ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」11話ネタバレあらすじや感想

これは魔術で命と引き換えに18歳の生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

皇帝の娘、ユニース公爵夫人を諭したアルティゼアはそのことで皇帝に自分への負い目を感じさせることができました。

その一方でセドリックはアルティゼアに言われたことを考えていました。

宮殿に行き、もう一度アルティゼアと話すことにします。

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」11話ネタバレあらすじ

宮殿へ向かったセドリック

宮殿へと馬を走らせるセドリックは皇帝の元へ向かいます。

部屋には皇帝と娘のユニース公爵夫人たちがいました。

「セドリック殿下がお見えです」

「セドリックが?通せ。」

皇帝の一言で扉が開き、部屋に招かれます。

「よく来たな。ちょうど休んでいたところだ。」

書斎に入ったセドリックはユニース夫人がいることに気がつきます。

「申し訳ございません。ユニース伯爵夫人がおいでとはしらず…」

「ハハハ、何をそんな水臭いことを」

ハキハキと話す皇帝はセドリックの気まずさなどキノ求めません。

「シャーロットは私の娘で、お前は私の甥であろう。従姉妹なら家族も同然だ。」

セドリックは、両親を殺した皇帝に言われた言葉に複雑な気持ちを抱きます。

「仲良くするといい、ティアともな。」

アルティゼアのことを愛称で呼ぶ皇帝。

「ローサン公爵令嬢のことでしょうか?」

「そうだ。昨晩、騎士をつけて護衛させたとな。」

「ご存知でしたか。教会で偶然お会いし、護衛を連れていなかったので。」

含みのある笑みを浮かべます。

「なら、今日こうして会いに来たこととティアの件は関係ないということか?」

まっすぐ皇帝を見つめていたセドリックは、すっと目をそらします。

「生真面目なお前もこういう面があるんだな。今日もう一度会いに行くといい。」

「姫君の件で参ったのではありません。西部軍のことで…」

競取りっ子の言葉を聞いた皇帝は表情を一変させます。

「セドリック!!書斎ではなくここへ呼んだ理由がわからんのか!?」

声を張り上げ、険しい表情で圧力をかけるように言い放ちます。

しかし、また表情を変えニッコリと笑いかけます。

「家族といる時に仕事の話は遠慮してくれたまえ。

その話は3日後に改めてしよう。そんなに案じずとも西武軍の功績は忘れんよ。」

皇帝は紅茶を注ぎセドリックに勧めます。

セドリックは、皇帝がローサン公爵令嬢とあったと聞いただけで表情が変わったことが気になっていました。

スポンサー

ローサン公爵家へ

皇帝の元を後にし、ローサン公爵家の屋敷に向かいます。

「エッ…エブロン大公殿下!」

公爵家の執事は大公が来たことに驚きを隠せません。

「姫君はいるか?」

執事はそわそわした様子でいかにも怪しい態度です。

「出かけられた…ようですが…えっと…」

そばにいたメイドが助け舟を出します。

「エンダール伯爵家の舞踏会へ…」

「ああ、そうだったのか!」

セドリックにもこのやり取りは聞こえてたはずですが、執事は言い直します。

「あいにくお嬢様はエンダール公爵家の舞踏会に行かれました。

お待ちいただければすぐ戻るように伝えます。」

執事は媚びるようにして言います。

「この家でお前は彼女よりも偉いのか?」

「はい?」

「姫君は公爵家の後継者のはずだ。なのに一介の執事が彼女に指図を?不思議だな。」

「い…いえ…」

執事はセドリックに痛いとこを疲れ、おびえながら弁明します。

「ただ、じきに若様が戻られるのでご歓談される間にお嬢様にご連絡をと…」

「私が勘違いしていたようだ。

公爵家の執事に尋ねたつもりだが、お前はローレンス今日の執事だったのだな。」

「申し訳ございません。」

ペコペコと頭をさげる執事。

セドリックはアルティゼアの言っていた意味がようやくわかりました。

セドリックと結婚し成人となることで、アルティゼアがローサン公爵家を継承し独立すること。

またそれを守ってほしいというアルティゼアの願いはこの家で立場を持てていない現状が理由でした。

その一方で

同じ頃、アルティゼアはエンダール公爵家の舞踏会に来ていました。

踊ったり、歓談する貴族の中でアルティゼアは孤立していました。

そんな中、アティヤ伯爵令嬢が声をかけます。

「浮かないお顔ですね。せっかくいらしたのに1曲も踊らないなんて。」

「誰かは飾りの役をしないとですから。」

「そんな寂しいこと…」

同情しているのか、今にも泣きそうな表情になるアティヤ伯爵令嬢。

しかし、それは彼女の性格の悪さでした。

「でも、公爵令嬢にも問題はありますわ。今日でそのドレス4回目ですもの。」

くすくすと笑いながら嫌味を言ってきます。

アルティゼアのドレスは昨日の教会へ行った時と同じドレスでした。

「紳士であってもそれじゃ公爵令嬢がいつどこで踊ったのかわかりません。」

嫌味を最大に含めた満面の笑みでアティヤ伯爵令嬢は言います。

周りにいた人たちも一緒のくすくすと嘲笑います。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」11話の感想や見どころ

皇帝の元へ行ったセドリックですが、

凱旋式についてはやはり和解はできなさそうです。

そもそも親を殺した相手に平然とできるセドリックがすごいなと思ってしまいます。

アルティゼアについて話す皇帝の表情が明るかったので

2人の関係の隔たりにはならなそうですが、

話が進んでいくと対立が見えてくるのでしょうか?

 

アルティゼアの家に行ったセドリックでしたが、

漫画の中でも初めて執事や他のメイドが出てきたので、

改めてアルティゼアの扱いが酷いことを思い出させるシーンでした。

セドリックの言葉に、読んでいて少しスカッとします。

舞踏会での扱いも酷いですから、次の話でもスカッとさせてほしいなと思ってしまいます。

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」12話は舞踏会がメインになりそうです。

セドリックがアルティゼアの元に向かうのでしょうか?

アティヤ伯爵令嬢に是非ギャフンと言わせてほしいです。

教会での話ではアルティゼアの提案に怒りを覚えたように見えたセドリックでしたが、冷静になり見え方が変わってきたようです。

2人の関係の進展に期待です!

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

 
最新の人気コミックスを電子書籍で読むならU-NEXTがオススメ!
 
初回31日間無料でお試し利用が可能です。
 
U-NEXTは悪女系の作品も盛りだくさん!!
 
 
映画、アニメ、ドラマ、漫画、ラノベ、雑誌、小説などなど
様々なコンテンツがラインナップされており、無料で見れる作品数が業界トップクラス!
 
  1. 【鬼滅の刃】や【呪術廻戦】の最新刊が無料で読める!
  2. U-NEXTなら無料お試しで600Pもらえる!
  3. 無料お試し期間が31日間もある!
  4. 無料の見放題作品や雑誌もたくさん!
  5. 女性誌有名雑誌も読み放題!
  6. 月額1,900円で毎月1,200Pもらえる!
  7. 40%のポイントバックで実質4割引で読める!
 
 
 
【U-NEXTで読める人気作品】
  • 鬼滅の刃
  • 呪術廻戦
  • 進撃の巨人
  • キングダム
  • ワンピース
  • 彼女お借りします
  • 東京リベンジャーズ
などなど
 
無料お試しでもらえる600円分のポイントで、人気コミックの最新巻や最新映画も無料!
 

\31日以内に解約で無料/U-NEXT公式サイトはこちら

スポンサー