CATEGORY

廃妃に転生した私は小説を書く

廃妃に転生した私は小説を書く|138話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」137話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」137話では、沛霖、王載寅、楡槿、風公子の4人で詩会に参加しました。 皆の詩は、宮廷に送って審査することになります。 楡槿が書いた詩は、伯父の目に留まってしまいました。 しかし、そのせいで、誤解し続けている沛霖がさらに誤解を深めてしまいます。 まるで、風公子と公認の仲のような扱い・・ […]

廃妃に転生した私は小説を書く|137話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」136話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」136話では、沛霖が寒定館で、のちの王卿と運命の出会いを果たします。 沛霖は、自分の身分を気にしている彼女に、「同じ思想で世界を知りたい・・・と思うかが重要だ」と言いました。 雲遊百代のセリフを抜粋したことで、彼女の心を開かせることに成功し、2人の距離がぐっと近づきます。 前の世界と […]

廃妃に転生した私は小説を書く|136話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」135話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」135話では、皇帝陛下を欺きとおし、楡僅と陛下は2人の時間を確保することができました。 久しぶりの2人っきりの夜に、陛下の要望で、楡僅がいた前の世界での物語を語ってきかせます。 しかし、その次の日、陛下から、「楡僅のいじめを受けてショックで学校を休む」という知らせが入りました。 さっ […]

廃妃に転生した私は小説を書く|135話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」134話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」134話では、皇帝陛下に陛下との関係がバレないように、楡僅は陛下を虐めることにしました。 翌日、陛下の意向で授業がなくなり、第1皇子の指揮のもと、外で遊ぶことになってしまいます。 皇帝陛下がに2人の関係を知らしめるいい機会ですが、実際に皇帝陛下が来てしまい、お遊びでは通用しなくなって […]

廃妃に転生した私は小説を書く|134話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」133話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」133話では、陛下が楡僅の部屋にやってきて、全部演技だったということを話しました。 現皇帝にばれないようにするには、不仲ということを見せつけなければなりません。 2人だけの時以外は、陛下にやさしくしないということを心に決め、その夜は、灯篭流しを見に行きました。 翌日、家を抜け出したこ […]

廃妃に転生した私は小説を書く|133話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」132話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」132話では、風煙楼から帰ってきた楡僅と沛霖が、母親にこっぴどく怒られてしまいます。 しかし、そのおかげで、二人の間にあったわだかまりが解けてきたようですね。   次の日も、いつものように学舎へ登校した2人。 楡僅は、陛下の様子がいつもと違うことに気づき、ハス祭りに誘ってみ […]

廃妃に転生した私は小説を書く|132話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」131話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」131話では、風公子が楡僅に対して好意を示し、積極的に話しかけていましたね。 前の世界とはまったく正反対の態度で、嬉しそうに話しかけてくる姿に、まるで陛下の様だと思ってしまいました。 沛霖の好感度を上げるだけかと思いきや、それだけではないようです。 沛霖と王卿も風煙楼で、出会ってしま […]

廃妃に転生した私は小説を書く|131話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」130話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」130話では、沛霖が前皇帝陛下に許しを得て、寒定館で勉強することになりましたね。 王卿との出会いで面倒なことになるのではと危惧する楡僅。 しかし、問題はそこではありませんでした。 風将軍と風煙楼で待ち合わせていることを知り、陛下と楡僅は焦ります。 風煙楼には王卿がいるはず、そこで2人 […]

廃妃に転生した私は小説を書く|130話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」129話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」129話では、楡僅が、沛霖にプレゼントを渡し、陛下に衛家の書物を預けました。 沛霖との距離が少しずつ縮まってきたころ、風公子が京城へ戻ってくるという知らせが入ります。 風公子は、今後の流れを左右する重要人物。 楡僅と彼を接触させないように動こうとする沛霖ですが・・・。   […]

廃妃に転生した私は小説を書く|129話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「廃妃に転生した私は小説を書く」128話のおさらいからです。   「廃妃に転生した私は小説を書く」128話では、陛下に贈り物を渡すことを約束し、沛霖の贈り物の製作に取り掛かります。 翌日の授業には遅刻しますが、何とか1日で完成し、渡すことができました。 しかし、零姫と張り合う形になり、今後の人間関係が心配ですね。 夜になって、陛下と2人で子供の日のお祭りに出かけることにします。 […]