小説の中の悪女皇帝になった|63話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

漫画「小説の中の悪女皇帝になった」62話の簡単なあらすじをご紹介します。

フェリックスとジェナの活躍によってテルンの領主から女性たちを救い出すことができたユリア。

しかし、その様子を見ていた領主は「人質を渡したのだから消えろ」とユリア達を海賊と決めつけることをやめません。

 

戦う姿勢を崩さない領主に、ユリアは仕方なく攻撃を開始しました。

その結果、肩に矢を受けた領主はますます反抗的になってしまいます。

 

ユリアが本物の皇帝だと確信した騎士たちは攻撃すれば反逆になるとためらいますが、錯乱した領主は自分を守れと騎士たちを脅かし始め……。

\全話あらすじはこちら/
「小説の中の悪女皇帝になった」
あらすじリスト

それでは、「小説の中の悪女皇帝になった」63話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「小説の中の悪女皇帝になった」63話ネタバレあらすじ

もう待てない

領主をなだめすかすように、ピラターは「騎士を取り仕切る」と宣言します。

その様子はフェリックスの魔法によってユリアの目にも届いていました。

 

「領主としての責任感は少しも感じられないな」

家族を人質に取るような言い方で戦いを強制する領主に、ユリアは呆れます。

 

(他人を追い込まないと気が済まないのかした。もう扉を破るしかないわね)

今度こそ平和的な解決を諦めたユリアは、援軍がいつ来るのかとフェリックスに確認をとりました。

 

援軍の到着まではのこり30分。

 

援軍を待つ間も領主の暴走は止まりません。

今度は捕らえていた領民にユリアたちと戦えと迫り始めたのです。

 

海賊を殺せと言う領主と、反逆者になりたくないという領民、指示に従えという騎士……。

ユリアはその様子に驚き、そして息を飲みます。

 

そんな中、領民は領主には従えないと言って城の扉を開けようとしました。

しかし領主はその領民の子供を乱暴に捕まえ叫びます。

 

「命令に従わないなら、この娘の命はない!!」

 

(なんてことを……!)

援軍の到着までのこり15分。

ユリアはあまりにひどい領主の振る舞いに、援軍の到着を待たずに城に攻め入ることを決めました。

スポンサー

約束だから

「一時的に防衛を頼む。罪なき人の死を見過ごすことはできない」

「ま、まさか……!」

「それなら私に任せてください」

 

援軍を待たずに城に攻め入ることを決めたユリアにフェリックスは驚き、ユーストはユリアの代わりに攻め入ると声を掛けてきます。

しかしユリアはユーストの申し出を断りました。

 

「これは私にしかできない。確実に成功しないといけないんだ」

聞きようによっては突き放すようにも聞こえるユリアの言葉に、ユーストは悔しそうに口をつぐみます。

 

「ではいつも通り陛下と公爵、10人の騎士で、ということでよろしいでしょうか」

フェリックスがため息をつきながら言いました。

その表情はどこか呆れているような、やれやれ仕方ないと諦めたような表情です。

 

「フェリックス……」

「ボクは、陛下とした約束を信じていますから」

ユリアを、ユーストと同じくらい心配しているはずのフェリックスですが、ユリアへの信頼も同じくらい厚いのでしょう。

 

「お前ひとりだけを残したりしないと約束する」

 

幼い日にユリアとフェリックスが交わしたそんな約束。

今のユリアはその約束をしたユリアではありません。

それでも、その約束に応えるため、ユリアは剣を強く握りしめました。

 

「約束だからな」

「危険だと思ったら公爵を盾にしてください」

「言われなくてもそのつもりだ」

 

にっこりと笑うフェリックスの後ろで、むすっとしたユーストが答えます。

ユリアはそんな二人に苦笑いをこぼすと攻め入るための指示を開始しました。

拗ねるユースト

「戦闘の準備を! 私が扉を切ると同時に城へ攻め入るんだ! 全員扉から離れよ!」

そう言うや否や、ユリアは剣に黄金の剣気を纏わせます。

 

騎士たちが扉から離れると、ユリアは振り上げた剣を大きく一振りしました。

そうして放たれた剣気によって、扉は大きな音を立てて破壊されます。

 

ユリアは破壊した城門の前に立ち、震える両手を見ていました。

扉を破壊するほどの強大なエネルギーを放った両手は赤く腫れあがって、ガタガタと震えていたのです。

 

「お怪我を……?」

「心配には及ばない」

ユリアを心配するユーストに、ユリアはギュッと手を握りしめて微笑みながら答えました。

 

「そんなわけにはいきません! もしまたそんなことを仰ったら……この遠征の戦闘はすべて私に任せていただきます」

強がりを言うユリアに、ユーストは拗ねたように顔をそむけて言います。

 

(ユリアが一番したくない……“自分の仕事を人になすりつけること”を利用するなんて)

しかし、ユーストの言葉が心配からくるものだとわかるため、ユリアは素直に答えました。

 

「ユースト。心配してくれてありがとう」

 

ユーストがそんなユリアの言葉に答える前に、ユリア達の目に嫌な光景が飛び込んできます。

城門の扉を破壊された領主は、なおも「海賊を殺せ」と声を上げていました。

そしてその隣にはテルンの騎士団長・ピラターもいます。

 

「そんなに殺したいなら、自分で剣を持ったらどうだ?」

 

ユリアは領主の目前に剣の切っ先を向け言い放ちました。

 

ここで「小説の中の悪女皇帝になった」63話のネタバレあらすじは終わります。

スポンサー

ピッコマ漫画「小説の中の悪女皇帝になった」63話の感想や見どころ

「小説の中の悪女皇帝になった」63話では、とうとう扉を破壊して戦闘が始まりました。

ユリアを心配しつつ信頼を寄せるフェリックスと、同じ気持ちでありながらさらにユリアを守りたいユースト。

二人のサポートによって、戦闘がうまくいくことを祈るばかりです。

相変わらず領主が最低ですが、ピラターはどういった行動を取るのかにも注目ですね!

「小説の中の悪女皇帝になった」64話も乞うご期待です!

\全話あらすじはこちら/
「小説の中の悪女皇帝になった」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「小説の中の悪女皇帝になった」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[bottom]
スポンサー