その悪女に気をつけてください|7話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

前回メリッサは、皇太子との婚約破棄の交渉が決裂したことを受けて、皇太子暗殺を決意しました。

そしてメリッサは、自宅の書斎に向かいます。

父親のポジェブラト公爵に会いに行くためでした。

彼女はなぜ、仲の悪い父親のもとをわざわざ訪ねたのでしょう。

 

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」7話ネタバレあらすじ

激しい男尊女卑のポジェブラト公爵

中世ファンタジー小説は男尊女卑の思想が強いです。

モデルとなる時代がそういう歴史なので、基本的にはそうなってしまうものでしょう。

それはこの世界の舞台である、ありふれた逆ハーレム小説「愛するアイツら」も例外ではありません。

その中でもメリッサの父親であるポジェブラト公爵は、群を抜いて男尊女卑が激しかったのです。

スポンサー

メリッサがひねくれた原因

子供が捻くれるのには理由があります。

それは、メリッサも同じことでした。

 

ポジェブラト公爵は長女のメリッサに、幼少の頃より愛情どころか関心すら見せませんでした。

しかし対照的に長男ジェイクに対しては、留学にも行かせたり、惜しみない愛情を注いでいました。

 

メリッサはそんな父親を自然と恨むようになります。

そして2人は、ろくに話したこともない親子関係になっていったのです。

婚約破棄をお願いしたいだけなのに…

場面は戻って、公爵の書斎です。

前回メリッサは「ちょっとお時間よろしいですか?」と尋ねて、公爵を自分の前に呼び出しました。

メリッサはそれに対する公爵の返答を待っていました。

 

しかし公爵は無言で踵を返し、何事もなかったかのように部屋を出て行ってしまいます。

これにはメリッサも呆気に取られてしまいました。

 

メリッサは去っていこうとする公爵の背中に声をかけて、呼び止めます。

長話をする気はない、大事な話があるので少しだけでも聞いて欲しい、と願い出ます。

その言葉に公爵は足を止めて振り返りました。

メリッサが手短に単刀直入に話をしようとすると、公爵はそれを遮ります。

公爵は「こんなところで大事な話などもってのほかだ」と言い、用意させるから応接間まで来るようメリッサに言いました。

そこまでしなくてもとメリッサは言いますが、公爵はさっさと応接間に行ってしまいました。

思っていたのと違う公爵の対応に、メリッサは戸惑います。

さっさと婚約破棄の話をしたかっただけのメリッサは、少し苛々してしまいました。

 

メリッサは、わざわざ応接間を用意させるなんて…と思いを巡らせます。

もしかして目も合わせたくない娘にぶっ掛ける水を用意しているのではないか、と懸念し始めるのでした。

 

そんなところへ、応接間の扉が静かに開きます。

見れば、なぜか公爵はスッと半身だけの姿を現していました。

公爵は「…5分。いや10分後に来ること!」と、片目ながらものすごい目力で言い放ってきました。

訝しげにメリッサは頷きます。

それを確認すると、再び室内へ姿を消してしまいました。

 

その公爵の謎な行動に、メリッサは更に懸念を抱きます。

皇太子を暗殺する前に、自分が公爵に暗殺されてしまうのでは、と恐れ始めるのです。

 

それにまた応接間かと、メリッサは嫌な予感を感じずにはいられません。

前々話での皇太子の浮気現場のイザコザも、皇宮でしたが応接間でした。

また一波乱起きそうね、とメリッサは思います。

 

 

そして公爵に言われた通りの10分後、メリッサは応接間を訪れました。

入ってみてメリッサは愕然とします。

 

応接間は乙女チックでファンシーな飾り付けでいっぱいでした。

一面キラキラした夢かわいいピンク色です。

たくさんのハートや丸の風船、輪飾、ポンポン飾り、かわいいスイーツが盛られた本格アフタヌーンティーセットまであります。

 

その異様とも言える光景にメリッサは「あの…隠し子のお誕生会でも開きました?」と思わず訊いてしまいました。

それに対し公爵は「ふざけたことを。ポジェブラトは3人家族じゃないか」と冷静に返してきます。

メリッサは何が何だかわからず、混乱するのみでした。

 

公爵に座るように促され、向かいの長椅子に腰を下ろすメリッサ。

ピンと正された姿勢の公爵と向かい合います。

それと同時に、公爵自身も、その部屋に合わせたピンクの礼服にコーディネートされていることに気がつきます。

どこまでも真剣な顔つきとのギャップで、公爵の怖さは500%アップしていました。

 

メリッサは「頭でも打ちました?何その格好超ウケる」と危うくツッコミそうになるのを堪えました。

 

メリッサは気持ちを仕切り直し、要点だけを伝えてさっさと失礼する、と公爵に告げます。

すると、公爵は紅茶とファンシーなスイーツを勧めてきました。

メリッサはやんわりと断ります。

そして話を切り出そうとしますが、公爵が紅茶の話をするのでメリッサは話を続けられません。

その様子を見て、公爵は自分の話をひとつも聞いていないのだ、とメリッサは鼻で笑います。

メリッサは公爵がいきなり紅茶の話をしたのも不審に思い、出された紅茶に毒が入っていないか疑います。

公爵に目線を戻すと、メリッサに薦めた紅茶ではなく、ブラックコーヒーを飲んでいました。

ますます毒入りが疑わしくなったメリッサは、紅茶に伸ばした手が震えます。

この紅茶を飲んでもいいのだろうか、と迷うのでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」7話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

ポジェブラト公爵は、特に男尊女卑の思想が激しい人でした。

 

メリッサの幼少期、長女である彼女は、長男のジェイクと差別されていました。

公爵はメリッサには関心を持たないのに、長男ジェイクには愛情をたくさん注いでいたのです。

それが原因となって、メリッサはひねくれてしまったようです。

 

現在に時は戻ります。

メリッサは書斎にいたポジェブラト公爵に、さっさと婚約破棄を頼もうとします。

しかし公爵は大事な話はこんなところで出来ないと言いました。

そしてわざわざ応接間を用意させて、メリッサを迎えます。

その部屋でメリッサが見たものは、キラキラピンクが眩しいファンシーな応接間でした。

なぜか公爵はその異様にファンシーな部屋で、かわいいスイーツと紅茶でメリッサをもてなし始めます。

その思惑が全く分からないメリッサは、出された紅茶に毒が入っているのではと警戒して、飲むのを迷うのでした。

 

 

メリッサがわざわざ仲の悪い父親のもとを訪ねたのは、婚約破棄をお願いするためだったんですね。

今回は、ポジェブラト公爵の意外な一面が垣間見られました。

半身だけ出していたり、ファンシーな応接間など、笑ってしまいます。

ギャップで一気に好きになってしまいましたが、果たしてどういう思惑なのでしょうか。

メリッサの紅茶は果たして毒入りなのでしょうか?

ポジェブラト公爵がファンシーな応接間でもてなしてくる思惑は何なのでしょう?

気になる次回へ続きます!

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー