悪女は2度生きる|78話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「悪女は2度生きる」77話までのあらすじおさらいからです。

これは魔術で命と引き換えに18歳の生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

「悪女は2度生きる」77話では、セドリックと別れたアルティゼアはリシアと本城に戻ります。

ジョルディン家の崩壊とともに本城には混乱と不安が満ちていました。

アガテ子爵から報告を受けたアルティゼアはひとまず休息をとるのでした。

 

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」
全話あらすじリスト

 

それでは、「悪女は2度生きる」78話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」 78話ネタバレあらすじ

追悼

本城では、黒い棺が並べられアルティゼアたちは喪服を着て並びます。

アルティゼアが今まで参列して来た葬儀はなんの意味もない人達のものでした。

歳をとった貴族の死や、幼い後継者の死など、それは政治の一部でした。

 

誰かの死を経て少しずつ権力の関係は変わり、社交界の流行が変わって、時には経済がひっくり返るコオもありました。

しかし、エブロンでの葬儀は今までのとは違いました。

本城全体に漂う暗い雰囲気には、不安とともに慣れて節制された哀悼の感情が広がっていました。

 

ここの人々が慣れているものは感情ではなく手続きの方だろう。

遺体を直接ご覧になりますか?

見ないといけないの?

リシアは木箱を開け、グリーンの宝石がついたブローチを見せます。

 

戦死者のひたいに、主君の勲章を送るのがここでの習わしです。

今は殿下がご不在なので妃殿下がせねばなりません。

無理そうであれば私が代わりに…

いいえ、私がやるわ。

 

アルティゼアは一つ一つ、棺を回ります。

こちらで最後です。

ブローチを置き終わると、大きな鉦の音が響き渡ります。

 

それを合図に、皆で棺を運び出します。

最後の見送りに、大勢のものが涙を流し大切な人との別れを惜しんでいるのでした。

妃殿下、お部屋へ戻りましょう。もっと休んだ方がいいでしょう。

 

オーブリーは?

リシアは少しいづらそうに口を開きます。

オーブリー姉さんは…教会にいます。

行かれるんですか?

アリスが心配そうにアルティゼアの顔を覗きます。

 

奥様のせいではありません!オーブリー様は死に値する罪を犯したんです。

大殿下が処分を下したのですよ!

わかってる。

スポンサー

死の意味

今日弔ったものは、私のために死んだ。

そんな価値もない政略結婚の大公妃のために…

そして今では、その全てのことに責任が生じた。

 

今までのアルティゼアのように、セドリックの知らないところで罪や悪を操るのではなく、セドリックの妻になったことで起きたことで、たくさんのものを失ってのでした。

オーブリーの死も例外ではなく、彼女が死ぬ必要はありませんでした。

 

ジョルディン家の末娘であるオーブリーの死をもってして、エブロンの大公領が分裂したことはアルティゼアニットては想定外で、計画には入っていませんでした。

だから、その全てのことを前にして”今日”だけは…

感情的になろう

 

アルティゼアはアルフォンスの案内で教会に向かいます。

その場に残ったアリスを、リシアはなだめ、アルティゼアが戻るのを待つのでした。

教会で

教会には先客がいました。

オーブリーの姉でジョルディン家の長女、メルでした。

メル・ジョルディン卿

妃殿下!

 

アルティゼアに気づいたメルは、すぐに膝と両手を床につき、アルティゼアに頭を下げます。

メルは100人の騎士を指揮下に置く騎士隊長を務めていましたが、オーブリーの件から職責を失い、平民に格下げされることとなりました。

それがなければ、ジョルディン家の主人となり、エブロンでの重要な人物となっていたでしょう。

 

立って。ここで誰かに会うとしたら、マーガレットかアーロンだと思ってたのだけど…

父上はパトロールへ、母上は隊長を崩して休んでおります。

アーロン卿の歳でパトロールはきついはずだわ。

 

アルティゼアはアーロンを思い、心配そうな表情を浮かべます。

自ら志願しました。我が子を育て間違えた罪を少しでも償いたいと…

そう…

 

アルティゼアはオーブリーの棺に目を向けます。

ヤドリギの花…

アルティゼアは手に持っていた百合の造花を棺の上にたむけます。

ごめんね。

スポンサー

家族の気持ち

オーブリーはジョルディンの恥です。

両親と私が、育て間違えました。

 

オーブリーが生まれたのは、先代の大公妃が粛清されたと伝えられエブロンが混乱に満ちている時でした。

皇室とエブロンがもし戦争にでもなれば、ジョルディン家に赤子がいるのは負担になりかねませんでした。

 

生まれた日に、全身を布団で覆うか迷っていたことも知っています。

戦争に巻き込まれる前に、何も知らずに死んだ方が幸せなのではないかと。

それでもジョルディン家はそれを実行しませんでした。

 

殺そうとしてただなんて、それが申し訳なくて甘やかしたのです。

まるで首都の貴族の子供かのように何もさせず、綺麗な服を着せて、やりたいことだけをやらせて…

お姫様のような扱いをされ、家族からの惜しみない愛情をうけ、わがままを体現してしまったのでしょう。

 

いつの日かオーブリーが礼儀がなってないだけではなく、自分を太鼓受けのおひま様のように考えていることに気づきました。

このままではいけないと思った時には手遅れでした。

…両親がどう育てようとも、人は本質のまま生きていくものよ。

 

はい…どう教えても変わらない人もいます。

ですが…変われたかもしれない子だったから…

メルは大粒の涙をポタポタと落としていました。

卿はいい姉だったわ、それだけは疑わないで。

 

そう言い残したアルティゼアはアルフォンスと教会を後にします。

次女との最後の挨拶はお済みなりましたか?

入り口を出たところで、声をかけられます。

 

司祭様?

お伝えしたいことがあります、こちらへお願いします。

 

ここまでが「悪女は2度生きる」78話のネタバレあらすじです。

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」 78話の感想や見どころ

「悪女は2度生きる」78話では、カドリオールの襲撃による犠牲者、そして戦った騎士たちの追悼が行われました。

セドリックの代わりとして、アルティゼアが大きな役割を果たしました。

棺の数はなんとも多く、回るのは大変だったように見えます。

最後の方は少しつかれた様子も見えました。

そしてアルティゼアはオーブリーの場所を聞きます。

明らかに周りは凍りついていましたが、アルティゼアにとっては純粋な追悼の気持ちだったようです。

オーブリーの棺に置かれていたヤドリギにはいろんな意味があるようです。

不死や活力、肉体の再生を表すシンボルだったり、愛の木だったり。

このストーリーの世界でどんな意味なのかはわかりませんが、同じ意味でオーブリーの家族が置いたと考えられそうですね。

この先で何か解説があるかもしれません!楽しみですね。

「悪女は2度生きる」79話も楽しみです!

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

最後に

最後に、アルティゼアが司祭様に呼ばれて行きました。

教会に関することといえばリシアが聖女となることでしょうか?

でもまだ早い気もしますし、別のことかもしれません。

一体何を話すのか、早く続きを読みたいです!

 

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー