CATEGORY

廃妃に転生した私は小説を書く

廃妃に転生した私は小説を書く|69話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」68話のおさらいからです。   皇貴妃は、自分をさらった犯人が、月曼金だと気づきます。 彼の目的を聞き出そうとしましたが、胡麻化されてしまいました。 「一度逃がした相手、次こそは、どんな手を使ってでも・・・」 陛下が助けに来た為、そう言い残して、去っていきます。 倪弗が陛下だと言うことにも、気づき始めた妃、これから一体、どうするのでしょうか? \全 […]

廃妃に転生した私は小説を書く|68話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」67話のおさらいからです。   皇貴妃は、ひょんなことから、倪弗が宦官ではないと知ってしまいます。 家令を問い詰めますが、本当の真相にはたどり着けず、倪弗が何者なのか分からずじまいに終わりました。 その後、馬車で出かけたのですが、何者かの襲撃を受けてしまいます。 気づいた時には、目隠しされ、男に捕まっていました。 妃はどうなってしまうのでしょうか・ […]

廃妃に転生した私は小説を書く|67話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」66話のおさらいからです。   神の料理人が大成功に終わり、商人たちの間で話の中の料理が流行り始めます。 皇貴妃は、倪弗と蕊慧を連れて、街中へ視察に向かいました。 道中、男3人組から奇襲を受けます。 その時に、倪弗が切り付けられてしまい、ケガをしてしまいました。 ケガの看病の際に、倪弗が宦官ではないことにようやく気付きます。   \全話あ […]

廃妃に転生した私は小説を書く|66話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」65話のおさらいからです。   神の料理人・雷鳴山の2皿目は、大絶賛の中、幕を閉じました。 その日の夜、皇貴妃は、一人外へ出て景色を眺めていました。 倪弗がやってきて、つい自分の秘密を語って聞かせてしまいます。 空を飛べると言うと、倪弗は、否定せずに真剣に聞いてくれました。 \全話あらすじはこちら/ 「廃妃に転生した私は小説を書く」 あらすじリスト […]

廃妃に転生した私は小説を書く|65話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」64話のおさらいからです。   皇貴妃は、月曼金から勝利の報酬として、カレールーを貰います。 彼は、妃の大好物を知っているかのようでした。 屋敷に戻った一行は、カレーの試食会を始めます。 皆が高評価を出す中、倪弗だけが不満げで・・・   \全話あらすじはこちら/ 「廃妃に転生した私は小説を書く」 あらすじリスト それでは、「廃妃に転生した […]

廃妃に転生した私は小説を書く|64話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」63話のおさらいからです。   皇貴妃は、倪弗が四全家令と一緒に居るところを目撃してしまいます。 彼のことを宦官だと思い込んでおり、四全にそのことを話します。 皇貴妃の迷推理で、倪弗の正体がバレてしまうことはありませんでした。 四全とはそこで別れ、市場調査へと向かいます。 そこで月曼金と鉢合わせし・・・ \全話あらすじはこちら/ 「廃妃に転生した私 […]

廃妃に転生した私は小説を書く|63話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」62話のおさらいからです。   皇貴妃は、料理に合わせた話を聞かせることで、民衆の心を掴むことに成功します。 この計画の肝となったのが、倪弗という人物です。 舌が異常に肥えており、料理の味付けを細かく指示することができました。 一方陛下は、2か月前に皇貴妃の不在に耐え切れず、大欺腊国へと向かうことを決心し・・・ \全話あらすじはこちら/ 「廃妃に転 […]

廃妃に転生した私は小説を書く|62話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」61話のおさらいからです。   大欺腊国民は、文字すら読み書きできない人がほとんどだと知った皇貴妃。 語り手を呼び、物語を聞かせますが、物語が苦手な彼らは、語り手たちを追い返してしまいます。   皇貴妃は、民衆たちの好きそうなものを考え、あることを閃きます。 街の料理人たちを集めた皇貴妃は・・・ \全話あらすじはこちら/ 「廃妃に転生した […]

廃妃に転生した私は小説を書く|61話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」60話のおさらいからです。   大欺腊国で、宴に招かれた皇貴妃。 そこで、3千人中50人に本を読ませれば、勝ちという賭けを引き受けます。 提示された条件が気になり、街中を視察してみることに。 街の人に本について聞いてみると、本には興味がないと言われてしまい・・・   \全話あらすじはこちら/ 「廃妃に転生した私は小説を書く」 あらすじリス […]

廃妃に転生した私は小説を書く|60 話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」59話のおさらいからです。   大欺腊国へと到着した皇貴妃。 出迎えてくれたのは、月曼金です。 ひざまずいて手を差し出されますが、きっぱりと断りました。 月曼金の鶴の一声で、皇貴妃来日の宴が開かれることになります。 そのどさくさに紛れて、側仕えの花涼に、宴に来ている人物たちについて、調べさせました。   花涼がこっそり調べたことを報告しに […]