その悪女に気をつけてください|8話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

前回、ポジェブラト公爵がファンシーな応接間でかわいいお菓子と紅茶でメリッサをもてなしてきました。

彼女はその異様な状況に混乱し、警戒します。

ポジェブラト公爵の思惑とはなんだったのでしょう?

メリッサが警戒するように、紅茶は本当に毒入りなのでしょうか?

それでは8話本編です。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」8話ネタバレあらすじ

突然の訪問者

前回の終わりに引き続き、メリッサは出された紅茶を凝視していました。

怪しく見えて仕方がないのです。

そして絶対に飲みたくないと思ったメリッサは、大胆にも公爵の目の前で紅茶を流して棄ててしまいます。

公爵は気にも留めていない様子でした。

何事もないように、メリッサに大事な話を話すよう伝えます。

そして公爵は「こうやってお前と話すのも、10年ぶりだな」と言いました。

メリッサは「毎朝食事の時間に挨拶してるじゃないですか」と憮然として答えます。

その答えに公爵はつかの間の沈黙の後、そんなこと知らぬ…というような顔で真っ直ぐ見返してきました。

その公爵の様子にメリッサは、何も聞いてなかったのかと呆れます。

まともな話し合いを期待していたメリッサは、深いため息を吐きました。

 

メリッサは気を取り直し、今度こそ単刀直入に婚約破棄を訴えようとします。

しかしその時、突然応接間のドアが勢いよく蹴り開かれて、男が入ってきました。

またメリッサは公爵に婚約破棄の話ができません。

その男はフード付きのローブを被っていて、顔が見えませんでした。

突然のことに、部屋はシーンと静まり返ってしまいます。

 

「なんですかこの部屋は…」と男は口を開きます。

メリッサは耳をほじりながら「ノックくらいしなさいよ」と目も合わさずに言葉を返します。

男がフードを下ろすと、青い瞳を持った長い白髪の姿が現れました。

それは美しい容貌で、キラキラした眩しさは皇太子イアンに負けないほどでした。

瞳の色と同じ青い花が、彼の周りに咲き誇っています。

スポンサー

放蕩息子、ジェイク・ポジェブラト

そう、彼は長男のジェイク・ポジェブラトです。

メリッサの弟にあたります。

ポジェブラト家の次期公爵、つまり跡継ぎです。

 

彼もまた、今後ヒロインのユーリに想いを寄せていく1人なのでした。

 

ジェイクはメリッサをジーッと嫌そうに見つめて「…まだ生きてたのか」とため息を吐きます。

彼は実の姉メリッサを心底嫌っているのでした。

 

彼はいつも家に居ない放蕩息子です。

そして彼には裏の顔がありました。

それは皇室直属の暗殺専門スナイパーという顔です。

皇室に刃向かう者は、彼の手によって葬られてきました。

 

ジェイクは射撃能力と魔力が帝国最高レベルで、若くして名を馳せています。

しかし人に顔を見せたがらない彼は、社交界には極力出ず、やむを得ない時には黒いローブを着て立っているだけでした。

確かにあの美貌だと色々面倒なこともあるだろうから、隠れたい気持ちはメリッサにも分かりました。

 

そんな天賦の才と美貌を併せ持った弟のジェイクに、姉であるメリッサは僻んでしまいます。

メリッサは魔力も射撃もできないし、弟と並べるような美貌は待ち合わせていません。

姉目線のジェイクに幻滅

作中でのジェイクは、寡黙でクールな美男子です。

小説を読んだときは、ヒロイン・ユーリを陰ながら静かに見守る姿が素敵だとメリッサは思っていました。

 

しかし実の姉という立場から見たジェイクは、全く違うものでした。

応接室のファンシーな飾り付けにガミガミ文句を言ったり、この紅茶は安物の匂いがするだの、他にも公爵にネチネチと小言を言い涙目にさせたりしています。

寡黙でクールとは程遠いもので、メリッサは幻滅するのでした。

 

ジェイクは公爵に対して「僕の話なら全部聞き入れる姿にもうんざりです」と言います。

ここは公爵に対するメリッサとは真逆の不満ですが、ちゃんと話を聞いてほしい、という点では一致しているようでした。

 

ジェイクは「メリッサはガキだから部屋でも少し飾ってやれば、暴れずに会話ができる」と公爵にアドバイスしたと言います。

しかしどういうわけか公爵は、前回のような異様なもてなしをしてしまったのです。

それを聞いて原因がジェイクだったことを知ったメリッサは、頭を抱えます。

ジェイクが姉を軽蔑して父親を嫌うのは作中のままですが、それ以外は全然違いました。

メリッサは小説のジェイクが大好きだったので、更に幻滅してしまいます。

息子の小言をしょげた顔で黙って聞いている親バカなポジェブラト公爵にも、メリッサは呆れてしまいました。

 

小説と違うジェイクにとても幻滅したメリッサでしたが、気持ちをポジティブに切り替えようとします。

家族の前だとお喋りなギャップ萌え、と思うことしにました。

 

メリッサはなんとか作った笑顔でジェイクに声を掛けます。

ジェイクは「は?」と嫌そうに返事をして、部屋がシーンとしました。

自分と話したくないことが久々と伝わってきて、メリッサは笑顔を引き攣らせます。

なんとか笑顔を保ち「ここには何の用かしら?」とジェイクに尋ねます。

それに対してジェイクは、少し意味ありげな顔をするのでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」8話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

毒を疑って絶対に飲みたくなかったメリッサは、紅茶を棄ててしまいました。

そして婚約破棄の話をしようとしたところに突然、謎の男が足で乱暴に扉を開けて入ってきます。

その男は弟のジェイク・ポジェブラトでした。

彼の裏の顔は、皇室直属の暗殺専門スナイパーです。

放蕩息子なので、いつもは家に居ません。

このファンシーな応接間の異様なおもてなしは、ジェイクのアドバイスによるものだとメリッサは知ります。

しかしポジェブラト公爵はそれがうまく出来ず、残念な結果になってしまったようです。

ジェイクは公爵にガミガミネチネチ小言を言うなど、作中の寡黙でクールなジェイクが好きだったメリッサは幻滅してしまいます。

そしてメリッサは放蕩息子のジェイクが家に帰ってきた理由を尋ねるのでした。

 

またメリッサは婚約破棄の話ができませんでした。

弟のジェイク、とてもキラキラしていますね!

ダイアモンドのような輝きで登場です。

読者目線と姉目線で、人物像にギャップがあるのが面白いです。

 

それにしても弟のジェイクが皇室直属の暗殺専門スナイパーとは、皇太子イアン暗殺を考えるメリッサと、何かしらの関わりが生まれてきそうですね。

暗殺専門なので暗殺を依頼する流れもあるのでしょうか。

それよりも、ジェイクに計画がバレたら大嫌いな姉のメリッサは暗殺されてしまいそうです。

 

ポジェブラト公爵は、やはり天然なのでしょうか。

可愛いと思ってしまいました。

放蕩息子のジェイクが突然帰ってきた理由はなんでしょう?

意味ありげな表情でした。

次回に続きます!

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー