悪役のエンディングは死のみ|23話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第22話あらすじのおさらいからです。

人身売買の地下オークション会場に乗り込むことに成功したペネロペ。

そこで見た光景は、悲惨なものでした。

人々は虐げられ、人権の欠片もない売買…。

そしてステージには、メインの品であるイクリスがついに現れました。

すると、オークションの出し物の一環として、イクリスの居るステージに、狂暴化した野犬が解き放たれてしまい…?!

 

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

それでは、ここからピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第23話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第23話ネタバレあらすじ

襲い掛かる野犬

恐ろしい形相をした野犬は、唸り声を上げ、獲物であるイクリスににじり寄ります。

イクリスは、その野犬を睨みつけ、威嚇しますが、その額にはうっすらと冷や汗が流れます。

 

(な…何これ、どうなってるの?)

手に持てる武器は細い木剣のみ、防具も何もつけず、しかも両手は手錠で拘束されている状態…。

 

(あのままじゃ食い殺されちゃう!)

ペネロペは、今すぐ買うと叫ぶべきか迷います。

 

その瞬間、一匹の野犬が牙をむき出しにし、イクリスにとびかかりました。

イクリスも、野犬の動きを目で捉え、木剣で刺し殺します。

 

(すごい…攻撃をかわしつつ、木剣だけで迎え撃ってる。)

次々に野犬を撃破し、ついに最後の一匹も木剣で倒しました。

 

会場は、あまりの戦いっぷりにシーンと静まり返りましたが、すぐに歓声とともに拍手が巻き起こります。

 

「さあいかがでしょうか!奴隷イクリスです!」

オークショニアが声高らかに叫び、会場を沸かせました。

 

しかし、イクリスの暴走は止まりません。

暴れ、会場の裏方に切りかかろうとします。

 

しかし、イクリスの身体が急にピタリと止まり、その場に倒れ込みました。

「…フゥ、血気盛んな奴でして…扱いは容易ではありませんが、安全装置があるのでご心配なく。

 

…では50万ゴールドから入札スタートです!」

スポンサー

「命がかかっているんだもの。」

オークショニアの掛け声とともに、イクリスの落札が始まりました。

次々と手を挙げ、50万ゴールドからスタートしたイクリス。

 

今までの奴隷とはあきらかに値段が違ういます。

400万…600万……900万と、どんどん跳ね上がり、ついに1千万ゴールドでの落札者が現れました。

他に落札者が現れなければ締め切りを宣言するオークショニア。

 

「1億。」

「…!?」

奥で黒いローブをかぶったペネロペが、1億での落札を宣言したのです。

あまりの額に、一瞬オークショニアも耳を疑い固まります。

 

他に1億以上の落札者は現れず、ペネロペがイクリスの落札者となりました。

(最初から最高値の10倍を提示するつもりだった。命がかかっているんだもの、1億だろうが、10億だろうが─喜んで払ってやる。

1億で落札したペネロペ。

落札後、ペネロペは地下にある収容室のような薄暗い空間に通されました。

「どうぞこちらへ」

案内人が重そうな扉をゆっくりと開けると、そこには牢の中で繋がれたまま、為す術もなく鞭打ちを食らうイクリスの姿がありました。

 

(ひどい…ずっとこんな扱いをされてたの?ゲームの展開より早く来て正解だった。だって遅れていたら…)

一刻も早くイクリスを救い出したいペネロペ。

 

「…代金は白紙小切手でお願い。エカルト公爵家に請求してちょうだい。身元の保証はボタンで十分よね。」

「はい!かしこまりました!」

支払いの手続きを済ませると、オークショニアから赤い宝石のついた指輪を渡されました。

 

「こちらをどうぞ。」

「何?」

 

「あの商品の主人である証でございます。奴隷がつけているチョーカーには麻痺の魔法がかかっておりまして、指輪を押すと電流が放出されて一瞬で奴を制圧できます。」

(舞台で使ったのもこれだったんだ…)

使いすぎると命が危なくなる旨を説明し、オークショニアはペネロペに指輪を渡そうとします。

 

すると、いままでイクリスを鞭打っていた男が悲鳴を上げました。

みると、両手が拘束され身動きがとれないはずのイクリスが、まだ自由に動かせる両足で、男を締め上げているのでした…!

 

 

ここまでが、「悪役のエンディングは死のみ」23話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第23話の感想や見どころ

「悪役のエンディングは死のみ」23話では、なんとかイクリスのピンチを救うことができ、一安心ですね。

それにしてもほぼ半裸の状態で木剣のみで野犬と渡り合うとは、イクリスの戦闘力やいかに…!?

無事落札したペネロペでしたが、ペネロペが呟く言葉で、“命がかかっている”と言っていましたが、“イクリスの”ではなく“自分の”という意味なのでしょうね。

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第24話では、イクリスのその後の展開や、ペネロペとの初対面など期待が膨らみますね!

それでは次回またお会いいたしましょう!

 

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー