悪役のエンディングは死のみ|36話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第35話あらすじのおさらいからです。

ヴィンターから、依頼していた情報を無償で提供する代わりに隠し部屋のことを秘密にしてほしいとお願いされたペネロペは、その理由として隠し部屋が魔術師の孤児を隠す部屋であることを聞きます。

魔術師は反魔法団体によって脅かされており、ヴィンターもそのことを理由にしてか魔術師であることを隠していました。

 

ペネロペは秘密を守ることを受け入れたものの、ヴィンターの情報提供を断り、代わりに調査した男性にお礼の品を渡して欲しいと頼みます。

ヴィンターの好感度が上がり、隠しクエストをクリアしたペネロペは報酬の「魔術師の助け 1回」を得るとヴィンターの店を後にしました。

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

それでは、ここからピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第36話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第36話ネタバレあらすじ

デリックとの遭遇

ヴィンターの店から外に出たペネロペは帰る手段がないことに気が付き悩んでいました。

店を出る前にヴィンターの助けを借りることはないと宣言してしまったため店にも戻りづらく、家までの遠い道のりを自力で帰らなければなりません。

 

仕方なく大通りに出て馬車を捕まえようとしたペネロペは、ある騎士から身分証明書を提示するように促される街の人を目撃します。

その騎士の鎧はペネロペにとって見覚えのあるものでした。

 

「祭りの期間中取り締まりの強化を命じられました。ご協力願います」

そう話す騎士の肩にペネロペはあるものを見つけます。

 

(あれはエカルト家の紋章!?)

はっとしたペネロペが周囲を見ると、そこにはワサワサとエカルト家の騎士がいました。

 

(公爵家の騎士を仕切っているのはデリックだから近くにいるかも。こっそり家を抜け出したのがバレたら…!)

慌ててマントで顔を隠していると、デリックがペネロペの傍にいた騎士たちの元へ来てしまいます。

 

(落ち着こ…きっとこの仮面のことなんか忘れてるよ。うまく人混みに紛れたら…)

ハラハラしながら路地に隠れたペネロペでしたが、意を決して路地から出ようと顔を出したところでデリックと目が合ってしまいます。

 

「……お前」

眉間にシワを寄せたデリックが口を開くと、ペネロペは一目散に走りだしました。

 

(あぁもうどうにでもなれ!)

そうして辿り着いたのは先ほど出たばかりのヴィンターの店でした。

 

「「助けて」!!」

魔導士の助けを発動する言葉を叫びながら扉を勢いよく開いたペネロペに、ヴィンターは目を丸くします。

ペネロペが息を切らしている間、ヴィンターは混乱したままです。

 

(なんでまだそこにいるの…)

開け放った扉の目の前にいたヴィンターに、ペネロペは恥ずかしさを感じるのでした。

スポンサー

ペネロペのお願い

「…とりあえずお入りください」

「コホン、まださっきの話は有効かしら?」

気をとりなおしたペネロペは咳払いをすると、先ほどヴィンターと交わした助けてもらう約束が使えるのか確認します。

 

「あ…もちろんです」

「今すぐ私をへミルトン街に連れて行って」

ペネロペの言うへミルトン街は、エカルト公爵邸の目の前の通りのことでした。

 

(もしデリックが家に戻って私がいないのを確認したら…今度こそ餓死しちゃう。何としてでも先回りしなきゃ!)

デリックと目が合ってしまったペネロペは、デリックより先に帰ることを優先し、ヴィンターに家まで送って欲しいとお願いしに戻って来たのです。

 

「祭りで混んでて馬車が捕まらないの」

「ひとりでここまで来られたのですか?護衛は?」

ヴィンターからの質問に、ペネロペの頭にはイクリスが思い浮かびますが、

(私の護衛は慎重に扱わないといけないんでね)

と、口には出さずに返しました。

 

「誰にも秘密の1つや2つはあるものよ」

そう言ったペネロペにヴィンターは何かを感じます。

 

「手を乗せてください。少しめまいがするかもしれません」

ヴィンターから差し出された手にペネロペが手を乗せると、システムウィンドウが開きました。

 

◆SYSTEM◆

「魔導士の助け 1回」使用

へミルトン街に移動するよ!

 

それを目にしたペネロペは瞬く間に光に包まれて、へミルトン街へと移動するのでした。

知らないふり

(あれ?ヴィンターの魔法で移動したのに…システムで瞬間移動した時の感覚に似てる…)

すっかり暗くなったへミルトン街に到着したペネロペは、移動の感覚に違和感を感じていました。

 

「もう離して大丈夫ですよ」

「え?何を…」

「私の手です」

ペネロペは無意識に移動が終わってからもヴィンターの手を握り続けていたようです。

慌てて手を離しヴィンターからも離れました。

 

「…ありがとう助かったわ」

「いいえ、借りを返せて嬉しいです」

「これで信頼は取り戻せたわね」

ペネロペはヴィンターに言います。

 

「それでは今後も我が商会をご利用くださるのですか?」

「さあ。私たちがまた関わることがあるかどうか」

(まさか自分の正体がバレてるなんて夢にも思ってないよね。…なら最後まで知らないふりをしたほうがいい

ペネロペは突き放すように言うとヴィンターに背を向けました。

 

(一緒にいてもお互いプラスにならない…秘密だらけの関係)

「さようなら」

その言葉にかぶせるようにヴィンターにが口を開きます。

 

「…レディーが依頼した物をお届けしたあと、彼から返事をもらった場合…

ヴィンターの視線は真っすぐにペネロペを見つめていました。

 

「それをお伝えに行くのはよろしいでしょうか?」

「いいえ」

ヴィンターの申し出をバッサリと断りペネロペは家へと歩きだします。

立ち尽くすヴィンターの頭上にはまたわずかに好感度が上がった15%の表示が光っていましだ。

 

「…抜け穴が確かこの辺にあったんだけど…」

しゃがみ込み茂みを探るペネロペの背後に一つの影が忍び寄ります。

 

「ペネロペ・エカルト。やはりお前だったか」

振り返ることなくうろたえるペネロペの背後にはデリックが立っていました。

 

ここまでが、「悪役のエンディングは死のみ」36話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第36話の感想や見どころ

「悪役のエンディングは死のみ」36話では、帰ろうとしたペネロペがデリックに見つかってしまいました。

せっかくヴィンターに瞬間移動してもらったのに…と言いたいところですが、ヴィンターの好感度がなんと15%まで上がりましたね。

ペネロペに秘密があるとわかった時も好意的な反応をしているようでしたし、今後も協力者になってくれるといいのですが、ペネロペ自身は距離を置きたい様子です。

それはさておき、デリックに見つかってしまったペネロペはこの場をどうやり過ごすのでしょうか?

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第37話では、ペネロペはの機転に注目です!

 

それでは次回またお会いいたしましょう!

 

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー