その悪女に気をつけてください|58話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

このページでは、ピッコマのwebマンガ「その悪女に気をつけてください」第58話のネタバレあらすじをまとめています。

「その悪女に気をつけてください」第57話では、メリッサとジェイクが新しい銃を探していたところに、偶然イアンが現れました。

 

今までの浮気相手に謝罪をして回っていたイアンは、今までの不道理な言動をしていた時とは別人のようでした。

 

メリッサたちが銃を探していると知ったイアンは、皇宮の武器庫へ案内してくれました。

貴重な武器が並ぶ部屋で、イアンはメリッサの気持ちを取り戻そうと必死に話しかけます。

 

しかしメリッサは『人は簡単には変わらない』と考えているので、冷たくあしらってしまいました。

 

\その他のあらすじはこちら/「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

それではここから「その悪女に気をつけてください」第58話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」58話ネタバレあらすじ

イアンの決意

「そうか、そう思われても仕方ないくらい、身勝手な振る舞いをしてきたんだな・・・」

 

イアンは、メリッサの態度でようやく気付きました。

そして、これからは変わった姿を見せられるように努力すると宣言しました。

 

イアンは真剣な表情でメリッサに向き合いました。

イアンが変わる期待などしていなかったメリッサも、さすがに心が揺らぎます。

思えば確かに、狩大会の終盤でメリッサが派手にやらかしてしまった時も皇太子らしくその場を収めてくれました。

 

「メリッサ、そなたには感謝している。ティアラも大切にしているぞ。」

 

“ティアラ”という思いがけないワードに、メリッサは思わず吹き出してしまいました。

※過去話では、お祭りの賞品で貰ったティアラを『一番似合うから』とメリッサに押し付けられ、イアンは泣いてしまいました。

 

その時は悔しくて恥ずかしくて泣いていたイアンですが、

今は道義に反しそうになったときにティアラを見て、心を改めているようでした。

 

イアンが本当に別人のようで、メリッサが思わずボソッと呟きました。

「狂いそう・・・」

 

ジェイクはその声を聞き逃しませんでした。

突然、素早い動きで、イアンに銃を突きつけたのです。

スポンサー

ジェイクの冗談

「選んだぞ。」

ジェイクは銃をイアンに向けたまま言いました。

 

「あ、あぁ・・・これにするのか。

「いや、これ以外全部もらう。」

冗談でも言って良いことと悪い事があります。

ましてや皇宮の貴重な武器ばかりなのに、

こんなことを言ったら家門ごと皇室の奴隷になってしまいそうです。

 

メリッサは慌ててジェイクを押さえつけます。

「これ一つで充分ですから!!」

 

あまりにもジェイクらしくない言動に、イアンも思わず苦笑いをします。

「冗談を言うような男ではないが・・・姉さんの前だと変わるのだな。」

 

メリッサは、膨れっ面のジェイクの胸ぐらを掴みながら、イアンにお礼を言いました。

「これで弟も皇宮に出勤できます。」

 

すると、思いもやらない言葉が返ってきました。

「今まで一度も出勤してきたことはないぞ。」

どうやら、いつも好きな時に来て好きな任務だけこなして去っていってしまうらしい。

 

私の弟って給料泥棒・・・?

メリッサは姉として謝りました。

 

「気にしないでくれ。

若くして暗殺という仕事に就いていること自体、大変だろうに。」

 

イアンがフォローするも、ジェイクは一言呟きました。

「うざっ」

 

これにメリッサは完全にキレて、バシバシとジェイクを叩きながら皇宮を去って行きました。

姉と弟

イアンとジェイクは仲の良い友人同士のはずなのに、今日のジェイクの様子はどうにも気になります。

メリッサがジェイクに聞いても、何も答えてくれません。

 

もう知るか!どうにでもなれ!

メリッサはとうとう匙を投げてしまいました。

 

市場を歩いていると、真っ赤なリンゴがメリッサの目に留まりました。

 

この世界のリンゴも真っ赤で綺麗ね。

リンゴといったら甘い、

甘いといったらバナナ・・・

 

ポーッとしながらそんなことを考えていると、いつの間にかジェイクの手にリンゴが乗っていました。

 

「いきなりどうして?」

「お前が・・・姉さん、が・・・」

 

ジェイクが小さい声で、メリッサのことを『姉さん』と言いました。

 

ジェイクは、メリッサがリンゴを食べたがっていると思って買ったのでした。

 

「毒入りとか?白雪姫なの?」

「なんだそれ」

姉さん呼びと言い、リンゴを買う気遣いといい、メリッサは訳が分からなくて戸惑います。

食べたいわけじゃなかったと伝えると、ジェイクはムッとしてメリッサにリンゴを投げつけました。

 

「あら、食べ物を投げるなんて」

「・・・ごめん。」

 

まるで雷に撃たれたかのような衝撃でした。

あのジェイクが、メリッサに謝ったのです。

メリッサは、ジェイクの豹変ぶりに驚きつつも、今日一日は付き合ってやろうと決めました。

 

その日の夜。

遅くまでジェイクと遊んでいたメリッサは、大きなため息をつきながらベッドに横になりました。

 

イアンとジェイクの様子が、明らかに今まで違っていました。

今までジェイクは破談に反対してましたが、今日は「いいと思う」と言ってきたのです。

“物語の展開を変えたことで、どこかにしわ寄せがきているのかも”

 

そんなことを思いつつも、訳が分からないので考えることを放棄しました。

 

私らしく。そう生きるって決めたから

 

このとき部屋の窓の外には、時々ユーリに運命を囁く者の姿がちらりと見えました。

 

「その悪女に気をつけてください」第58話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」58話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」第58話では、何故かジェイクがイアンに悪態をつき、メリッサには歩み寄ったような態度が見られました。

突然ジェイクがメリッサをお姉さん扱いをしていて、少し可愛らしかったですね。

ずっと照れているような顔をしていました。

 

イアンとジェイクの仲に何があったのかがとても気になりますね。

話の最後に部屋の外から様子を伺っていた、運命を囁く者の正体は一体なんなのでしょうか?

 

「その悪女に気をつけてください」第59話も楽しみですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー