その悪女に気をつけてください|74話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは、ピッコマのwebマンガ「その悪女に気をつけてください」第74話のネタバレあらすじをまとめています。

 

「その悪女に気をつけてください」第73話では、メリッサが公爵に、街に魔物が侵略しに来ることを伝えます。

始めは信じられないという表情をした公爵でしたが、神託があったことをヨナが伝えると、話を聞いてくれました。

実はヨナは、神殿から逃げ出した聖女だったのです。

その後、メリッサ、ヨナ、ナインの3人で、魔物との戦争に向けた相談をするのでした。

 

 

\その他のあらすじはこちら/

「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

それではここから「その悪女に気をつけてください」第74話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」74話ネタバレあらすじ

大臣会議

メリッサは公爵に呼び出され、部屋でお茶をしながら話をしていました。

公爵はメリッサに、皇宮に行くよう伝えます。

 

わざわざ私が?なぜ?

神託は何十年に1度しか授からないということは知っているだろう?

神託を受けた本人から直接話を聞きたいと陛下が仰ったのだ

 

全く知らない話を聞いたメリッサは困惑します。

 

ヨナの話にノリで乗っただけなのに…

 

どうした?嫌なのか?昔は毎日皇宮へ行っていたではないか

それとこれとは話が別です。大臣会議に出席しろってことですよね?

 

メリッサは、自分の娘が皇太子を避けていることに公爵が気が付いていないのかと呆れますが、

それよりも、つまらない政治の話が繰り広げられる面倒な会議には出席したくなかったのです。

 

神託のことですが…

 

何より陛下が楽しみにしておられるんだ。

私も初めは驚いたが、よく考えたら娘が聖女と同等だということだろう?

 

公爵はメリッサの話をさえぎり、自慢げに話します。

 

負担に思う気持ちも分かるが前向きに考えてくれ。

うまくいったら結婚もお前の望み通りに進むかもしれないしな

 

ケッコン…?【決】して【婚】約しませんの略ですか?

 

小説の中での皇帝は、イアンの女遊びを見て「男なら仕方ない」と言うような人物でした。

そんな皇帝がメリッサを呼ぶということは、婚約破棄を阻止するためなのではないかとメリッサは疑います。

 

お前が参加する方向で話が進んでいてな、断れそうにないんだ

 

えぇ!?…もういいわ。

いつかは通る道だろうし…今は神託をごまかす方法を探さないとね

 

スポンサー

ドレス選び

自室に戻ったメリッサは、ナインとヨナと、会議に着ていくドレスを選んでいました。

 

はぁ…何を着ていこう…

メリッサ様は何でもお似合いですよ!

 

ナインは顔を赤らめながら伝えます。

 

ダサい服でもそう言うんでしょ

もちろん!メリッサ様の輝きを隠せるものなんてこの世に存在しません!

 

ナインの言葉にメリッサは顔を真っ赤にしました。

 

だめね…全部気に入らない

皇帝にいい顔をするために着飾りたくもなく、ファッションセンスにも自信がないメリッサはため息をつきます。

 

この世界の女性服は窮屈すぎるのよ…!

きっついコルセットに長くて重いドレス…そんなの着て皇帝に怯えなきゃいけないだなんて…

 

メリッサは少し考えると、あることをひらめきました。

 

待てよ…?そんな必要なくない?

 

メリッサはスクッと立ち上がると、ある服を手に取りました。

 

これにする!

メリッサが選んだものを見て、頷くナインとヨナなのでした。

 

会議当日

時は流れ、会議当日を迎えました。

 

準備はいかがですか?

メリッサに話し掛けられ、声の方向に目をやった公爵は驚きの表情をします。

 

その格好で行くつもりなのか…?

えぇ、何か問題でも?

無難にドレスを着た方が良いと思うが…

 

私が何を着ようと自由でしょう?

せっかく陛下が招待してくださったのに、無難な格好でお目にかかるのはちょっとね

 

そう言うとメリッサは馬車に乗り込みました。

 

これ、ハラグロの馬車じゃないわよね?

えぇ、普通の白馬です

今日はまともで良かったわ…

 

メリッサが安心していると、どこからかハラグロの鳴き声が聞こえてきます。

メリッサが馬車の窓から顔を出し確認すると、後ろの馬車にハラグロがいたのです。

 

あれ公爵の馬車じゃん!今すぐ止めないと死んじゃ…あれ?

 

メリッサは公爵の馬車の上にジェイクがいることに気が付きます。

 

なんであんたがそこにいるのよ…!?

 

メリッサは驚きながらも、ジェイクがいれば公爵が死ぬことはないと安心しました。

そしてメリッサと公爵は会議の会場へ到着します。

 

「ポジェブラト家の公爵様とご令嬢が到着されました」

 

案内と共に現れたメリッサの姿を、貴族たちはみな敵意むき出しの目で見ています。

メリッサはドレス姿ではなく、男性貴族と同じようなパンツスタイルで現れたのです。

 

女がズボンを履いているからってそんな睨む?もう会うこともないでしょうに…

 

メリッサは、馬車で酔った公爵と共に椅子に腰掛けます。

 

本当はこういう場ならナインが適役なのよね。私は政治に関する知識が足りないけど、

ナインは資料が限られているはずの狼人間の城で、私よりも教養を身に着けた努力家だから…

 

するとメリッサの隣に、スッと誰かが寄ってきました。

その人物の顔を見てメリッサは驚きます。

 

…え?なんであなたがここに!?

 

 

「その悪女に気をつけてください」第74話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」74話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」第74話では、メリッサが大臣会議に出席することになってしまいました。

小説で知っていた内容を、神託があったということにしてしまったメリッサはどうやりすごすのでしょうか?

そしてメリッサの隣に現れたのは一体誰なのでしょうか?

「その悪女に気をつけてください」第75話も楽しみですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー