ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」7話ネタバレあらすじや感想

これは魔術で命と引き換えに18歳に生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

教会でアルティゼアの話を聞くセドリック。

「大公殿下、私にプロポーズしてください」

6話は驚きの言葉で幕を閉じました。

セドリックはアルティゼアに”プロポーズ”するのでしょうか?

アルティゼアの思惑は一体なんなのでしょう?

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」7話ネタバレあらすじ

プロポーズ

「大公殿下、私にプロポーズしてください」

盛大に紅茶を吹き出したセドリックは咳き込みながら息を整えます。

「初対面の女子からそんな言葉を聞くとは考えていなかった。」

そんなのは当たり前のことですが、アルティゼアには未来を変えるために必要なことなのでしょう。

結婚が本当の目的ではなく、セドリックの悩みを解決するためだとアルティゼアは言います。

セドリックはアルティゼアが言う悩みが一体なんなのか考えます。

アルティゼアは、

”凱旋式について皇帝側と2ヶ月も膠着状態であり兵士が正当な待遇を受けられないこと”

それが影響し、”西武軍のみならず南軍まで組織崩壊をするのではないか”と言うことを指摘します。

そして、それを大司教に仲裁してもらうためにセドリックが教会に来たことを言い当てます。

セドリックは驚きながらも肯定し、アルティゼアの話を聞きます。

アルティゼアは、大司教に仲裁を求めるのは賢明な判断ではないと続けます。

「大司教が仲裁をしても、殿下が褒賞を諦め西武軍に手柄を回すしかありません。」

セドリックはそれでもいいと答えます。

「私に出世のための手柄など不要だ。」

それでも、アルティゼアは

「誰かしらは凱旋式の先頭に立たなければいけません。陛下は筋違いの凱旋式で論功行賞に不満を抱かせるおつもりです。」

その結果失望した将軍らは西武軍を放棄する、というのがアルティゼアの考えでした。

どのようにしても結局同じような結果を招くことを示唆しています。

スポンサー

セドリックの利益

「陛下は私の兄、ローレンスを大切に思っています。」

しかしローレンスは大貴族からよく思われておらず、皇位継承を争う際大きな弱点になることを皇帝は分かっており、そのことを心配しているとアルティゼアは言います。

ローレンスの正統さ補う相手として、継承権を持ち北部の主人である西武の有力者としてセドリックに、ローレンスの味方につく可能性を皇帝に見せることを提案します。

しかしセドリックはもちろんいい顔をしません。

嫌悪感を顔に表し、退席しようとするセドリックをアルティゼアは引き止めます。

「では、大公領の謀反人の村は?」

アルティゼアの言葉を聞きセドリックはさらに顔を曇らせます。

「私を脅すつもりか?」

アルティゼアは強い眼差しで

「いいえ、誠意を込めた忠言です。」

セドリックは席に着き直します。

「何が望みだ?」

アルティゼアはセドリックに利益を追求するよう明言します。

不道理なものと手を組み凱旋式を開くことなのかとセドリックは思いますが、違いました。

「殿下の名誉を捨て西武軍と大公領を守ることです。」

アルティゼアの利益とは

セドリックには疑問がありました。

「この結婚でそなたが得るものは?」

アルセディアの狙いは、ローサン公爵家の爵位を無事に継承し同時に独立することでした。

爵位を継ぐ成人となる20歳になるまであと2年、その前に結婚すれば成人となれます。

しかし母であるミライラはアルティゼアを手放しなどはしないため、結婚相手を簡単には選べません。

その中でもセドリックはアルティゼアにとって最高のカードでした。

ミライラが満足するような位を持ち、実績や信頼もあるのです。

「形だけの結婚を2年、その間私を守ってください。

そうしていただけたら私が

殿下を皇帝にいたします。」

セドリックには思いもがけない言葉でした。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」7話の感想や見どころ

アルティゼアの企みが明らかになってきました。

馬車の不備によって偶然を装いセドリックと出会うことで、周囲から怪しまれずに一目惚れからプロポーズまでの流れを計算するとは、本当に頭の切れる人です。

皇帝とセドリックの対立はアルセディアが生まれ変わる前の世界でもあったことなのでしょう。

このことを理由にセドリックは帝国を追放され、荒れ果てた村を軍の拠点としていたのでは無いかと思われます。。

それを利用し、自分自身の保身をも勝ち取るための計画なのでしょう。そしてセドリックを皇帝にするということまで言います。

何か算段があり、提案するのでしょう。ですが簡単なことではないはずです。セドリックは協力するのでしょうか?

セドリックを皇帝にすることで未来を変えようとするアルティゼア。

ミライラやローレンスを裏切ることになる計画ですが、セドリックが協力すれば成功する可能性があるのでしょうか?

リシアもまだ出てきてませんが、セドリックが協力することになればリシアもまた協力する形になるのかもしれません。

8話ではセドリックの悪夢についてや、アルティゼアの計画についての進展、セドリックの反応が気になるところです。

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー