その悪女に気をつけてください|9話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

前回、放蕩息子のジェイクが突然帰ってきました。

その理由とは何なのでしょう?

それでは、本編9話です。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」9話ネタバレあらすじ

ジェイク帰還の理由

前回ラストでメリッサは弟のジェイクに、なぜ突然帰ってきたのか尋ねて終わりました。

それに対してジェイクは今にも吐きそうな顔をして、姉のメリッサを睨みつけます。

さらに無視しました

大嫌いな姉メリッサと、心底話したくない様子です。

 

メリッサはそんな態度をイケ好かないと思いましたが、気を取り直して、突然帰ってきた理由をもう一度ジェイクに尋ねてみました。

そして、公爵と話があるので用がないなら出ていって欲しいと付け加えます。

自分をぼーっと見返してくるジェイクに、心の中で早く出ていけとメリッサは思います。

おもむろにジェイクは、メリッサを指さして「イアン」と皇太子の名を口にします。

メリッサは一瞬訳が分からずポカンとしました。

しかしその直後、憎きポンコツ皇太子の名が出たことで怒りの炎が彼女の中で燃えたぎります。

 

そして彼女は思い出しました。

作中でジェイクとイアンは幼馴染なのです。

ジェイクが皇室直属の暗殺専門スナイパーをしているのも、その関係があってのことでした。

2人の幼馴染がヒロインのユーリを巡って争う場面は、小説の見せ場だったのです。

 

メリッサに指を差したままジェイクは「イアンがうるさい。破談はダメだ」と言いました。

あの憎きポンコツ皇太子が幼馴染のジェイクに告げ口をしたのだ、とメリッサはその瞬間分ります。

 

メリッサはその時の様子を想像しました。

皇太子イアンがとても深刻な顔をして、ジェイクに破談を持ち掛けられたことの相談をしています。

興味がなく去ろうとするジェイクに、情けなく追い縋ってメリッサを説得するように頼み込んでいるところでした。

 

絶対そうだ、とメリッサは頷きます。

メリッサは皇太子イアンの顔を思い出して気分を害しました。

スポンサー

告げ口なんて卑怯

そこでふとメリッサは思い当たります。

今の話の通りジェイクは皇太子の頼みで、メリッサの婚約破棄を止めるために帰って来たのでしょう。

それでメリッサに「なぜお前がここに」という態度をとっていると言うことは、公爵の方にそれを伝えに来たと言うことになります。

公爵はジェイクの頼みならなんでも聞くでしょうし、メリッサも公爵の命令には逆らえません。

幼馴染の皇太子の頼みのために、それを利用して破談させないつもりだったのだ、とメリッサは思いました。

 

メリッサは嘲るような笑みをこぼし、「あんた…思った以上にタチ悪いわね」と口から零します。

そのメリッサの立腹の様子に、ジェイクも公爵も怯みました。

メリッサは、弟に破談話は関係ないのだから口を出す資格はないと言って牽制します。

さらにジェイクに指をさして「あんたはイアンのパシリか!!思春期だからって甘やかしてただけよ、いい気にならないで!」と言い放ちました。

ジェイクとメリッサは、お互いに鋭く睨み合います。

 

メリッサはドサリと音を立てて長椅子に座りました。

腕を組んで足を組み、ジェイクを鋭い眼光で見据えるメリッサは迫力があります。

そして「私のこと嫌いでしょ?私もあんたが嫌いなの」と、この姉弟関係についての本音を言いました。

 

さらに続けて、メリッサのことを姉と思っていないから自分も弟扱いしない、あんたみたいな卑怯者可愛がるわけないと冷たく言います。

メリッサの迫力に、さすがのジェイクも怯みました。

それに、卑怯者という言葉も効いたのかもしれません。

幼馴染の皇太子の頼みでしようとした公爵への告げ口が、卑怯な行動という自覚があった様子です。

気まずそうにするだけで、ジェイクは何の反論もしません。

ポジェブラト公爵に婚約破棄宣言

メリッサは公爵に向き直って声をかけます。

すると公爵は怖がっていたのか心臓を跳ね上がらせて、手にしていたコーヒーカップを滑らせてしまいます。

入っていたブラックコーヒを、自分の膝と長椅子にぶちまけてしまいました。

普段のポーカーフェイスが少し崩れた公爵は、顔に冷や汗をかいて沈黙してしまいました。

 

メリッサはそんな公爵を一瞬あきれたように見ていましたが、スルーしてずっと言いたかった本題を話し始めます。

「婚約破棄したいんです。もう限界なので」と、ようやく伝えられました。

さらにメリッサは「邪魔するなら黙ってませんから」と付け加えて微笑みます。

それを聞いたポジェブラト公爵はポカンとして、なにも言葉を発しませんでした。

 

言いたいことがなければ失礼しますと言って、公爵とジェイクの親子2人を残し、メリッサは応接間を後にします。

勢いに任せてしまったがどうにかなるだろう、とメリッサは思いながら廊下を歩いていくのでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」9話の感想や見どころ

では、今回のまとめです。

放蕩息子ジェイクの突然の帰還の理由は、幼馴染の皇太子イアンでした。

弟ジェイクと皇太子イアンは幼馴染だったのです。

皇太子はジェイクにメリッサの婚約破棄を阻止するよう頼みました。

ジェイクは皇太子があんまりうるさいので、その頼みを引き受けます。

 

そこでジェイクは婚約破棄の話を当人のメリッサではなく、父親のポジェブラト公爵に話して味方につけようとしていたのです。

公爵はジェイクの頼みなら何でも聞いてくれますし、メリッサは侯爵の命令に背くことはできません。

ジェイクはそれを利用しました。

その卑怯なやり口にメリッサは憤怒し、ジェイクを罵ります。

卑怯という自覚があった様子のジェイクは、反論せずに怯みます。

 

そしてようやくメリッサはポジェブラト公爵に、皇太子イアンとの婚約破棄を伝えることができ、応接間を後にしました。

 

 

 

ジェイクの帰還の理由は皇太子イアンの頼みだったんですね!

ジェイクの手口も卑怯ですが、相手の家族を利用して外堀を埋めようとした皇太子イアンの方が卑怯に感じてしまいました。

メリッサの皇太子イアンに対する嫌悪が止まるところを知りませんが、どうなっていくのでしょう。

 

そしてやはりポジェブラト公爵は不器用な天然みたいですね…?

今回も可愛いと思ってしまいました。

メリッサの婚約破棄宣言を受けて、ポジェブラト公爵はどんな反応を見せるのでしょう?

メリッサの婚約破棄の要望は通るのでしょうか。

次回に続きます。

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

最後に

ピッコマ漫画「その悪女に気をつけてください」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー