悪女は2度生きる|39話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「悪女は2度生きる38話までのあらすじおさらいからです。

これは魔術で命と引き換えに18歳の生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

 

「悪女は2度生きる」38話では、セドリックとアルティゼアは結婚式を終え、新婚旅行に向かうために港町に宿泊していました。

披露宴が終わり、セドリックは騎士たちと二次会へと行き、アルティゼアは宿で休みながら、披露宴でのことを思い出していました。

 

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

 

それでは、「悪女は2度生きる」39話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」39話ネタバレあらすじ

流行りのネグリジェ

入浴を終えたアルティゼアはネグリジェと対面します。

ピンク色の丈の短いネグリジェは明らかにアルティゼアが普段着る物とは思えません。

 

無理よ。

アルティゼアはネグリジェから目を背けます。

 

奥様、お待ちください。最近はやりの膨らんだお袖にフリルがついて、膝上まで来るスカートの裾がまるでアサガオのように広がるんです。クルンと回ると足に巻きついてとっても可愛いんですよ。

ソフィーは誇らしげに語ります。

 

エミリーがそう言ったの?

アルティゼアはアサガオというワードに引っかかり、怪訝な顔をします。

 

本当にこれが流行りなんですよ!花嫁の寝巻にぴったりです!!

違う服を持って着て。

 

白色にしますか?水色もございます。私はピンクがオススメですが。やっぱり奥様は水色がお似合いになる気もします。

ソフィーは張り切っています。

 

ご主人様は何を着てもお気に召すはずです。絶対可愛くて色っぽいですもん!

それは戻して、前の寝巻を持って着て。

 

そんな、あの灰色の古い寝巻を?初夜なのに?

…あれが楽なの。暖かいし。

 

このピンクよりはマシだわ。

 

誰もこの新婚旅行にあの寝巻は持って着ませんよ。一家の奥様があんな服をまとっては大公家の使用人にも示しがつきません。

ソフィーは今までのアルティゼアのドレスを見た婦人たちが、不憫に思っていると言います。

 

部屋着でもガウンでもなんでもいいから他のを用意して。

衣服類はもう船に積んでしまいました。これと明朝に着る服しかここにはありません。

アルティゼアの顔が青ざめます。

 

そんなに心配なさらず~!私とマダムエミリーが力を合わせて奥様のために仕立てたんですから。

ソフィーはアルティゼアの肩を押します。

 

そうじゃなくて…

絶対にご主人様も惚れ直すと思います。

ニヤニヤするソフィーに押し負け、アルティゼアはネグリジェを着ることにします。

スポンサー

渋々着替えるアルティゼア

着替えたアルティゼアを見て、メイドたちは声をあげます。

 

まあ!とても素敵です!

 

殿下もきっとお気に召しますよ。

アルティゼアは着慣れない服に恥ずかしそうにします。

 

ソフィーとアリスはアルティゼアを寝室へと引っ張ります。

どうぞお入りください!

ちょっと待っ…

アルティゼアを寝室に押し込んだ2人はドアを閉めて出て行きました。

ろうそくで明かりを取った寝室をアルティゼアは眺めルと、ベットに目が止まります。

 

これを着てここで一緒に寝ろって?

 

アルティゼアは頰を赤らめます。

 

アルティゼアは、いつかのセドリックとの会話を思い出します。

船室は一緒に使いましょう。

 

あっ…

 

どうかされましたか?

セドリックは恥ずかしそうに目をそらします。

 

…なんでもありません。そうしましょう。

どうしてセドリック様があんな顔をしたのかやっとわかった…

花嫁が初夜に別部屋で寝たらどんな噂が立つかわからない。

 

公爵家の人間は恥じるべきこととして話には出さないかもしれませんが、エブロン家には無駄に迷惑がかかるかもしれないとアルティゼアは心配でした。

 

いや、セドリック様は服なんていちいち気にかける人じゃ…

アルティゼアは少し悩むと、シーツを体に巻きできるだけ気にしないようにと心の中でつぶやきます。

セドリックの帰宅

 

セドリックが部屋に戻る頃には、アルセディアはコクコクと眠っていました。

セドリックはゆっくりとドアを開けます。

 

遅くなってすみません。もう日付が変わりましたよね。抜けるタイミングが掴めなくて…

そこまで言いかけて、セドリックは言葉を止めます。

セドリックの目線の先には、寝ていたはずのアルティゼアがちょうど起きたところで立ち上がったタイミングでした。

あっ…

2人は目を合わせて赤面します。

 

これは…何も知らないソフィーが花嫁様の寝巻を仕立てたみたいです。変ですよね。他のものを着ようにも服はすでに荷積みしちゃったらしくて…こんな時間に荷物を下ろさせるわけにもいかず…

恥ずかしさからか、言い訳のように言葉がスラスラと出るアルティゼアですが、セドリックが止めるようなジェスチャーをします。

 

セドリックは顔をもう片方の手で隠し、恥ずかしそうに話します。

変じゃありません。可愛いと…思いました。

 

その言葉に、アルセディアはより一層顔を赤くします。

 

こっ、これはマダムエミリーが…だからその…

セドリックはアルティゼアの頰に手を添えようとします。

 

アルティゼアはそれに気づき、避けるように後ずさりしますがシーツに足を絡ませよろけて後ろにあったソファーに倒れてしまいます。

 

…!驚かせてすみません。

いっ、いえ。ベットをお使いください。私はソファで寝ます。

いえ、私がソファを使います。

 

殿下の身長じゃこのソファは小さすぎます。布団は譲れませんがベットならどうぞ。」

アルティゼアはネグリジェを隠すように布団で体を包みます。

 

…両方とも使っていいですよ。

セドリックがそう言っても、アルセディアはカチこちと固まっています。

 

…わかりました。そこまで言うならそうしましょう。

セドリックはため息をつき、仕方なくあるティゼアの言う通りにします。

 

それぞれベットとソファで寝始める2人ですが、アルティゼアはなぜかドキドキして眠れません。

 

なんでこんなに緊張するの…

 

それでも無理やり目を瞑ります。

やっぱり無理です。

え?

目を開くとベットで寝ているはずのセドリックが立っていました。

 

このままではいけませんティア。

 

「悪女は2度生きる」39話のネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」39話の感想や見どころ

「悪女は2度生きる」39話では二次会からセドリックが帰ってきました。

セドリックの帰宅前はアルティゼアがネグリジェで一悶着していましたが、こんなに恥ずかしがる可愛いアルティゼアは初めて見ました。

それを見たセドリックもまた恥ずかしそうにしていますが、二年間の約束をしているとは思えないほど可愛い2人です。

最後にセドリックがアルティゼアに話しかけていましたが、次回の40話ではとうとう一緒に寝るのではないのでしょうか?

頑なに拒んでいたアルティゼアですが、「悪女は2度生きる」40話ではどうなるのか楽しみです!

 

 

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

最後に

次回「悪女は2度生きる」40話では初夜を迎えた2人が新婚旅行に出発するのではないかと思います。

初夜とは言っても2人とも緊張してあまり眠れなかった、と言うようなことになりそうですが。

船で向かうようですし、船室は一緒にということも言っていたので初夜だけでなく新婚旅行中にも同じように押し問答が繰り広げられるのではないのでしょうか?40話も楽しみですね。

 

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー