悪女が恋に落ちた時|43話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

まずは、「悪女が恋に落ちた時」42話のおさらいからです。

 

ルペルシャ皇女に転生した主人公は、日記を書き終え人口精霊のゼンと契約します。

主人公はゼンと契約することで、自身を守ってもらい自由に行動できるようになるのです。

 

そして、ダニエルがルペルシャ皇女を標的に、怪しく動き始めます。

お互いがお互いに、それぞれの目的をもって近づき始めました。

 

二人が出会った時、物語は一体どのように展開されていくのでしょうか⁉

そして、ルペルシャ皇女の命はどうなってしまうのでしょうか。

 

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

それでは、「悪女が恋に落ちた時」43話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」43話ネタバレあらすじ

一人で酒屋へ出かける主人公。

主人公は、ユジンとカインが多忙なのを察して、ダニエル行きつけの酒屋へ一人で行くことを決めました。

 

しかし、彼女には一つだけ不安なことがありました。

それは、ルペルシャ皇女の身体がお酒に非常に弱い事です。

 

主人公は酒場に辿り着き、ノンアルコールのお酒がないか確認しますが無駄でした。

ここはおとぎの国であり、ノンアルコールという概念そのものがないからです。

 

主人公は仕方なく、一番甘そうなお酒をメニューから選び注文します。

店員は少し訝しげな顔をしましたが、主人公の選んだお酒を用意しました。

 

数日後、カウンターには酔って顔を真っ赤にした主人公の姿がありました。

彼女の視界は歪み、すでにまともな思考はできない状態です。

 

人口精霊のゼンがいるから、最悪介抱してもらえるはず……。

主人公は注文したお酒を一口飲んだだけで、くらくらする程酔っぱらっていました。

 

たった一口飲んだだけで……、私が病人だからなの?

必死に考えようとしますが、頭はうまく回りません。

 

そんな彼女の元に、一人の男が声をかけます。

「失礼します。他に席が見当たらなく、相席させてもらってもいいですか?」

スポンサー

ルペルシャ皇女に声をかける、一人の男。

主人公の朦朧とする頭に、男の魅惑的な声が流れ込んできました。

明らかに他の席は空いている様子でしたが、主人公は現れたイケメンの頼みに快く承諾します。

 

隣にかけた男は、主人公の飲む酒を一目見るや否やこんなことを言いました。

「こんなに強いお酒を飲んでしまって、大丈夫ですか?」

 

主人公は、男の言葉を聞きはっとします。

彼女が読んでいた原作に、数滴飲むだけで酔っぱらうほどの強い酒があることを思いだしたのです。

 

さっき店員の様子が変だったのも、そのせいだったのか……

主人公は、分かっていても止めてくれなかった店員に腹を立てました。

 

しかし時は遅く、主人公は既に出来上がった状態です。

机に突っ伏していた彼女は、男の方をみるとにんまり笑いました。

 

「もうすでに飲んでしまっていますから、仕方ないですよね」

主人公のくだけた様子に男はふっと微笑み返すと、自分の頼んでいた焼き鳥を差し出します。

 

なにこれ?これでも食べて私に喋るなとでもいいたいの?

主人公は男の意図がわかりませんでしたが、ひとまず差し出された焼き鳥を食べ始めます。

 

沈黙が続く空間に、主人公は男がそもそも何のつもりで話しかけてきたのか不思議に思います。

気まずく感じた彼女が、焼き鳥をもう一串拝借しようと手を伸ばしたその時です。

 

だめだ!今すぐ逃げるんだ!

人口精霊のゼンから、主人公に危険信号が送られてきたのです。

ゼンから明かされる、怪しい男の正体。

この男から強い殺気を感じる。こいつは危険だ!

ゼンはダニエルの瞳を確認し、彼が人口精霊と人間のハーフであることを見抜きます。

 

主人公はゼンの言葉を聞き、驚愕します。

 

ここは月光酒屋で、特徴的なローブを着た男。

何を隠そう、彼こそが主人公の探していたダニエルだったのです。

 

かつて私がいたロバイン王宮の記録室で、こいつを見た覚えがある。

ゼンは続けて、ダニエルの出身地であるロバイン王宮の記憶について話始めます。

 

この男はダニエル・ロバインで間違いない。すでに死んでいると思っていたが、違ったようだ。

 

ゼンはダニエルが危険な男だと、この場を去るように言います。

しかしゼンの忠告に反して、主人公は幸せそうな顔でダニエルの事を見つめていたのです。

スポンサー

ダニエルと出会い、歓喜する主人公。

「あの、何か嬉しい事でもおありで?」

ダニエルは自分をぼうっと見つめる主人公にそう言います。

 

主人公は、「おかげで酔いが目覚めた」と大喜びの様子です。

そのまま男に名前を聞くと、男は“ダン”という名前を名乗りました。

 

それなら、100%ダニエルで間違いないわ!

主人公はダニエルに対して、他の登場人物たちとは違うときめきを感じます。

 

「あなたの声も雰囲気も、とても素敵だわ」

主人公のストレートな褒め言葉にも、ダニエルは余裕の笑みで応えました。

 

主人公は原作を読み、ダニエルに秋の夜空のような印象を抱いていました。

涼しくて居心地がいいのに、どこか寂し気な秋の夜といったイメージです。

 

「あなたはまるで……秋の夜空みたいな人ね」

そういって指さす主人公に、ダニエルは面白い例えだと髪をかきあげました。

 

目的を達成した主人公は、そろそろ帰る時間だと席を立ちあがりました。

去り際、「自分の顔をよく覚えておいてほしい」とダニエルに頼みます。

 

そして、ダニエルに背を向けた主人公はこんな言葉を残します。

「あと……気づいているかもしれないですが、私の友人があなたを見たことがあるのです」

 

ここまでが「悪女が恋に落ちた時」43話のネタバレあらすじとなります。

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」43話の感想や見どころ

「悪女が恋に落ちた時」43話の見どころは、ダニエルと出くわした主人公です。

主人公は、ここに来てからずっと会いたかったダニエルとついにご対面します。

思い立って出かけた酒場で、一発目に出くわす主人公の引きの強さは流石だなと思いました(笑)

 

そして主人公はダニエルに、今までのどんなイケメンとも違う心臓の高鳴りを感じます。

ただ、一つだけ注意しなければいけないのが、人口精霊のゼンが警戒していたことです。

 

ダニエルは主人公に、一体どのような考えで近づいてきたのでしょうか⁉

そして、主人公は彼の殺意から逃れることはできるのでしょうか⁉

「悪女が恋に落ちた時」44話も楽しみです‼

\全話あらすじはこちら/
「悪女が恋に落ちた時」あらすじリスト

 

 

最後に

ピッコマ漫画「悪女が恋に落ちた時」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー