悪役のエンディングは死のみ|17話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第16話では命からがら、カリストから逃げ出すことができたペネロペでした。

魔術師・ヴィンターとも出会うことができて、一安心かとおもいきや、精神的に限界を迎えたペネロペはパーティー会場で倒れてしまいます。

寝込むペネロペは、様子を見に来たレナルドに向かって、うわごとのように「あんたが嫌い」と言ってしまい…?

 

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第17話ネタバレあらすじ

ペネロペの目覚め

「私…あんたが嫌い… 本当に大嫌い あんたが私を嫌う気持ちの…何百倍も… あんたのことが嫌い…」

そこまで言い、再びペネロペの意識は途切れてはじめてしまいます。

ゆっくりと閉じられていく瞳の向こうには、心配そうに佇む何者かの姿が捉えられましたが、その表情までは確認することができませんでした。

 

あの日から一体何日が過ぎたのでしょうか。

朝日が部屋に差し込み、小鳥の鳴き声が聞こえる見慣れた自室に自分は居ます。

ベッドから上半身を起こすこともできるようになりました。

「お嬢様…お体の調子はいかがですか?」

そこには、心配そうに声をかけるエミリーの姿がありました。

「もう大丈夫よ」

ようやく自分の意思で声を発することもできます。

「よかったです!4日間どれだけ心配したか…公爵様とお坊ちゃま方もとても心配しておられました」

「そう…」

「ええ!小公爵様が真っ青になってお嬢様を抱きかかえていらしたんですから」

「…デリック兄様が?」

にわかに信じられない…とでもいうような表情のペネロペ。

「はい、公爵様は首都中の名医を呼び集めろと大騒ぎで、レナルド様に至っては皇宮に乗り込むと仰るのを執事長がやっとの思いで引き止めました。」

(意外ね…話は盛ってるだろうけど、あの人たちがそこまでするって…気を失っている間何があったの?)

エミリーは更に続けます。

「…ここまで体調を崩されたのは初めてです。本当に気が気じゃなくて…」

「苦労をかけたわねエミリー」

ペネロペは、エミリーに対して素直に労いの言葉を掛けます。

「苦労なんてとんでもない!これでも私…何年もお嬢様に仕えましたから…」

(この子私を針で刺しこと忘れてない?)

ギロリとエミリーを鋭く睨みつけますが、あえて声に出さないのはペネロペの優しさからなのでしょうか。

エミリーは、ひとしきり自分が寝込んでいた間にあったことを説明すると、エカルト公爵に報告しに行くと部屋を後にしました。

「ついでにメロンシャーベットをお願いね」

スポンサー

エカルト公爵からの呼び出し

好物のメロンシャーベットを食べ、生き返るような思いのペネロペ。

ふと、自分の状態に目を向けると、皇太子に傷つけられた首の傷には包帯が巻かれていることに気が付きました。

大げさでは?と思いながらもこの際だからしばらく患者でいるのも悪くないと思うペネロペでした。

そこへ、何者かが部屋のドアをノックし、返事をすると執事長のペンネルと名乗りました。

(用があるなら他の者をよこせと言ったはずなのに)

自室に招き入れ、直接会うことはせず、エミリーに用件を聞きに行かせるペネロペ。

「…お嬢様!公爵様がお呼びだそうです」

「お父様が?」

だから執事長が直接来たのか、と納得するペネロペ。

(今日は何を言われるやら)

事情がどうであれ、皇宮で騒ぎを起こしたことは事実であり、そのことはペネロペも重々承知していました。

(…にしても病み上がりの人を呼び出すってひどくない?)

「参りましょうお嬢様」

「え?もう私の前を歩かないの?」

「使用人の分際で主人の前を歩くとは滅相もない」

「ん??」

(何?このこれ見よがしな態度は?)

そう、それはまるで…特上寿司を握る職人のような極上のもてなしだったのです…。(笑)

エカルトの人間として。

態度が急変したのは、執事長だけではありませんでした。

「お目覚めになりましたかお嬢様。」

「ご体調はいかがですか?」

執事見習いもメイド達もまるで別人のようにペネロペに敬意の意を示し、道を開け、体調を気遣い、頭を垂れ敬うのです。

(みんな急にどうしたの?)

驚き半分呆れ半分で歩いているうちに、あっという間に公爵の執務室までたどり着きます。

「公爵様、ペネロペお嬢様をお連れしました」

「入れ」

「どうぞ」

ドアを開け、ペネロペを通す執事長。

「…」

しばらく見ないうちにずいぶん態度が変わった使用人たちに違和感と疑問を覚えながらも、今はそれどころではないペネロペ。

ドアの向こうには、義父であるエカルト公爵がきっちりとした衣服に身を包みこちらを見据えていました。

部屋に通されると、座るよう促されたペネロペ。

「今日お前を呼んだのは…」

「お父様!先にこれだけは言わせてください」

先手を取らんと、公爵の発言を妨げてまで、謝罪の言葉を述べようとするペネロペ。

「申し訳ございません!」

その場に膝をつき、以前もした土下座の体制になり、さらに続けます。

「謹慎処分を受けてなお、皇宮で騒ぎを起こしエカルト家の名に泥を塗りました」

「いや 待て」

「許して頂けるとは思っていません。自分の過ちは重々承知してます」

「何を言って…」

「どんな罰でも受けます ですから…」

「そこまで!」

このままでは埒が明かないと、エカルト公爵はペネロペを制止するため強く言葉を発しました。

(どうしよう、もうこの手は効かない?)

以前の腐った食事事件のときはこのパターンで平謝りで切り抜けたペネロペでしたが、そろそろ効果がなくなってきたかと、公爵を見上げます。

「立ちなさい。エカルトはいかなる場合でも膝をついてはならん」

「え?」

「何人たりともエカルトの人間を跪かせるなどできはしない!たとえ皇族であってもだ!」

今まで聞いたこともない激しい口調でそう言い放つエカルト公爵。

「わかったなら早く立て!」

「はっはい!」

その迫力に気おされ、ペネロペは勢いよく立ち上がりました。

(わ…私何か気に触ること言ったかな?)

「ペネロペ。お前を呼び出したのは責めるためじゃない。」

「え…?」

公爵から発せられた言葉は、

ペネロペにとって予想もしなかった言葉でした…。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第17話の感想や見どころ

兄弟たちは、ペネロペをかばい、気遣うような行動をするようになりましたね。

これも、僅かにでも好感度が上がってきたからでしょうか。

使用人たちの態度や行動も変わってきたことも、何か影響しているのかもしれませんね。

さて、エカルト公爵からの話とは一体何でしょう…??

次回、新展開がありそうですね!

\その他のあらすじ/
「悪役のエンディングは死のみ」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー