悪役のエンディングは死のみ|3話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

職場で勧められてドハマリした乙女ゲーム。

隠しエンディングのあるハードモードをクリアしようと、何度も死亡エンディングを繰り返してはリセットし、再スタートする主人公。

しかし、そのうちに疲れて眠ってしまいました。

そして、朝になり目を覚ますと…

なんと、先程までプレイしていたゲームの悪役であるペネロペ・エカルトになってしまっていたのでした!

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第3話のあらすじをどうぞっ!

\その他のあらすじはこちらから/
全話あらすじリストはこちら

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第3話|あらすじ

追い込まれるペネロペ…その時…

「2回とも選択を間違えてゲームオーバーになった…。今 私はゲームの世界にいるんだ」

何が起こっているか完全に理解する主人公。

メイドに、生ごみのように腐った食事を出されるペネロペ。(中身主人公)

 

目の前には

  1. 「料理長はどこ!?」
  2. 「あんたが先に食べたら?」
  3. 「(食べる)」

 

という三択が迫られており、

すでに1番と2番の選択肢は選んだ事があるペネロペは、どちらも最終的に死ぬ運命にあると知っている為、止む無く「食べる」の選択肢を選ぶしかありませんでした。

(これは現実 チャンスは1回きり)

そして

3「(食べる)」

の選択を押した瞬間…

ペネロペの身体が勝手に動き始め、自由がきかなくなりました。

突然の事に理解が追いつかないペネロペ。

どうやら、一度選択をしてしまうと、その後取り消し・または選択肢に沿わない行動ができなくなっているようですね。

「うっ…!」

ペネロペは苦しそうにあきらかに腐ったスープを口にしてしまいます…。

(冗談じゃないわ、こんなの食べ物じゃない!)

苦しそうに顔を歪めながらも、一度決定した選択肢をキャンセルする術もなく、手を止められずに腐った食事を口に運んでしまうペネロペ。

どんどん青ざめていきます。

苦しそうで見ていられません…(´;ω;`)

その時…

「何してんだ?」

スポンサー

レナルドと公爵家

突然現れ、声をかけてきたのは公爵家の次男である、レナルドでした…!

ピンクの髪

不機嫌そうに顰められた眉

腕を組み扉の前に佇むレナルド。

淡いブルーの瞳はペネロペを見つめます。

しかし、それどころではないペネロペは、吐き気に口を押えながら

「うぅっ!」

と呻く事しかできません。

様子がおかしい2人を不審に思い、扉に立っていたレナルドが傍に歩み寄ります。

一方ペネロペは苦しみながら、悪役令嬢になる前の自分の暮らしを思い出していました。

──床に落ちて無残に散らばった食事…。

「悔しいなら親父にいいつけろよ できないだろう?」

「親父はお前なんかに興味ねえもんな」

「お前は俺らの本当の家族じゃないから」

──2人の兄の存在

家でも学校でも主人公へのひどい虐待は続いていたようです。

壁に寄りかかり蹲る以前の主人公の姿が…。

(あいつらのせいでどれだけお腹を空かせてきたか…なのにゲームの中でまで…!)

依然として苦しむペネロペに、

「おい、大丈…」

と心配そうに声をかけるレナルド。

と、顔を覗き込ませると

その視界に入ってきたのは腐ったスープとパンでした。

すぐに何が起こっているかを察するレナルド。

「…おい」

レナルドの声が低く響きます。

ビクッと身体を強張らせるメイド。

「コイツに何を食わしてんだ?」

冷たい目線が、腐った食事を出したメイドに向けられます。

あわてて弁解しようとするメイドの言葉には耳を貸さず、机を叩いて怒りを露にするレナルド。

「公爵家を舐めてるのか?今すぐここから失せろ」

冷たく言い放ち

他の使用人に、そのメイドを幽閉するよう命じました。

ペネロペの選択肢…そして…

「お前、大丈夫か?出されたからって素直に食うなよあんなもん…」

苦しみ、座ったまま俯くペネロペに声を掛け、肩に手を伸ばし、心配そうにするも少し飽きれた表情のレナルド。

ペネロペはというと、助けてもらったはずのレナルドを睨みつけます。

それもそのはず

(…食べなきゃ今頃あんたのせいで死んでたわよ)

第二の選択肢を選んだ際に、次男に殺されるエンドを知っているペネロペは皮肉にもこう思います。

しかし選択肢がないため、その事を口にすることはできませんでした。

レナルドのおかげで一件落着かと思えましたが、悪役令嬢といえど、一応公女であるペネロペがこんな扱いを受けるわけがない…

メイド一人ではなく、仕様人全員がグルであると気付くペネロペ。

そして、また公爵家もその事を傍観していると察しているようです。

「顔色が悪いぞ?医師を呼ぶか?」

と、自身の呼び掛けに対し反応しないペネロペの体調を気遣うレナルド。

そりゃあ…腐ったスープ飲んだら顔色も悪くなるわ(笑)

その時、また3つの選択肢が表示されます。

  1. 「放っといて」
  2. 「いいから出て行って!」
  3. 「善人ぶらないで」

なんとも悪役令嬢らしい台詞の三択ですねw

(この世界について何も知らなければその気遣いに感謝していただろうけど)

(それが心にもない言葉だってことを私は知っている

そして、ペネロペが選んだ選択肢は…

「放っといて」

気遣うレナルドに対して、ペネロペは冷たく言い放つのでした…。

スポンサー

「悪役のエンディングは死のみ」第3話の感想や見どころ

と、ここまでが「悪役のエンディングは死のみ」第3話のあらすじでした~♪♪

少しずつこの世界でのルールや、人間関係等明らかになってきましたね!

ペネロペを庇う次男・レナルドとの今後の関係や、他の兄弟の存在なども気になるところです!

このゲームの世界で、選択肢以外の行動が取れない状況でどうストーリーが展開し、ペネロペ自身が何を選択していくのかが見所ですね♡

それでは、ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第4話でまた会いましょう♪

\その他のあらすじ/
「悪役のエンディングは死のみ」
全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

[sc name=”bottom”]
スポンサー