悪女が恋に落ちた時|32話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「悪女が恋に落ちた時」31話のおさらいからです。

物語の冒頭ではイビエン令嬢の半生が語られます。

 

イビエン令嬢は幼い頃から経営の勉強が好きでした。

しかし彼女の両親は、彼女が学ぶことを許さず無理矢理結婚をさせようとしたのです。

 

それを知ったイビエンは、逃げるように家を出ていきました。

そして皇宮のメイドとして働き始め、彼女の才能を認めたダニエル皇太子に好意を抱きます。

 

ただ、彼女の恋が成就することはありませんでした。

原作でイビエンは、皇太子とアリエルが結婚してから、全てを捨てて田舎に姿をくらまします。

 

ルペルシャ皇女に転生した主人公は、せっかくの才能を失うのはもったいないと、何とかイビエンを自分側で雇えないか画策します。

そして個人商談の経営者を募集する広告を出し、彼女が応募するように仕向けたのでした。

そこから数日主人公の生活は順調そのもので、ルペルシャ皇女の記憶も13歳まで戻りました。

 

そんなある時、皇女の部屋にへレイスとカインが鉢合わせます。

二人ともお互いをよく思っておらず、険悪な雰囲気を漂わせます。

後からやってきたカインがへレイスに魔法攻撃をしかけ、へレイスは部屋を去りました。

主人公は不思議な人だとつぶやくと、カインは危険な人間だと釘をさします。

 

「気を使わせてごめんなさい。私のせいで休暇も全部使ったと聞きました」

そう言った主人公に、カインははにかみながらこう答えたのです。

 

「私は…嬉しいです。おかげで皇女様と過ごす時間が増えましたから」

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

それでは、「悪女が恋に落ちた時」32話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」32話ネタバレあらすじ

商談経営者の最終面接が始まる。

主人公は、以前募集した皇宮からの求人の最終面接を行いました。

メイド長のエマに選ばれた最終候補者は全部で5人。

 

その中には幸いなことに、イビエン令嬢の姿もありました。

面接会場は緊張で重苦しい雰囲気につつまれています。

 

初めはスラスラと答えていた候補者たちも、主人公がしたある質問に答えられませんでした。

 

「私を補佐したいと思った理由は?私の噂を知っていたら普通応募しないのに」

誰もが押し黙る中、唯一答えたのがイビエン令嬢でした。

 

「あの…正直言いますと、私がここまで来るのは無理だと思っていました」

スポンサー

イビエン令嬢の皇女への印象。

イビエン令嬢は、ルペルシャ皇女は噂で氷のような冷たい皇女だと聞いていました。

しかし実際に彼女を目の当たりにしてみると、その印象は少し違ったのです。

 

確かに目つきは鋭いですが、言われているような怒りや軽蔑心は感じられませんでした。

そのため、こうして面接するにあたってほっとしていたのです。

 

イビエン令嬢は、「自分が女だから、経営者への採用は難しいのではないか」と言いました。

皇族の秘書はほとんどが男性のため、自分の両親のように女性が働くことを許さない環境下なら不利だと考えていたのです。

 

皇女はイビエンに“正直者だ”と言い、質問を続けました。

 

「では、私の噂についてどう思っているのか聞かせてください」

イビエンは戸惑いつつも答えます。

「私は自分と関係のない人の噂はきにしません。それにもし関係があっても噂を信じたりはしません」

 

答えをきいた皇女はしばらく考えた後、イビエン以外の候補者を帰したのです。

二人きりになる皇女とイビエン。

何としてでも合格しないと。

イビエンは自分の服をぎゅっと握りしめました。

 

彼女は過去に女だからと、家の後継者にもなれず無理矢理結婚させられそうになりました。

そんな人生を歩むくらいなら、死んだほうがマシだと思っていたのです。

彼女にとっては、この面接が最後のチャンスでした。

 

そしてイビエンは皇宮を訪れた時に、メイドが楽しそうに皇女の話をする姿を見ていました。

さらに面接で実際に皇女と出会ったことで、噂はデタラメだと確信したのです。

 

私は…この方にお仕えしたい!

 

いつしかイビエンは、心からそう思う様になっていました。

 

「あなたに決めました。イビエン卿」

これがイビエンの思いに対する、皇女の答えでした。

 

微笑みながらよろしくと伝える皇女に、イビエンは涙を流します。

 

「ありがとうございます!死ぬ気で頑張ります…!」

「いや、死なれたら私が困るのでほどほどにね」

軽く冗談を飛ばしながらも、皇女はイビエンに契約書を渡しました。

 

イビエンは皇女の共同経営者として働くことになりますが、皇女はいずれ城を去るため経営者からも外れます

「でも契約内容は心配しないでください。あなたにとって有利なものにする予定です」

 

そう伝えたうえで、業務の説明を始めたのです。

スポンサー

数日後、イビエンは慌てた様子で皇女の元へ。

数日が経ち、皇女がユジン、カインと話している所に、イビエンが走ってきました。

 

「皇女様‼もう一度考え直してください!」

イビエンが差し出したのは、以前皇女が渡した契約書でした。

 

契約書には、見て疑うほどの高額な報酬が書かれてあったのです。

「商談のことで苦労するのを見越した報酬です」

主人公は申し訳なく思うのであれば、その分結果で誠意を示してほしいと伝えました。

 

イビエンは皇女の言葉に感動します。

 

「…皇女様どうかご安心を!絶対に成果を出してみせます!」

主人公は力強く意気込んで去っていくイビエンを、ほほえましく見送ったのです。

 

そして、ルペルシャ皇女の14番目の記憶が戻りました。

皇女の誕生日、部屋にはプレゼントの山ができていました。

 

その中には精巧につくられたミニサイズの皇女宮が置かれています。

「これは犬小屋です」

 

メイドのエマは、皇女が飼っていた犬の“リシャ”のために作られたものだと言いました。

リシャの家って言われると、まるで犬小屋が私の家みたいで複雑ね…。

主人公は記憶を見ながらそう思いました。

 

皇女はプレゼントに同封されていた、メッセージカードを手に取ります。

カードに書かれた内容をみた、皇女の手が一瞬とまりました。

 

そして、次に皇女が発した言葉は、とても意外なものだったのです。

 

「エマ。リシャを他の人にあげて来て」

エマは皇女の大きく目を見開き、驚きました。

 

「この犬小屋と一緒に、リシャを捨ててきて」

そこで皇女の記憶は終わりました。

 

目を覚ました主人公は、ベッドから飛び起きます。

何、今の夢…。一体…何があったの?

 

 

ここまでが「悪女が恋に落ちた時」32話のネタバレあらすじとなります。

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」32話の感想や見どころ

「悪女が恋に落ちた時」32話の見どころは、令嬢イビエンとの面談です。

イザベラは元々採用予定ではあったのですが、主人公はしっかりとイビエンの信念を理解し採用を決定しました。

彼女の謙虚さと勤勉さはとても信頼できそうですね。今まで苦労してきた分、報われるように応援したいなと思いました。

「悪女が恋に落ちた時」33話も楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー