その悪女に気をつけてください|6話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

前回メリッサは誤解ながらも危険人物として、婚約者の皇太子の浮気現場から連れ出されてしまいました。

「その悪女に気をつけてください」第6話では、その帰りの馬車の中から始まります。

 

メリッサは、何がなんでも「皇太子の婚約者」という肩書きを捨てたいのでした。

なぜなら近い将来、皇太子イアンとヒロインのユーリが運命の出会いをすることがきっかけで、婚約者であるメリッサは没落してしまうことを知っていたからです。

彼のことが大嫌いだと言うことも理由の一つではあります。

しかし、どうしても婚約破棄を認めない皇太子イアン。

それを受けて、メリッサはある結論を出すのでした。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」6話ネタバレあらすじ

皇太子イアンの暗殺を決意

その結論とは、皇太子イアンの暗殺です。

メリッサは考えに考えた末、ついにその結論に達してしまうのでした。

あの頭が空っぽな皇太子が即位すれば、間違い無く帝国は滅ぶという危機感も、大きな理由の一つに挙げています。

メリッサは、政治をなにもかもめちゃくちゃにした挙句に「私のことを愛しているだろう?」と眩しい笑顔でのたまい、国民を平伏ささせる皇太子の姿を想像するのでした。

国にとって最悪の主君です。

決して私情を挟んだわけではない、と自らに言い聞かせるように強調します。

 

小説ではのちにヒロインのユーリに出会って、このどうしようもない皇太子が改心していく筋書きになっています。

今の皇太子の有り様では、そのユーリにさえ嫌がられてしまうのではないかとメリッサは思わずにいられませんでした。

 

イアンは、稀にメリッサに優しくする時がありました。

それは、舞踏会など人の目が多くて互いに避けられない様な状況の時です。

イアンが美しい微笑みを向けてくる度に、メリッサは勘違いして舞い上がっていました。

社交辞令で仕方なくとは、考えもしていなかったのです。

 

そのことを、本物のメリッサの記憶から思い返します。

そしてメリッサは、彼を詐欺師のように思って腹を立てました。

どうしてあんな最低男が、ヒロインのような純粋無垢な美少女と結ばれる運命なのか、と憤ります。

やはり暗殺しかない、メリッサはそう再び思いを強くさせました。

 

スポンサー

計画を具体的に思案

メリッサは、馬車の中で暗殺について具体的に考えだします。

どこに依頼して、どうやって殺すのか。

相手が皇太子なだけに、慎重を要する話です。

そんなことを真剣に思案していました。

 

ですから馬を走らせていた従者が馬車の扉を開けて、メリッサに到着を知らせたことにも気が付きませんでした。

丁度メリッサの口から、死体処理の仕方が漏れ出ていたところでした。

その言葉を聞いた従者は、怯え上がって震えてしまいます。

やっと従者に気が付いたメリッサは、彼がなぜ震えているのか分かりません。

 

従者は意を決して「人にしても何にしても、切るのはどうかと!」と進言します。

それに対して、メリッサは従者に微笑みかけました。

貴方を殺すわけじゃないから安心して、という意味を込めたものでした。

しかし彼にとっては逆効果で、命乞いまでする始末です。

メリッサはその従者の反応を見て凹みます。

 

父・ポジェブラト公爵

メリッサは屋敷に帰宅すると、書斎へ向かいました。

父親である、ポジェブラト公爵に会うためです。

 

書斎には、大きくて分厚い立派な本がたくさんあります。

その部屋の重厚感のある机の上で、公爵は書き物の用事をしているようでした。

そこへ、メリッサがノックをして入ってきます。

公爵は仕方なさそうに、手を止めて呼び出しに応じました。

 

メリッサは、目の前に来た公爵を観察しました。

まず目に入ったのは、背の高さです。

メリッサの身長は高い方ですが、公爵の顔を見上げると首が痛くなるほどでした。

一体何センチあるんだろう、とメリッサは思います。

 

そして特筆すべきは、険しい顔つきがメリッサと瓜二つだということでした。

金色の瞳だって一緒です。

公爵は「…お前が何の用だ」と居丈高な態度で訊いてきました。

偉そうな態度もそっくりで、血は争えません。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」6話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

前回は、皇太子イアンはメリッサとの婚約破棄を、なぜか頑なに受け入れないという話でした。

今回6話はそれを受けて、メリッサは、皇太子イアンを暗殺しようと心に決めます。

そして自宅の屋敷に帰ると、彼女はなぜか自分の父親であるポジェブラト公爵に会いに行くのでした。

 

 

開始早々、メリッサの考えが飛躍していて笑ってしまいました。

皇太子暗殺計画、思いっきり私情を挟んでいますね。

むしろそちらの方が原動力なのではないでしょうか。

 

そしてメリッサは、皇太子をどうやって暗殺するつもりなのでしょうか?

一体誰に頼み、どんな手口で殺すつもりなのでしょう。

自分の没落帝国の命運まで掛かっているとはいえ、いきなり暗殺までしようだなんて、今のメリッサは本当に皇太子が嫌いなんですね。

 

ポジェブラト公爵とメリッサは、本当にそっくりです。

険しい顔つきに金色の瞳、高身長で偉そうな態度が一緒なのは、正に親子です。

DNAを感じずにはいられません。

 

そういえば、メリッサのお母さんの話は出ていません。

亡くなられたのでしょうか?

それともご存命なのでしょうか?

どんな方なのか気になります。

何故メリッサは、父親であるポジェブラト公爵にわざわざ会いに行ったのでしょうか。

皇太子イアンの暗殺計画と何か関係があるのでしょうか。

次回が楽しみです。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー