悪女が恋に落ちた時|41話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「悪女が恋に落ちた時」40話のおさらいからです。

ルペルシャ皇女に転生した主人公は、「皇太子が自分に興味をもっている」という話を聞いて恐怖を感じます。

彼が自分に近づいて来ては、それだけ殺される危険性も高まってしまうためです。

 

そのため、自分に何も害がないことを証明するため、皇太子の誕生会でもある舞踏会に向かいます。

 

そこで主人公は、美しいドレスに喪服の黒いベールという不思議な姿であらわれます。

「誕生」を意味する宴会の場でベールを着けるのは、この世界ではタブーでした。

 

しかし、タブーとされるのにもある理由があります。

それは黒いベールを付けた場合、「相手に全面降伏をする」という意思表示になるためなのです。

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

それでは、「悪女が恋に落ちた時」41話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」41話ネタバレあらすじ

主人公の身に着けた黒いベールが意味するもの。

プライドの高い皇族が、他人に服従の意をしめすことは、とても屈辱的で稀な光景でした。

 

しかし主人公は、敗北の象徴であるベールを被り敬意を表します。

それは、これが最も印象的かつ短時間で準備のできる方法だったからです。

 

……これで、皇太子はどうでるかしら。

主人公は、皇太子の表情を伺います。

 

皇太子はしばらく皇女を見つめた後、ふっと笑いました。

これは、なかなか面白い手を使ってきた。

 

皇太子は母方の家系の身分が低く、それをコンプレックスに思っていました。

ただ、母方が功臣一族であるルペルシャ皇女が下につくことで、それを解消できるのです。

 

皇太子から見てルペルシャ皇女は、特に何かを企んでいるようには見えませんでした。

しかし、だからといって素直に受け取れるわけでもありません。

 

皇太子は皇女にこんなことを言いました。

「何か見返りを求めているというのなら、次の誕生日に私がプレゼントをしてやる」

 

皇女は下を向いたまま黙っています。

ただ、こう話す皇太子ももう一つの思惑を抱えていました。

 

彼は皇女の願いを聞くきなどさらさらありません。

あくまでこれは余興で、彼女が自分の気に食わない発言をすれば、すぐ殺せるよう暗殺者を待機させていたのです。

 

これも、じき首都にやってくる大切な彼女のため……。

皇太子はアリエルの為に、皇宮を自分だけの世界にしておく必要があると考えていました。

 

そのため、皇女の“服従”というプレゼントにも全く興味が湧きません。

ここで彼女に恥をかかせ、誰にも気づかれないよう暗殺しようと思っていたのです。

スポンサー

主人公の願いを聞く皇太子。

しかし、皇女の口から出てきたのは意外な言葉でした。

「見返りなど、私には必要ありません」

 

遠慮しなくていいという皇太子の発言に、皇女は「自分の願いは静かに暮らすことだけ」の一点張りです。

 

「ですから、もう私のことはいないものだと思ってください」

主人公はまっすぐな瞳で、皇太子に言いました。

 

皇太子は、誰にも見えないよう近くに立っていた家臣のガイルに合図を送ります。

ガイルは頭を下げ、何かを察したようです。

 

この私を刺激するなんて、普通に殺すだけじゃつまらない。

皇太子は手段を変え、皇女の考えを洗いざらい聞いた後で、屈辱を与えて殺してやることを思いつきました。

 

「願いが高価なものでなくて安心した。贈り物はありがたく受け取っておこう」

皇女は皇太子に感謝をつたえ、去っていきました。

 

彼女の後姿を見送りながら、ガイルは不思議そうにききます。

「以前とは皇女の雰囲気がまるで違いますね……。なぜ、殺さなかったのですか」

 

ガイルの質問に、皇太子は「様子を見ることにしただけ」だと答えます。

「私達もそろそろ行くぞ、ガイル」

そして皇太子はマントを翻し、会場を後にしたのです。

 

ルペルシャ皇女の衝撃的な姿に、会場の貴族たちは動揺していました。

どよめく人々の中に、静かにその光景をみていた茶髪の男がいます。

 

それは以前、ブランチェット街の酒場でヘレイスと話した、「ダニエル」と呼ばれる男のようでした。

 

彼は、暗殺ギルド長であるヘレイスのことを考えていました。

本業そっちのけで皇女につきまとったのに、この場に呼ばれないなんて哀れですね。

 

そして男自身も、ルペルシャ皇女に興味をもっていました。

リシアン・バヌスと皇帝から産まれたというルペルシャ皇女を、一度見て見たかったのです。

 

それにルペルシャ皇女……。彼女もなかなか、不思議な魅力を持っている。

ダニエルは美しい深紅の瞳を瞬かせながら、皇女の姿を思い返しました。

皇宮をでて、一人考え込む主人公。

「ふぅ……、ようやく抜け出せたわ」

会場を去った主人公は、満月の下を一人で歩いていました。

 

主人公は、皇太子の好奇心の強さを危惧していました。

元より、彼がアリエルに好意を抱いた理由も、好奇心からだったのです。

 

だから今日も、私の思惑が気になって仕方ないはず。

 

主人公は庭園のベンチにすわり、一息つきました。

そして、今度再会した時に、「二人の恋愛には自分が手を貸す」ということをはっきり伝えようと考えます。

 

皇太子の悩みはアリエルを振り向かせることだから、私の意見にも心揺らぐはず!

ふざけた提案のようにもみえますが、皇太子にとっては重要なことだと主人公は思います。

 

主人公の当面の目標は決まり、ふとダニエルのことが頭をよぎります。

今までは見つけ方が分からず後回しにしていましたが、彼女の手元にはダニエルの祖国についての本がありました。

 

そこで主人公は、彼がいつもローブを被っていた理由というヒントを得ます。

それは、原作でダニエルの目が出てくるたびに描写された“宝石眼”というもののせいでした。

 

この宝石眼は、人口精霊と人間のハーフの特徴とされています。

きいただけで神秘的……。さぞかしイケメンなんでしょうね……。

 

主人公は、未だ見ぬダニエルを思いながらも、彼が訪れるであろう酒屋「月光庭園」に通うことを決めました。

 

幸い彼を呼ぶための日記もあと2ページだし、最後まで埋めることができれば。

思い立った主人公は、自分の皇女宮に帰ることにします。

 

昨晩から何も食べていない主人公は、とてもお腹がすいていました。

そのため、皇宮についたらコックに頼んで、お肉をたくさんたべようと考えます。

 

主人公は厨房長に「栄養ととりなさい」と怒られながら、イケメン達にからかわれつつ食事をとる自分を想像します。

 

「きっと、失うものがまだ沢山あるんだろうな……」

呟く主人公の瞳には、一筋の涙が流れました。

 

そして、そんな彼女の姿を、皇太子の付き人ガイルが木の陰で見守っていたのです。

 

ここまでが「悪女が恋に落ちた時」41話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」41話の感想や見どころ

「悪女が恋に落ちた時」41話の見どころは、皇太子の反応です。

用心深い皇太子は、主人公がした服従の意思表示にも、微動だにしませんでした。

 

そんな彼が一番に悩んでいることが、「原作の主人公アリエルへの恋煩い」です。

主人公はそれに協力することが、皇太子の警戒心をとく一番の方法だと考えたのですね。

 

しかし、不用意に皇太子に近づくことは、それだけ死の危険性も高まります。

主人公は、どのようにしてこの危ない賭けを潜り抜けるのでしょうか⁉

「悪女が恋に落ちた時」42話も楽しみです‼

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー