユーリから気持ち悪い。近づかないでくれとストレートに言われて傷ついてしまいましたが、まぁこれも仕方ないですよねw

これでまた一つ問題が解決したと思ったところで、狩り大会には突如、狼男のジャックフォトンが登場してきました。

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

 

それではここから「その悪女に気をつけてください」第46話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」46話ネタバレあらすじ

ジャックの狙い

「ジャック・フォトン・・・」

 

よくよく考えれば、狼人間でもフォトン家は貴族家と同等の権利が与えられている。

でも、小説では参加してなかったじゃない!!

 

「久々だなぁ」

「今まで俺のことを相手にせず、どこに行ってたんだ?」

「あのクソみたいな茶会はもう開かないのか?」

 

突然現れた狼男に、貴族の参加者はダンマリと様子見してしまっています。

狼人間を敵に回すと、厄介なことになりかねません。

 

長い年月、彼らは自分たちの生活を崩さずに暮らしてきた、人間とは別の生き物です。

 

「そっちこそ、久しぶりね。まだくたばってなかったのね。」

「くたばりかけたぜ、実際。ヒマすぎてな!」

 

「魔法使いの家は魔法でガードして近寄れねえし」

「アンタん家も、警備がやたらと厳重になってる」

 

「そうしたら狩りの大会があるって知ってな」

って、ことはこいつはずっと私たちを見張っていたのね。

 

「おとなしくしていれば、痛い目見なくてもいいのに」

 

「なっ、なに?」

 

メリッサの挑発にカッとなったジャックは、いきなりメリッサへと飛びかかってきました。

「また簡単にやられるとでも!!?」

 

メリッサはジャックの攻撃をなんとかかわし、手に持っていた武器を振り抜きました。

 

ガシャッ

 

えっ、砕けた!?

 

しかし、その攻撃をまともに食らったジャックは、吹き飛ばされて地面に叩きつけられます。

ジャックの頭に武器がクリーンヒットし、完全に気を失ってしまいました。

スポンサー

モニカ

 

しまった、剣が犠牲に・・・

あれ?剣は抜いてない!?

 

さっき手に持ってた、砕けたのは・・・?

 

「お、おれの・・・」

 

あっ・・・ヤバい

 

「俺の銃が・・・」

 

「俺の大切なモニカが・・・」

 

って、銃に名前までつけてんのかい💦

 

ジェイクの武器だったから、狼人間を一発で倒せたのか。

そう納得しつつ、弟の大切にしている銃を粉々にしてしまいました。

さすがのメリッサも、傷ついているジェイクに謝ることしかできません。

 

「本当にごめんね」

「新しい銃を買ってあげるから・・・」

 

「なに!?モニカの代わりになる銃なんか、いないんだ」

 

咄嗟に、メリッサはユーリに修復できないかと相談するも、ユーリは難しいと答えます。

というのも、この銃はただの銃ではなかったのです。

 

神の加護を受けている特別な銃であり、形は修復できてもその性能までは魔法では戻せないというのです。

 

メリッサの目の前には、

女貴族にぶっ飛ばされて気を失った狼人間

その隣でガチで泣いている弟

人間に戻るタイミングを逸したナイン

 

そして、狼人間を倒したメリッサに驚き、好奇の目で見てくる貴族の人たち・・・・

 

お願いだから、この悪夢は夢だと言ってくれ。

すると、そこへイアンが近づいてきました。

イアンの変化

「レディ・ポジェブラト。疲れただろう」

今日はどんな的外れなことを言い出すのかと思いきや、メリッサを気遣う発言に驚きます。

 

「今回の狩り大会はこれにて終了だ!皆も疲れただろう。」

 

本来であれば、狩り大会ではこの後に授賞式や披露宴が開催される。

大会の主催である帝国の皇太子であるイアンが、それを中止するという宣言をしたのでした。

 

まさかあのイアンが、私に気を遣って・・・?

 

「そして、今日のことは口外しないでほしい。」

 

「公爵家の令嬢を攻撃しようとしたフォトン家の方には、私から連絡をしておこう」

「ジャック卿は皇宮へ連れて行く」

 

イアンのテキパキとした発言と行動に、メリッサは驚きが隠せません。

「あ、ありがとうございます。」

「しかし、ジャック卿は私が連れて帰ります。」

 

イアンの顔を潰すわけにもいかず、メリッサはイアンにジャックを運ぶ手伝いをしてもらうように頼むのでした。

 

「できることは手配しよう」

「殿下、ありがとうございます。」

 

そうして、皇太子から馬車を借りて、ジェイクとジャックを連れて家へと戻ろうとします。

 

「ヨナの知り合いに、武器商人なんていないわよね」

 

「おります。」

 

「やっぱりねぇ、困ったわね。。。」

「って、え、いるの!?」

 

適当に聞いたものの、本当にいるとは・・・

 

「メリッサ様、私もついていって宜しいでしょうか?

あの狼人間が目を覚まさないと、フォトン家が襲ってくるかもしれませんし・・・」

 

主治医として、ユーリがついてくると申し出てくれました。

メリッサは喜んでお願いすることにします。

 

神の加護を受けた銃を手に入れること

ジャックの後片付けをどうするか?

 

こんな問題を抱えていたものの、

こんな問題などこの後に起こることに比べたら可愛いものだった・・・

 

 

ここで「その悪女に気をつけてください」第46話のネタバレあらすじは終わりです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」46話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」第46話では、メリッサはジャックをあっさり倒してしまいましたねw

その時にジェイクの大切な銃を壊してしまいました。それが神の加護を受けた、貴重な銃であったことからジェイクは再び傷ついてしまいます。

ユーリに振られて、大切な銃まで壊されてしまい、ジェイクは踏んだり蹴ったりでしたね。

それにしても、イアンのあの変わりようはどうしたのでしょうか?

以前、メリッサに政治のことを言われて、自覚が出てきたのかもしれませんね。浮気性なところを治して、真面目に政治をしてくれれば、メリッサにとってイアンは最高の相手だと思うのですがw

 

まだまだトラブルが続きそうですね。

 

「その悪女に気をつけてください」第47話以降も楽しみですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー