悪役のエンディングは死のみ|69話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第68話あらすじのおさらいからです。

猛獣エリアに迷い込んだペネロペを大熊が襲うその瞬間、「伏せろ」と声を掛け助けてくれたのはなんとカリストでした。

カリストは一瞬のうちに熊を仕留めると、熊の頭を切り落としてペネロペに渡そうとします。

 

血や死体が苦手なペネロペはそれを嫌がりますが、カリストはアミュレットのお礼だからと譲りません。

するとそこに雨が降ってきました。

 

雨に嫌な思い出のあるペネロペは雨が強くなる前にその場を離れようとしますが、カリストはペネロペが濡れないようにに上着をかけてやり……。

 

\その他のあらすじはこちらから/

[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

それでは、ここからピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第69話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第69話ネタバレあらすじ

贈り物の効果

すっかり強まった雨の中に、ペネロペとカリスト、そしてカリストの乗ってきた馬が立っていました。

カリストは馬に切り落とした熊の頭を乗せ自分もまたがると、ペネロペに一緒に乗るように言います。

 

「歩いていたら猛獣のエサになる前に風邪を引く」

そう言ってペネロペに手を差し伸べるカリスト。

 

「そのマントには防水と防寒の魔法がついているから、そのままかぶっていると良い」

「私が使っていていいんですか? 殿下は……」

「心配ない。嫌なら歩いて帰るか?」

「嫌じゃないです。……ありがとうございます」

 

そうしてペネロペがカリストの手を取るその瞬間……。

 

どこかから飛んできた矢がカリストの胸に刺さりました。

大きく体勢を崩して馬から落ち倒れ込むカリストにペネロペは駆け寄ります。

 

「殿下!」

声を掛けるものの返事はなく、カリストの顔色は青ざめていました。

 

(目の前で、人が死ぬ……。怖い)

「殿下! しっかりしてください! ……お願い……」

恐怖と混乱の中でペネロペは必死に声を掛けます。

 

(ただのゲームでしょう? なんで……)

「目を開けて!」

「うるさい」

呼びかけのおかげか、目を開いたカリストは体を起こすと自分に刺さった弓に手を伸ばしました。

 

「そんなに騒ぐな。死んでいない」

「殿下!」

攻略対象であるカリストがそう簡単に死んでしまうはずがないと思いながらも、あまりにも生々しい光景に恐怖を感じていたペネロペは安心した様子でカリストを呼びます。

 

「どうやらプレゼントのおかげのようだ」

カリストはそう言うと自分に刺さった矢を勢いよく引き抜きました。

 

「ちょっと! そんな乱暴に……!」

「よく見ろ」

「これって……」

 

抜かれた矢の先には、なんとペネロペが贈ったアミュレットが刺さっています。

このアミュレットがカリストを守ったのでしょう。

 

「高度な防御魔法が付いていたようだ」

アミュレットにかかった魔法は一度きりなのか、矢の刺さったアミュレットはシュウシュウと煙を上げています。

 

「これを持っていたから……」

「ああ。一瞬でも慕ってくれていた人からのプレゼントだからな」

「その話はもう……」

 

二人がそんなことを話していると、何かを見つけたカリストがペネロペを守るように腕を伸ばしました。

驚くペネロペのすぐ横を矢が通り抜けていきます。

 

「皇妃の差し金か……懲りないな……」

 

忌々し気につぶやくカリスト。

二人がまだ安心できる状況にいないことだけは確かでした。

スポンサー

迫りくる追っ手

「立て。行くぞ」

「私もですか?」

二人で逃げるというカリストに、ペネロペは命を狙われているのはカリストなんだから置いて行ったらいいと返しました。

しかし、カリストはペネロペを抱え上げると強引に馬に乗せます。

 

「連中が目撃者を放っておくはずがない」

そう言って馬に乗ったカリストは急いで馬を走らせました。

 

雨が降りしきる森の中、暗殺者たちからの攻撃をよけながら二人が乗った馬は駆けていきます。

カリストが巧に馬を操ることで何とか攻撃をよけていくなか、ペネロペはカリスト越しに後ろから追ってくる暗殺者たちを見ていました。

暗殺者たちの弓から次々と矢が放たれ、カリストがそれを剣で叩き落してしのぎます。

 

「公女、危険だから動くな」

(カリストが、緊張してる)

ペネロペは、自分を支えるカリストの片腕や言葉からその緊張を感じ取っていました。

 

(暗殺に巻き込まれるなんて。雨が降り出してすぐに逃げればよかった。攻略対象でも重傷を負う可能性はあるし、もちろん私も……)

先程カリストが矢に倒れるところを見たせいか、ペネロペはまた恐怖を感じ始めます。

 

(この世界は……私にとって現実だ)

新たなエピソードクエスト

(どんどん近づいてくる。黒い覆面に狩人の服……。どう見ても暗殺者だわ……)

ペネロペはふと、カリストはこんな状況に慣れているのだろうかと考えます。

こんなことが日常茶飯事なのか……そう考えていると、突然目の前にシステムウィンドウが現れました。

 

◆SYSTEM◆

~メインエピソード~

「暗殺者から皇太子を守れ!」

※暗殺者20人を倒そう

報酬:カリストの好感度+10%、名声+50、暗殺者の証

 

(また!? しかも20人もいるの?)

その人数の多さに驚くペネロペですが、報酬も見逃しはしません。

 

(ハードモードで好感度が10%も上がるチャンスはそうそうない。前夜祭のときと同じメインエピソードなら、今回も……!)

 

「動くなと言っているだろう」

「殿下、今度は力になれそうです」

動き出したペネロペをカリストが叱りますが、ペネロペは次の瞬間には石弓を構えていました。

 

(システムが手伝ってくれる!)

 

ここまでが、「悪役のエンディングは死のみ」69話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」第69話の感想や見どころ

「悪役のエンディングは死のみ」69話では、雨の中での暗殺者との攻防戦が描かれました。

20人を相手に逃げていたカリストはすごいですね。

しかし、公女という守らなければならないものを連れて、これ以上の戦いは難しいはずです。

そこで現れたシステムウィンドウ!!

メインエピソードなら熊の時のように失敗することもない! ……と、思いたいです!

またペネロペは石弓によって窮地を切り抜けることができるのでしょうか?!

それでは70話も乞うご期待です!

 

\その他のあらすじはこちらから/
[悪役のエンディングは死のみ]全話あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「悪役のエンディングは死のみ」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー