その悪女に気をつけてください|79話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページでは、ピッコマのwebマンガ「その悪女に気をつけてください」第79話のネタバレあらすじをまとめています。

 

「その悪女に気をつけてください」第78話では、メリッサがミゼンとジャックに魔物の封印が解けることを話しました。

ジャックは話に乗ってくれそうではあるものの、ミゼンはメリッサを信用せず、相手にしたくなさそうです。

協力をする気が無いことを伝えるミゼンですが、勝手に話を進めようとするミゼンに対しジャックが怒るのでした。

 

 

\その他のあらすじはこちら/

「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

それではここから「その悪女に気をつけてください」第79話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」79話ネタバレあらすじ

首長争い

お前だけが首長でもねぇくせに勝手に決めるなよ、くそったれ

 

ミゼンとジャックの関係が、以前に比べて対等になっているようにメリッサは感じていました。

 

ミゼンが首長じゃなかったの?

 

違う!半分半分だ!

黙れ!

この前俺がミゼンに勝っただろう!

後継者は元々俺だ!前首長を殺したのも俺だ!

 

ミゼンとジャックは言い争いました。

メリッサは呆れながらも2人を制します。

 

落ち着きなさいよ…今大事なのはそれじゃないんだけど

大事じゃないだと!?首長に関わることだそ!?ならお前も…

 

おい

 

メリッサは表情で圧をかけ、ジャックの言葉を遮ります。

 

落ち着けって言っているでしょう

はい…

 

メリッサの気迫に、思わずジャックは縮こまってしまうのでした。

 

スポンサー

確率

狼人間の世界では、【前首長を殺す】か【対抗者に確実に勝つ】かをしないと

首長として認めてもらえないようです。

 

しかしミゼンとジャックは、片方を殺したり屈服させたりは出来ないという状況でした。

 

完全に首長になっていないにも関わらず味方になってくれようとしたジャックに対し、

メリッサは少し驚いています。

 

ミゼンと同じくらい私のこと憎んでると思ってたのに…

 

それなら、ジャックは賛成で、ミゼンは反対ということね?

 

俺の反対は狼人間全員の反対を意味する

笑わせんな、俺の方がみんなから好かれてるんだ。

魔物討伐の話を聞けばみんな喜んで俺んとこに来るさ

 

まだ前兆は無いし、封印が解けるまで最低でも1週間はかかるはずよ。

それまでによく考えておいてちょうだい

 

ミゼンとジャックを信じても良いものなのか、メリッサはまだ不安でした。

今からでも力でねじ伏せるべきでは?という思いもよぎりましたが、すぐに思いなおします。

 

スダバックという街で会いましょう

 

2人とも反対であれば、力でねじ伏せる選択肢もありましたが、

ジャックが賛成してくれている以上、協力してくれる確率は50%まで上がったも同然です。

下手に力でねじ伏せて敵意を持たせる必要はありません。

 

とりあえずジャックが素直に従ってくれて良かったけど…

 

準備は着実に進んでいるものの、メリッサはどうしても不安がぬぐえずにいます。

 

自分の街に戻るため、メリッサ、ナイン、ユーリ、ヨナの4人は森の中を歩いていました。

 

後方から何かの気配を感じたヨナは振り返ります。

しかしそこには何もいません。

 

気のせいか…

 

何をしてるの?早く行くよ!

はい、お嬢様

 

ヨナはメリッサに駆け寄ります。

 

4人の背後で、何者かが唇をかみしめているのでした。

 

創造者

あぁ…私が用意した物語が崩れてきている…

言うことを聞いていたヒロインは壊れてしまった…

 

私の決めたエンディングが台無しだ!!

 

私の手を離れた物語などもう必要ない…

全て壊してまた一から始めよう…こんな物語はゴミ箱行きだ…

 

ユーリが自宅でくつろいでいると、突然違和感を覚えます。

 

あれ?囁きが…消えた?

今まで聞こえてきていた運命の囁きが聞こえなくなったのです。

 

一方、ポジェブラト邸ではメリッサとナインが魔物討伐について話をしていました。

 

封印はまだ解けてないし、ひとまず物資と兵力をスダバックに送って…

お嬢様!!

 

ヨナが慌てて部屋に飛び込んできました。

 

ま、魔物が…封印を破って出てきたと…!

 

小説よりも早い展開にメリッサは戸惑いを隠せません。

スダバックの街では、突然辺りが暗くなり、空から大量の魔物が攻撃をしてきていました。

 

馬車はどこ!?

用意した馬車は公爵様が…他の馬車はまだ整備中です!

馬は!?

すぐに使える馬を連れてまいります!

 

予想通りに進むと思っていたのが間違いだった…!!油断した私が馬鹿だ…

誘拐事件の時みたいに早まる可能性を考えなきゃいけなかったんだ…!

 

スダバックはユーリが住むリプトンと近い都市です。

 

ヒロインであるユーリには、大魔術師の生まれかわりいう裏設定がありました。

魔物たちは自分たちを封印した大魔術師の生まれかわりである彼女に敵対心を抱いているため、

封印が解けるとすぐに、スダバックからリプトンに向かって侵略を始めるのです。

 

メリッサが困惑しているとカルティーナが現れました。

 

魔物だなんて…一体なんの騒ぎですか?

師匠…!魔物がとある都市を襲撃しているようです。師匠は危ないので…

何を仰るんですか。危ないならなおさら行かなきゃ

 

カルティーナはメリッサの言葉を遮りました。

 

一緒に行きます

ハハッ!さすが師匠ですね!

 

メリッサ様、馬の支度が整いました

ありがとう、それじゃぁ…

 

するとどこからか、ヒヒィィィン!!と、聞き覚えのある鳴き声がしました。

自分だけでもすぐに駆け付けなければと思っているメリッサは決心をします。

 

私はハラグロに乗るわ!この馬は…

私が乗ります

ヨナは…

行きましょう

 

ヨナはすでに別の馬に乗って準備万端でした。

 

さ、さすがね…!あとはナインね

 

メリッサはナインの耳元で囁きます。

 

私たちが出発したら、狼に変身してついてきて。スダバックで落ち合いましょう

承知しました。お怪我にお気をつけて

もちろんよ。私、自分のこと結構大事にしているの

 

ナインはメリッサの手を自分の頬に寄せました。

 

僕は、メリッサ様の無事を誰よりも願っていますからね

 

ナインの愛嬌で充電満タンになったメリッサは颯爽とハラグロに乗りました。

 

それじゃぁ行くわね!またあとで会いましょう!

すぐに向かいます

 

ナインは笑顔でメリッサを見送りました。

しかし心の中では嫌な予感がして仕方がありません。

 

メリッサ様…どうかご無事で…

 

メリッサたちをあざ笑うかのように、物語の創造者はニタァっと笑っています。

さぁ、エンディングの時間だ…

 

 

「その悪女に気をつけてください」第79話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」79話の感想や見どころ

「その悪女に気をつけてください」第79話では、一気に物語が進みました。

狼人間たちの協力が得られるか分からないまま、魔物の襲撃が始まってしまいます。

物語を終わらせたい創造者と、メリッサたちの戦いの行方はどうなってしまうのでしょうか。

「その悪女に気をつけてください」第80話も楽しみですね!

 

\その他のあらすじはこちら/
「その悪女に気をつけてください」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー