悪女が恋に落ちた時|17話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

まずは、「悪女が恋に落ちた時」16話のおさらいからです。

ルペルシャ皇女に転生した主人公は、部屋で療養する間にユジン以外の主要人物をどうしていくか悩んでいました。

 

主要人物には情報ギルド長のへレイス、イビエン令嬢、ジェインの3人がいます。

彼らは皆、アリエル皇女と皇太子に巻き込まれ、不幸な結末を迎えます。

 

しかし、主人公はまだ彼らに会ってもおらず、どんな人物かもわかりません。

そのため今の時点では、ユジンと一緒に城を出るという結論を出して終わりました。

 

一方ユジンは、メイドのアリンに皇女の様子を聞きましたが、彼女は口が堅く答えません。

しかし、現在の皇女の容態は、ユジンが魔法でみる限り最悪の状態でした。

ユジンは一刻も早く病を治さねばとロックスの部屋を訪ねますが、そこにはカインの姿もありました。

カインも皇女を助けるために、休暇を取り協力してくれるというのです。

 

そして彼らは、カインの黒属性の魔力とユジンの光属性の魔力を融合し、病の緩和方法を探すことになりました。

数日が経過し、皇女はユジン達イケメンに会えず退屈しています。

調理室から怒号が聞こえ、何事かと向かうとメイドのリニがコックに怒られていました。

 

リニは皇女が気に入ったクッキーの作り方を教えるため、夜中にこっそり調理室を使っていたのです。

皇女は勇気を出して調理室に入り、コックに謝りました。

 

そして「こうして待つだけでなく行動することが大事なんだ」と思い、何かを閃くのでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

それでは、「悪女が恋に落ちた時」17話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」17話ネタバレあらすじ

主人公はユジンたちの行方を探す。

主人公はユジンとカインに会うため、城中を探し回ります。

ただどこを覗いでも、彼らの姿はありませんでした。

 

主人公は意気消沈して、城の庭に座り込んでいました。

するとようやく、懐かしいユジンの声が聞こえてきたのです。

 

「皇女様?」

主人公が振り向くと、ユジンとカインがとてつもない輝きを放っていました。

 

しかし心の準備ができていなかった彼女は、興奮してめまいを起こします。

ユジンは慌てて倒れかける主人公を支えました。

 

会ってすぐ抱きしめられちゃった!

主人公はなんとか気を取り直し、自分は平気だと返しました。

 

そこでふと、顔を合わせていないはずのユジンとカインが一緒にいることを疑問に思ったのです。

「あの…一体どうして二人が一緒にいるんです?」

 

主人公が聞くと、カインは皇女に敬意を表しこう答えました。

「皇女様のお力になるためです。」

そしてカインは、「お時間よろしければ今からお付き合いください」と皇女を誘うのでした。

スポンサー

原作にはない、ユジンとカインの協力する姿。

主人公はカイン達と廊下を歩きながら、若干気まずくなっていました。

カインは、ロックスに病気の治療のための協力を頼まれ断っています。

 

ですから、彼がどういう意図で手伝う気になったのか分かりませんでした。

 

しかし、ユジンとカインが話している姿は、原作ではありえない光景でした。

そのため主人公は全く正反対の性格である二人が、自分の為に手を取り合ったことを嬉し思います

 

「そういえば公爵、休暇を取ったそうですね」

主人公が聞くと、カインは何でもない顔で「それが何か?」と答えます。

彼女はこれにも驚きました。

 

なぜなら、原作でカインが初めて休暇を取るのは、アリエルのためだったからです。

主人公が茫然とした表情でカインを見つめると、カインは頬を赤くしました。

 

「私も休暇が何なのかは知っているので、そんな目で見ないでください」

カインが恥ずかしそうに話すと、ユジンは思わず吹き出しました。

 

「君…笑いすぎではないか?」

「休暇を初めて使った人みたいでおかしくて…!」

二人のやりとりに、主人公はなぜか安心してしまいました。

 

よかった。私が心配しなくても二人の仲は順調なのね。

 

そして主人公は、二人と会っていない期間何をしていたのか尋ねます。

カインは、病気の進行を遅らせる方法を見つけていたと答えました。

 

「ご心配なく、副作用がない薬を作りましたので」

主人公は、あまり親しくない自分にどうしてここまでしてくれるのかと聞きます。

カインは、初めて主人公の姿を見た日のことを思い出します。

 

「あの日、皇女様はこの世に絶望し恐れる様子はありませんでした」

しかし主人公は、病気のことなどあまり気にしていないため、恐れる事なんて何もありませんでした。

 

カインはそんな主人公の姿を見て、こんなことを言います。

 

「…それなら、皇女様が皇帝の座に就かれるのはどうでしょうか?」

カインの提案に主人公は…。

「そんなことは絶対にありえません!」

主人公はカインの提案を一蹴します。

 

自分が皇帝になるなど、もし皇太子の耳に入れば瞬殺されることが分かり切っていました。

 

「公爵。私は自由に生きるのが夢です」

主人公は、皇帝の座に興味もないし、自分では身分不相応だと答えます。

しかしカインは、皇女の気持ちは理解できるとしたうえで、こう続けました。

「私は皇太子より、皇女様がその座に相応しいと思います」

さらに、皇太子を脅かすことができるのは皇女だけだと言いました。

 

話しているカインの表情は暗く威圧感があり、主人公は恐怖を感じます。

そしてユジンがカインの肩を掴んで止めるまで、彼は食い下がり続けたのです。

 

やめなさい、とユジンが睨んだことで、カインはようやく我に返りました。

 

「今の発言はお忘れください、皇女様」

主人公はカインに微笑みを返し、三人は再び歩き始めました。

 

沈黙が続く中、主人公にはカインについて理解したことが一つありました。

彼女はカインの表情や言動から、“彼が皇太子を心から嫌っている”ということを肌身に感じたのです。

 

 

ここまでが「悪女が恋に落ちた時」17話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」17話の感想や見どころ

「悪女が恋に落ちた時」17話の見どころは、カインの隠された動機です。

確かに、カインが主人公に尽くそうと気が変わるのが早かったように思います。

彼の腹の底がみえないというか、何を考えているか分からない所が少し怖いですよね。

カインとダニエル皇太子の間にどんな確執があるのか非常に気になります。

「悪女が恋に落ちた時」18話も楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー