悪役のエンディングは死のみ|11話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

自身が直接処分を下したエミリーが、未だにペネロペの側付きをしていることを知ったレナルド。

そのことに憤り、ペネロペの自室に押し入ってこう言い放ちました。

「エカルトをバカにするとは身の程知らずも甚だしい!」

それを聞いたペネロペは、以前ノーマルルートでイヴォンをいじめていたペネロペに対して言っていた台詞と同じ事に気づき、

自嘲気味に笑うのですが…?

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第11話あらすじとなります!

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第11話ネタバレあらすじ

見下された公女

「笑ってる場合か?お前がメイドなんかに見下されるからあんなことになったんだろ?」

(そうね、公爵家のみんなが公女を見下してた)

「ちょうど昨日そのことでお父様と話したの」

「だろうな。俺が父上にあの生意気な女を追い出そうって…」

得意気に話すレナルドをよそに、ペネロペは告げます。

「お父様もデリック兄様も彼女を追い出すのは反対してたわ」

レナルドは、予想もしていなかったのか、驚いた表情を浮かべました。

もちろん、はっきりと二方からそう言われた訳ではなく、デリックに至ってはペネロペを追い詰めたいがための発言だったと思われますが

ペネロペは、嘘はついていないしもし問い詰められても誤魔化せばいいと考えていました。

「…それであの女を専任メイドにしたのか?」

「ええ、そうよ」

ペネロペの悪びれもしない態度にいらついたレナルドは大声で怒鳴り始めます。

「バカかお前は!嫌だって言えばいいだろ!」

感情に任せて怒りをあらわにするレナルドに対し、ペネロペは冷静に返答します。

「それで何が変わるわけ?」

「はあ?ふざけんなよ!じゃ腐った料理を食い続けて死にたいってのか!?」

「新しいメイドはまともだって保証ある?」

ようやく怒鳴り散らすことをやめ、言葉に詰まるレナルド。

そんな彼を冷ややかに見つめるペネロペ。

とにかくレナルドのプライドを傷つけないように、彼を皮肉らないよう慎重に言葉を選びます。

好感度は依然として-3%のまま…。

これ以上マイナスになれば、確実に死の未来が見えます。

スポンサー

「こうなることを望んでたんじゃなくて?」

ペネロペは、レナルドに公爵の面会に行ったのはエミリーを追い出そうとして行った訳ではなく

謹慎中に騒ぎを起こしたことに対しての謝罪をしに行ったと説明します。

レナルドは、ペネロペが謝罪の言葉を述べ、土下座までしたことに信じられないとでもいうような表情をしました。

「残りの謹慎期間は大人しくしてるって約束したの。だからこの件はこれでおしまい」

(あんたさえ何もしなければ私が死ぬ確率はうんと下がるのよ)

とにかく、波風立てぬようにレナルドに懇願するペネロペ。

しかし、逆にレナルドの神経を逆撫でする結果となってしまいました。

「お前はプライドもないのかよ!?あんなことされて黙って見逃すって正気か?らしくないぞ!いっそ前みたいに者にでも当たって暴れろよ!」

レナルドの言葉に、頭を鈍器で殴られたような衝撃を感じるペネロペ。

ペネロペの中で、張りつめていた何か糸のようなものがプツン…と切れるのでした。

「私の部屋にあの子のネックレスをこっそり置いた時から予想してたでしょ?こうなることを望んでたんじゃなくて?

「何だと…?」

あの夢にでてきた、幼き日の記憶…

それは、レナルドの手によって引き起こされた事件でした。

ペネロペはその事に気づいていたのです。

「蒸し返したいわけじゃないの。ぼけっとしてた私も悪いし。もう疲れた。それだけよ。」

「…疲れたって?」

「もうすぐ成人式だし。いつもまでもエカルト家に居座るわけにはいかないでしょう

意外な可能性?

ペネロペの言葉に、一瞬言葉を失うレナルド。

「どういう意味だ?お前…家を出るつもりなのか?」

「さあね、お父様とデリック兄様次第かな…」

ペネロペ自身も、今後の事はわかりませんでした。

クリアできれば現実世界に戻れるのか?

そもそも、それまで生き残れるのか…?

(でも心配しないでレナルド。死んでもあなたを攻略する気はないから)

「だから、私の事は気にしないで」

そう言い放ち、入浴の時間だからと、レナルドにお引き取り願うと

そこには、予想外の表情を浮かべるレナルドの姿がありました。

その淡青の瞳をくもらせ、眉をひそめる悲し気な表情のレナルドの姿が…

(何?あんな顔ゲームでは見たことない)

─もしかして好感度が下がるんじゃ…!

ペネロペの心配をよそに、レナルドの頭上にあった好感度ゲージが

ピロンと音を立てて表示されたかと思うと、そこには“3%”と表示されていました。

(上がった…?それも6%も?)

すると、黙っていたレナルドがようやく口を開きました。

「お前なんかを少しでも心配した俺がバカだった」

そう言うと、くるっと踵を返し、スタスタと歩き去ってしまいました。

去り行くレナルドを見つめながら、ペネロペは驚きを隠せませんでした。

(一番可能性が無いと思ってたのに…)

やはり、選択肢をなくしたのは間違いではなかったと再度思うペネロペ。

(これからは、マイナス野郎って呼べないや…)

 

以上が「悪役のエンディングは死のみ」第11話のネタバレでしたっ♪

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第11話感想や見どころ

怒り狂うレナルドを鎮め、なんとか危機を脱したペネロペでしたね。

レナルドが一気に+6%も好感度が上がるのは驚きでした。これは、レナルド攻略という可能性も見出せたのではないでしょうか?

ひとまずは、ペネロペが今後選択肢をミスしても即死するということは無さそうですが…

未だ登場しない外の攻略対象も気になるところですね。今後の活躍に期待が高まります!

次回の「悪役のエンディングは死のみ」第12話もお楽しみに♪

スポンサー