悪女は2度生きる|21話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「悪女は2度生きる」20話までのあらすじおさらいからです。

これは魔術で命と引き換えに18歳の生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

「悪女は2度生きる」前回の20話では、セドリックがオルガの心臓を求めてホワイト家にたどり着きますがすでに宝石はなく、7年前にイッツ男爵の手に渡ったと聞かされます。

さらに、そこからカメリア夫人の元に渡ってしまったことを聞かされたセドリックは頭を悩ませますが、イッツ男爵がまだ宝石の代金を払っていないことを盾に男爵の元へ乗り込みます。

宝石がないことはわかっていたセドリックでしたが、イッツ男爵のカジノで人身売買の現場を目撃しています。

 

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

 

それでは、「悪女は2度生きる」30話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」21話ネタバレあらすじ

それぞれの仕事

セドリックは牢屋に入れられ衰弱した子供達を見て唖然とし、ます。

あいつら…一体何を…!

プレイルも子供達を見て怒りをあらわにします。

なぜこんな真似を…!こんな幼い子供に!!

 

場所は変わり、アルセディアはカメリア公爵夫人の屋敷にいました。

皇太子時代の経験がその後の統治に影響を及ぼすと聞きましたが、その通りですね。カメリア公爵夫人。

何が言いたいの?ローサン公爵令嬢。

賭博も麻薬もいいでしょう。賄賂や暴力も…貴族なんてそんなものだって民衆は見て見ぬ振りするでしょうから。

しかし子供の迫害は民衆のお怒りを買いますし殿下は嘘でも叱責せざるを得ません。

私を脅しているのかしら。

ロイガール殿下のために足を洗うタイミングをお伝えしているだけです。

2人は紅茶を飲みながら決して感情的にはならず話を続けます。

何の話かさっぱり。

カメリア夫人はシラを切ります。

殿下とイッツ男爵がつながっているとでも思ってるの?

男爵は利益のためなら賄賂を惜しまない人ですわ。いざと言う時の保険としてね。

アルセディアはニコッと笑います。

ですが、夫人のような清廉な方はまさかあの宝石が盗品だとはご存知なかったでしょう。

カメリア夫人は返す言葉がありません。

”若いのになかなかね。もっと早く会いたかったわ。”

暗に、宝石を渡してくれれば夫人やロイガール大公の名前を出さないと伝えるアルティゼアに脱帽です。

少しだけお待ちになって。

カメリア夫人は席を立ち、箱を持って戻ってきました。

こちらです。

箱の中には大きなダイヤモンドの首飾りが入っていました。

聖女オルガの心臓のためにデザインされた首飾りです。このままお持ちになって。

カメリア夫人は再び席につくと話し始めました。

私がルーデン公爵家の娘だと認められずレディーとも呼ばれなかった頃、聖なる皇后陛下をお見かけしたことがあります。

そこで皇后陛下の友人であり侍女だったペッシャー子爵夫人の家門の宝石のことを耳にしました。

こ扇う陛下は身分の高くない友人にもお優しく…宝石も褒めていて、忘れられないくらい羨ましかった。

カメリア夫人は、彼女にとって憧れでもあった宝石が卑しいイッツ男爵の元にあるのが許せませんでした。

首飾りは聖女オルガ像が行方不明なので一時的に作ったものです。

そうでしたか。

アルティゼアには、カメリア夫人が何と言おうと言い訳にしか聞こえません。

皇后絵の憧れなら早々にかえしていたはず。彼女にとって権力者になれた戦利品の一つだったのです。

用事を済ませたアルティゼアは邸を後にします。

あの方に私の想いを伝えてくださると信じています。

見送りに出たカメリア夫人はアルティゼアにそう言いました。

覚えておきます。

私たちいい友人になれそうですね。また遊びにいらして。

アルティゼア何も言わず、微笑みだけを返してカメリア邸を後にします。

”歯車が回り出した”

アルティゼアは一通の手紙でハンソン家の復活を図ります。

ついにローサン毛を手に入れる手筈が整いました。

スポンサー

2人の結果報告

次の日、セドリックはローサン邸にきていました。

ようこそお越しくださいました。エブロン大公殿下。

お嬢様のご指示でドレスルームへご案内致します。」

ドレスルーム?

ドレスルームといえば恋人同士や誘惑したい相手を招く場所で、セドリックは戸惑います。

”そういえば、私は彼女の婚約者だったな…”

そう思い出し、ほおを赤らめるセドリック。メイドの案内でドレスルームに向かいます。

とってもお似合いです~!

ドレスルームに向かうと、部屋の外まで声が聞こえてきました。

入ると、エミリーがドレスをアルティゼアに当てながら着せ替え人形のように楽しんでいました。

お肌が真っ白で何色でもよくお似合いですわ。

エブロン大公殿下がお見えです。

メイドの声を聞き、エミリーたちは頭を下げます。

お会いでき光栄です。エブロン大公殿下。

セドリックは綺麗なドレスを着るアルティゼアに目を奪われます。

そのくらいにして。

早朝から失礼します。

2時間も前に朝食を済ませたのでご遠慮なさらずに。

では、私はこれで失礼いたします。

そう言ってエミリーたちは退室しました。

急に人が得なくなり、部屋には2人きりです。

ええと…

お座りください。お茶をご用意します。

落ち着きますね。昨晩はあまり眠れなかったので。」

エミリーを相手にしてお疲れになったのではなくて?

なれないだけです…

セドリックは咳払いをし、整えます。

昨晩はいろんなことがありました。

そのことであなたに謝罪しなければ…確認したいこともあります。

どうぞ。

聖女オルガの心臓をお持ちするとの約束は守れそうにありません。

プロポーズの証として渡せないかと…

セドリックは昨日の子供達を思い出し、拳をぎゅっと握ります。

殿下…謝るのは私の方です。

え?

実は昨晩、殿下が動いている間にカメリア夫人から宝石を受け取りました。

騙してしまい申し訳ありません。

そうでしたか…やはり最初から知っていたのですね。

アルティゼアの言葉に、セドリックは肩の荷が下りたようです。

ずっと迷ってました。宝石を得るために交渉して事件を揉みすべきか、それとも宝石を諦めて事件を解決するべきか…

私がどちらを選択するか想定済みでしたか。

アルティゼアは柔らかく微笑みます。

私が殿下に好感を持つわけをご存知ですか?

セドリックはその言葉にどきっとします。

 

 
「悪女は2度生きる」21話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」21話の感想や見どころ

「悪女は2度生きる」21話は19話から続き、アルティゼアとセドリックがそれぞれやるべきことをクリアできたようですね。

アルティゼアがすべてお見通しなのは過去にも同じことを見てきたからなのでしょうか?あまり過去の描写がないのでわかりませんが、全てアルティゼアの思い通りに進んでいるようなので良かったです。

そして、今までと違いセドリックもアルティゼアも穏やかな表情で見ていて嬉しくなります。

最後も気になる終わり方でしたが22話でアルティゼアは何を言うのでしょうか?

ローサン家を手に入れる準備が整ったようですし、これからどんな逆転劇が見れるのか楽しみです。

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

スポンサー

最後に

「悪女は2度生きる」22話ではアルティゼアがセドリックのどんなところに好意を持っているのか、何を言うのかが楽しみです。21話の最後の言葉で、今ままでよりもぐっと近づいた2人の関係性が出てきたように見えます。

アルティゼアがローサン家を手に入れる準備が整ったようですし、これからどんな逆転劇が見れるのか楽しみです。

 

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー