悪女が恋に落ちた時|15話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「悪女が恋に落ちた時」14話のおさらいからです。

ルペルシャ皇女に転生した主人公は、イケメンと立て続けに接触したことで精神的な衝撃受け、丸一日気を失いました。

そんな彼女を心配して、医者のロックスメイドのアリン護衛騎士のユジンが部屋を訪ねてきました。

皇女の部屋を出てから、アリンは前日に皇女を連れていたユジンを責め立てる口調で話を聞こうとします。

しかしユジンは落ち着き払った表情で、話したいことがあると何かを伝えるのです。

そこから主人公は、ロックスの言いつけによって二日間自室で安静に過ごしました。

彼女が退屈していると、ユジンが見舞うためにやってきました。

ユジンは主人公を心配し色々尽くそうとしますが、主人公は良く思いません。

なぜなら、主人公はユジンに一早くカインとの用事(戦い)をすませ、原作のような恐ろしい展開になることを避けてほしかったからです。

主人公は自分の事を気にさせないように、ユジンのことを見送るのでした。

場面は代わり、アリンと同じく主人公の世話係をするメイドのリニは、調理室にいました。

近頃はリニばかりが皇女の食事の用意をしており、コックは何かよからぬことが起こらないか心配しました。

皇女には「気に入らない者をすぐに消す」という残酷な噂があり、召使たちはいつも細心の注意を払って接していたのです。

しかしリニは、皇女の本当の姿を知っていました

皇女はリニが新人だったころからずっと、ミスをして怒ることはありませんでした

「私が思うに噂が少し大げさなだけです」

主人公が転生しなくとも、皇女は近寄りがたい所があるだけで、理不尽な人間ではなかったのです。

 

「…本当はとてもお優しい方なんです」

リニはとても穏やかな顔で、コックにそう伝えるのでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

それでは、「悪女が恋に落ちた時」15話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」15話ネタバレあらすじ

以前より近づいた主人公とユジンの距離。

「リニ、今日もお疲れ様」

主人公はリニが運んだ食事を食べ終え、ねぎらいの言葉をかけます。

 

「いいえ、必要な時はいつでもお呼びください」

リニは笑顔でそう返し、部屋を出ていきました。

 

主人公の部屋にはユジンもおり、笑顔で彼女を見送ります。

ユジンはあれから二日連続で主人公の元を訪れます。

それも主人公が処方薬を飲み忘れないよう、必ず飲む時間に合わせて来ました。

 

ユジンは相変わらずツンケンした所がありますが、以前より確実に心を開いた様子した。

例えば、主人公が彼に好意を見せると…。

 

「まあ私程の男なら無理もありません。お気持ちは理解できます」

というように、多少憎たらしい冗談を言うまでにはなっていたのです。

 

しかし、彼のおかげで主人公は退屈な療養生活を送らずに済んだのでした。

そしてユジンは、主人公が薬を飲むのを見届けてから、皇女宮の人々について話し始めます。

 

彼曰く、城の雰囲気が以前と少し変わったように感じたとのことでした。

「人数は減りましたが、顔色を窺っていた使用人たちの表情が穏やかになりました」

 

それは主人公にとって願ってもない事実でした。

もしかしたらルペルシャ皇女が悪女だという噂を覆せるかもしれないのです。

 

そもそもお姉さまは使用人たちを理由もなくいじめるような人じゃないもの!

主人公は、このまま上手くいけば噂を払拭できると喜んだのでした。

スポンサー

ユジンは自由騎士に復帰することを決める。

ユジンは皇宮の人達が変わったのは、きっと主人が変わったおかげだと呟きました。

 

そしてしばらく沈黙した末、こう言います。

「皇女様。復帰申請をしてもよいでしょうか?」

 

彼のその言葉に主人公は驚きます。

 

ユジンがなぜ自由騎士という苦労する道を選ぶのかが分からなかったのです。

一体どうして、という主人公の問いにユジンはこう答えました。

 

「心が揺れ動いたからです」

その時主人公は胸打たれ、再び興奮しかけます。

 

なんとか心を落ち着かせ話を聞いてみますが、ユジンがそうはさせませんでした。

「復帰してはいけませんか?」

彼女の反応をみたユジンはなんとなく答えを察し、悲しそうな顔をしたのです。

 

それは叱られた子犬を彷彿とさせる、切なげな表情でした。

ユジンにそんな顔をされてしまえば、主人公も断るに断れません。

 

しかし彼が自由騎士として働けば、それだけ皇宮への滞在時間も伸びてしまいます。

そこで主人公は、自分が3か月後皇宮を出る時に、護衛騎士として連れていけないか考えました。

 

それなら悲しい結末は防げるはず。

思い立った主人公は、改めてユジンの復帰を許可し手を差し出しました。

 

「さっきは…私を守ると言われたみたいで、少し驚きました」

ユジンは主人公の言葉に微笑み、口を開きます。

しかしその時です。主人公は大きく咳きこみだしました

とっさに口を押えた手の隙間からは血が流れます。

 

今日はもう帰って下さい、と主人公は隠すようにユジンに背を向けました。

ユジンは慌てて医者を呼ぼうとしますが、止められてしまいます。

 

「いつものことなので大丈夫です。だから見なかったことにしてくれませんか」

弱々しく笑う主人公に、ユジンは何も言えませんでした。

主人公はルペルシャ皇女の記憶を取り戻す。

ユジンが去ってから、主人公はベットで眠っていました。

彼女は血を吐く代償に、皇女の幼少期の記憶を取り戻したのです。

 

記憶の中の皇女は珍しく、どこか知らない広い草原を走っていました。

子供らしい笑い声の一つも聞こえませんでしたが、一生懸命走る姿がありました。

 

そして主人公は、枕の下に隠していた今後の計画表を取り出します。

皇宮を離れる時に、ユジン以外にも連れていける人がいないか考え直すためです。

 

主人公の頭にカインの姿がよぎりました。

彼は公爵という立場であり、皇太子に殺されるリスクはまだ低いです。

 

しかし、原作通りアリエルに惚れてしまえばという不安がつきまといます。

…念のため彼女に惚れこまないように手助けしなくちゃ

カインがアリエルに惚れたのは、「ある言葉」がきっかけでした。

 

大した言葉ではないにも関わらず、初めていわれたその言葉にカインは大きく心を奪われます。

 

主人公はそれを阻止するため、動いていくことを決意するのでした。

 

 

ここまでが「悪女が恋に落ちた時」15話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」15話の感想や見どころ

「悪女が恋に落ちた時」15話の見どころは、主人公とユジンの距離感です。

ユジンは純粋な主人公の好意に対して、多少難がありますが素直に返すようになりました。

彼が自由騎士への復帰を決め皇女に心を開くことで、原作とは違う運命に向かうことが期待できそうですね。

そして、カインがアリエルに惚れるきっかけになった「ある言葉」とは、一体どんなものでしょうか⁉

「悪女が恋に落ちた時」16話も楽しみです‼

 

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー