ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」8話ネタバレあらすじや感想

これは魔術で命と引き換えに18歳の生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

 

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」7話ではセドリックがアルティゼアの話を庭園できいている場面でした。

アルティゼアは、セドリックに自分と結婚し成人を迎える二年後まで婚姻関係を続け、守ってほしいと提案し、最後にこう言いました。

「そうしていただければ、私があなたを皇帝にして差し上げます。」

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」
全話あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」8話ネタバレあらすじ

皇位継承権を持つのは

「逆心を抱けというのか?」

アルティゼアの言葉に、セドリックは顔をこわばらせ、ギッとアルティゼアを睨みつけます。

「後継の話がなぜ逆心に?」

アルティゼアは睨まれても冷静でした。

「まだ皇太子は決まっていません。殿下にも皇位継承権がございます。国民の平和をお望みならば、殿下が継ぐべきです。」

ローレンスは残虐で、他に皇位継承権のあるローガイル大公も欲が深く、大義を持つセドリックとは訳が違いました。

「彼らが皇位を継げば帝国の行く末は生き地獄なのです。」

ここまで話を聞いていたセドリックですが勢いよく席を立ち上がり、椅子がガタンと音を立てます。

「これ以上は聞きたくない。」

セドリックはアルティゼアに背を向けすたすたと歩き出します。

「大公殿下」

アルティゼアが呼び止めても、見向きもせず庭園を立ち去りました。

”考える時間も必要ね”とアルティゼアも強くは呼び止めませんでした。

スポンサー

セドリックとの交渉決裂…?

遠くから様子を見ていたメイドのアリスが駆け寄ります。

「お嬢様、大丈夫ですか?」

「何が?」

アルティゼアは何もなかったかのように平然と答えます。

「怒った様子で出て行かれたので…」

そばで見ていなくてもわかるほどの剣幕で出て行ったセドリックを見て、アリスは心配でなりませんでした。

アルティゼアは紅茶をじーっと見つめ、顔を上げます。

「予想はしてたから」

アリスは、そうですか…と答えました。

星がうっすらと見えるほど日が落ちてきた頃、アリスはアルティゼアに声をかけます。

「お嬢様、おかえりになりますか?」

「もう少し待つわ。」

悠長に紅茶を飲むアルティゼア。

アリスは、帰ったセドリックを見ているため、一体何を待つのかわからず不思議に思っていました。

そんな時、声をかける人影がありました。

「失礼します。西武軍所属ベンジャミン・コーナーです。」

彼は、レブロン大公殿下より屋敷までの護衛を仰せ仕りました、と敬礼をします。

何を待つのか不思議だったアリスも表情を明るくします。

屋敷への帰宅

護衛をつけ屋敷へ帰るアルティゼアとアリス。

道中またもや足止めを食らいます。

馬車が止まり、アルティゼアは窓を開き外を見ます。

「何か問題でも?」

馬車と並走していたベンジャミンはアルティゼアに答えます。

「検問のようです」

「西武軍のものだな。ここには何の用だ。」

ベンジャミンは声の主に護衛の経緯を伝えます。

「ごきげんよう、キーショア卿。」

アルティゼアもまたその声の主に答えます。

彼は皇帝陛下に仕える人間の1人でした。

「こんな時間にどうされましたか、アルティゼア様。」

教会からの帰りだと伝えると、キーショア卿は西武軍が護衛についていることを疑問に思います。

馬車の故障、エブロン公の厚意だとアルティゼアはキーショア卿に伝えると腑に落ちたようでした。

キーショア卿が屋敷まで送ると申し出ます。

ベンジャミンと別れアルティゼアたちは屋敷へ向かいます。

 

キーショア卿がいるということは屋敷に皇帝陛下がいる。

そう考えたアルティゼアは皇帝に会いに行きます。

アルティゼアは皇帝の従者に持っている全ての銀貨を渡し、皇帝の部屋に入ります。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」8話の感想や見どころ

セドリックを怒らせてしまったアルティゼアですが、予想はしていた、と言っています。

考える時間も必要だとも言っていることから、9話以降でセドリックが考えを変えてアルティゼアと手を組むことになるのでしょうか?

そうならなければアルティゼアの未来を変える計画が進まないので、進展がなくなってしまいますから決裂ということにはならないと思います。

どこかでまたアルティゼアとセドリックが話すシーンが出てくるとは思いますが…

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」8話で、西武軍のベンジャミン・コーナーと皇帝に仕えるキーショア卿が登場しました。

それぞれセドリックの部下として、また皇帝側の人間としてアルティゼアとこれから関わることが増えるのかもしれません。

特にキーショア卿とアルティゼアが会話する部分では、仲が良さそうな描写をしていたのでアルティゼアの味方として動くのではないか…とも考えられますがまだわかりませんね。

次回、ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」9話では皇帝と会うアルティゼアですが、漫画の中にキャラクターとして皇帝が出てくるのは初めてとなります。

回想シーンや人々の会話の中でしか出てきていませんでしたから、どんな人なのか楽しみです。

アルティゼアとの絡みもあると思うので、9話でどんなやりとりがあるのか期待できます。

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー