悪役のエンディングは死のみ|60話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第59話あらすじのおさらいからです。

ペネロペに剣を抜いたカリストと駆け付けたデリックが話をしていると突如会場から悲鳴が上がりました。

 

悲鳴の先に現れたのはひよこのような姿の巨大な魔物。

そしてその魔物はカリストの命を狙う異教徒たちが仕向けたものでした。

 

カリストが魔物を一刀両断したものの、魔物は倒れるどころか分裂し、会場はさらに混乱に包まれます。

そんな中、立ち尽くすペネロペは逃げ惑う人々の中にヴィンターを見つけ……。

 

\その他のあらすじはこちらから/

[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

それでは、ここからピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第60話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第60話ネタバレあらすじ

絶体絶命

会場では剣を持ったレナルドとデリックが魔物を倒すべく立ち向かっていました。

しかし魔物は切っても切っても分裂するばかりでキリがありません。

 

ヴィンターを発見したペネロペは、離れた所からその姿を見ていました。

 

魔術師であるヴィンターがどうやって検問を突破したのか?

それよりもどうして魔物から逃げないのか?

 

不思議に思い見ていると、ヴィンターが上着の内側に手を入れていることに気がつきます。

 

(あ……杖を使って人々を助けるか迷っているのね……)

魔術師が迫害されているこの世界で、魔法を使って正体がバレてしまうことは危険と直結することでした。

それでも人々を助けるために、自分を犠牲にするのかとペネロペはヴィンターを見つめます。

 

次の瞬間、ヴィンターは意を決したように杖を取り出そうとしました。

咄嗟にペネロペは止めようと声を発しますが、それは誰かの声によって遮られます。

 

「ペネロペ!!」

 

声に振り向いたペネロペの目の前に、あの巨大な魔物が迫っていました。

 

それによってヴィンターもペネロペに気がつきます。

レナルドが「逃げろ!」と声をあげ、デリックとカリストもペネロペの方を見ました。

 

その時、ペネロペの視界にシステムウィンドウが現れます。

 

◆SYSTEM◆

クエスト

「危険から人々を救え」

を進める?

スポンサー

大きな報酬

表示されたのは先ほど進行を拒否したクエストと全く同じ内容のもの。

しかし、周囲の人間や自分自身に危険が迫った今、ペネロペは覚悟を決めました。

 

(結局こうなるのね)

観念したペネロペはSYSTEMに答えます。

 

◆YES

 

するとペネロペは流れるように石弓を構えました。

魔物に石弓を向け魔法効果の付与された玉を放つペネロペ。

 

玉が命中した魔物はけたたましい叫び声を上げると、またたく間にしぼんで消えていきます。

突然のことに会場中の視線がペネロペに集まっていました。

 

「エカルト家の公女が魔物を……?」

(体が勝手に動いていた!?)

 

周囲の人間はもちろん、ペネロペ自身も訳が変わらず混乱していました。

しかし分裂した魔物はほかにもいます。

会場であがる悲鳴に応えるようにペネロペの体は勝手に石弓を操り、次々に魔物を倒していきました。

 

魔物を連れてきた異教徒は慌てて一斉にペネロペを襲わせますが、ペネロペはとうとうすべての魔物を撃ち抜きます。

魔物がすっかり消え去る頃には、ペネロペは息を切らし手も震えていました。

 

(こんなの拷問よ! 練習のときは持つだけでも大変だったのに!)

疲れ切ったペネロペがうなだれていると、周囲から拍手が上がり始めます。

 

「すごい! 公女が魔物を倒したわ!」

「感謝する! 命の恩人だ!」

 

突然の拍手喝采にペネロペが驚いていると、またしてもシステムウィンドウが現れました。

 

◆SYSTEM◆

クエストクリア!

全攻略対象の好感度 +5%

名声 +50 (TOTAL:80)

 

(クタクタだけど……この報酬なら悪くない。少なくともすぐに死ぬことはなくなったから)

そう考えるペネロペの視界には攻略対象たちの好感度が捉えられていました。

 

カリストは9%、レナルドは27%、デリックは30%、そしてヴィンターが20%。

それぞれの頭上に好感度が浮かんでいます。

 

(みんな私をぼーっと見てる。主人公のイヴォンだったら真っ先に駆け寄ってきたでしょうね)

鳴り止まない拍手の中でペネロペは考えていました。

 

(でもいいの。私には心に決めた人がいるから)

そう考えつペネロペの心に浮かぶのは、イクリスの姿。

イクリスの好感度は60%になっていました。

騒ぎのあとで

「魔法に弱い魔物だったようです。狩猟大会には魔術師や殺傷用魔法道具の持ち込みを禁止していたので、そこを突かれました」

騒ぎが落ち着いたあと、カリストは騎士達から報告を受けていました。

 

「検問に加え、宴会の場に魔法武器を持ち込む人間がいるはずないと踏んだのだろう。狩り用の補助魔法がかかった石弓にやられるとは思っていなかったようだな」

カリストが横目でペネロペを見ると、ペネロペはビクリと反応します。

 

「なぜ遅れた?」

「会場周辺に結界が張られていました。急いで皇宮魔術師を呼びましたがあまりにも協力な結界で……申し訳ございません」

そこまで聞いたカリストは今度は捕らえられた異教徒を見ました。

 

「やはり、あいつらの仕業と言うことか」

後ろ手に縛られた異教徒は悔し気に顔を歪めるのでした。

 

ここまでが、「悪役のエンディングは死のみ」60話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第60話の感想や見どころ

「悪役のエンディングは死のみ」60話では、ペネロペが華麗に魔物を倒すところが描かれました。

システムのおかげでスムーズに討伐できたようでしたが、命を落としてもおかしくない場面です。

ペネロペが無事で本当に良かったし、名声を得ることでこれからの生活もぐっとしやすくなるのではないでしょうか。

攻略対象があっけにとられてしまうのも仕方ないほどの石弓さばきでしたが、ここまで注目を集めたペネロペにこれからどう接してくるのか気になりますね。

61話では、それぞれのキャラの動きに注目です!

それでは次回またお会いいたしましょう!

 

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー