悪女は2度生きる|81話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「悪女は2度生きる」80話までのあらすじおさらいからです。

これは魔術で命と引き換えに18歳の生まれ変わったアルティゼアが、未来を変えるために奮闘するストーリーです。

 

「悪女は2度生きる」80話では、カラムとの戦争が起こりそうな原因についてハンナの口から聞くことができました。

セドリックの代わりに本城を守る城主として、また大公妃として問題の解決を図ります。

そして、まず第一にカラムの作物に関してことを動かすため、首都へ向かうことを決めます。

そして、そんなアルティゼアが書いた手紙をリシアはセドリックに届けます。

首都へ向かうと書かれた手紙を受け取ったセドリックは返事を書くから泊まって行くようリシアに言いました。

そんな時、カラムたちに動きがあり、破城槌やカタパルトといった兵器を持ち出し、自身たちを鼓舞するかのように太鼓の音を轟かせるのでした。

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」
全話あらすじリスト

 

それでは、「悪女は2度生きる」81話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」 81話ネタバレあらすじ

城壁を守る

カラムたちの太鼓の音を聞き、セドリックは落ち着いて防壁の下に並ぶカラムたちを眺めます。

殿下?

リシアはセドリックを見上げます。

敵は2万だし、相手も本気で戦争をしに来たわけではないだろう。

カタパルトと破城槌が作られ、使えるかどうか試しに来たのではないか?

 

セドリックとともに関門の防御に勤めていた騎士が後ろから口を挟みます。

今なら攻城兵器の破壊はすぐにできます。

カラムたちに武器の有用性を知られる前に破壊した方が良いかと。

 

すでにカラムは有用性も攻撃方法もわかっているだろう。

一気に壊せばカラム内で勢力同士の紛争を起こせるかもしれない。

だが、結果は同じだろう。

セドリックが口にした結果とは、何度壊しても結局また兵器を作りエブロンに攻め入り、兵器を壊され、また作りを繰り返すということでした。

 

いずれカラムも、丸腰では城壁は壊せないと学ぶだろう。

その前にこちらが変わらねば。

セドリックはすうっと息を吸います。

私の大弓を持って来てくれ。

 

騎士はすぐに取りに行き、セドリックに手渡します。

子供の件がカラム内部で強硬派に傾いているのは表向きの理由だ。

事実確認後にエブロンはすぐ子供を返した。

相応の補償もしたのに、こう出てくるとは…

スポンサー

敵の動き

セドリックが考えていると、準備を整えていたカラムたちが破城槌を城壁めがけて勢いをつけます。

大きな音を立てて、破城槌は城壁へとぶつかります。

本当にこのまま放っておくのですか?

リシアも騎士も、心配そうにセドリックを見上げます。

 

城門を危険にさらすわけにはいかない。

そう言うと、セドリックは大弓をかまえます。

大きく弓を引き、一本の矢を放ちます。

 

私が2本目の矢を放ったら、続いて砲撃しろ。

はい!カタパルトは?

1つは残しておけ。正常に動くか様子を見よう。

セドリックは二本目をかまえます。

 

「盾は全員持っているか?

はい!

カラムたちが一斉に城壁に攻め込んで来ます。

 

くるぞ!

銃砲はカラムにとって未知の存在。

恐怖を植え付けることはできても、真の戦士がいることは知らしめられない

 

セドリックは引いた弓を一気に放ちます。

放たれた矢は勢いを持って空気を切り、カラムが轟かせる太鼓に見事命中します。

すぐに次の矢を放ったセドリックの矢は、綺麗にカラムを避けギリギリ当たらない地面に刺さります。

矢に驚いたカラムたちは混乱し動きを止めます。

 

いまだ!撃て!

砲撃が始まると、カラムたちは一斉に踵を返します。

続けろ!!

エブロンの攻撃はカラムの武器を破壊して行きます。

 

あわてるカラムの兵士たちの後ろに、ローブを目深にかぶった男が一人見えました。

遠くても、セドリックは目があったのがわかりました。

単に敵の大将を見る目ではない…私を知っているのか?

あの者が、今までのカラムの限界を超えたのだな。

セドリックの大弓を持つ手に力が入ります。

 

この場で仕留めるか、生かしておくか…

未来を期することは、現状維持か、それとも変化か。

…ティア、君ならどうするだろうか。

教会へ

その頃、アルティゼアは教会に向かっていました。

護衛として同行するのはアルフォンスです。

 

できれば一人が良かったけど…首都と違って引き離せないわ。

プレイルがいれば良かったけど。

教会に向かおうとしたアルティゼアは護衛なしで行くつもりでしたが、それを許すはずもなく、アルフォンスは自分を連れて行くか他の護衛を二人つけるか迫るのでした。

二人も同伴するなら彼一人の方がいいわ。

司祭の顔も見てることだし。

 

あ、妃殿下!!

アルティゼアに気づいた女司祭が頭を下げます。

静かに祈りたいから誰にも知らせないで。

確かにアルティゼアはローブをかぶり、誰にも姿を見せないようにしているかのような格好でした。

 

しょ、承知しました!

極秘の訪問にはならなそうだけど、大公妃が教会で祈りを捧げることは変なことじゃないわ。

教会の中を進むアルティゼアは、司祭の元を訪ねます。

リシアはそろそろ手紙を渡した頃かしら。

司祭のいる部屋の扉が開きます。

 

ここまでが「悪女は2度生きる」81話のネタバレあらすじです。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」 81話の感想や見どころ

「悪女は2度生きる」81話では、セドリックとアルティゼアがそれぞれ城主としての役目を果たしていました。

セドリックはカラムとの衝突を、アルティゼアはカラムとの繋がりの隠蔽を、離れていても二人はエブロンのために戦います。

今までと違う戦い方をするカラムに、セドリックは誰かが指南しているのではと考えます。

最後に怪しいカラムがセドリックの方を見ていましたし、彼がカラムを変えたことは間違いなさそうです。

一体何を企んでいるのかすぐに話あるといいのですが、気になりますね。

そして、「悪女は2度生きる」80話でリシアが持ってきたアルティゼアの手紙の返事も書いていません。

次回、セドリックはアルティゼアにどんな言葉を送るのでしょうか?

また、アルティゼアは教会の問題の解決をするようです。

アルフォンスを連れて教会へ赴くアルティゼアですが、まさか問題の司祭を殺すのでしょうか?

とても気になるところで終わってしまいました。

「悪女は2度生きる」話も楽しみです!

\その他あらすじはこちら/
「悪女は2度生きる」全話あらすじリスト

最後に

 

 

ピッコマ漫画「悪女は2度生きる」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー