ピッコマ漫画「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」3話‐⑴ネタバレあらすじや感想

乙女ゲーの悪役令嬢に転生した16歳の少女!様子のおかしいキャラ達に翻弄されながら自身の運命を変えていくサスペンス学園ラブコメディー!

前回までのピッコマ漫画「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」2話-⑶のあらすじ

レイドの枷になっていたのは跡取りという重圧と家族の間の深まる亀裂。

責任を感じて幼いながら努力していたレイド。

しかし、ある時に知った両親の間に愛がなかったという話に心を折られてしまいます。

いったい自分は何のために?

そんな中ミスティアとの婚約の決定。

ミスティアは何のしがらみもないお嬢様。

そんな彼女が気に入りませんでした。

そして訪れたあの恐ろしい事件。

その翌日、家族の誤解が解け、家族3人の生活が戻ってきました。

ミスティアとの婚約も前向きになり、未来に向けて期待を膨らませます。

ノクター夫人の事件が一件落着し、闇をちらつかせていたレイドにも笑顔も戻ってきましたね!

今のところいい方向に向かっていますが、ミスティアは婚約の解消を考えています。

これからどのように関わりを持っていくのでしょうか?

そして、他の攻略対象たちもそろそろ登場するのでしょうか?

 

さて、それではピッコマ漫画「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」3話ー⑴ネタバレあらすじ&感想を書いていきたいと思います。

\全話あらすじはこちら/
「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」
あらすじリスト

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」3話ー⑴ネタバレあらすじ

 久しぶりのお出かけ

ノクター夫人の事件から1か月

ー落ち着いたら屋敷に招待する

ノクター伯爵から手紙が届き一安心。

そんなところへ、メロがお茶を持ってきました。

彼女との出会いは4歳の時。

父親の関わる孤児院で8歳のメロが預けられたのがきっかけ。

でも、実際にその場面はあまり覚えていないのです。

事件から1か月屋敷から出ていないミスティア。

事件にあったという心配からか使用人のみんなが外出を禁止していたから。

引き籠る令嬢とそれに合わせて外出できない使用人たち。

この状況は良くありません。

そこでミスティアに1つ案が浮かびます。

「お出かけしない?」

しばらく問答しすることになりましたが、ぴったりとくっついて手をつなぐという約束で許可をもらいました。

庭で待ち合わせの約束をし、準備を始めます。

(お出かけだ!メロとデートだ!)

ひとりはしゃいで部屋を出ると料理長のライオスと鉢合わせます。

包丁を持ったまま、ミスティアに詰め寄るライオス。

「どうして!俺の料理が不満ですか?だから外に出るんですか?」

ミスティアは慌てて弁明します。

「俺・・・俺ずっと一生作り続けますから。俺の料理でお嬢様の身体と細胞のひとつひとつ全部作りますから」

かなり愛が歪んでいます。

「疲れが取れるプレゼント買おうかな」

ミスティアは気づいていないようでした。

次に御者のソルに出会います。

やはり外出を止められます。

しかしどうしてもとお願いするミスティアに条件を出してきます。

「邪魔な虫はぐちゃってやっていいなら」

ミスティアは二つ返事に答えました。

そして庭師のフォレスト。

こちらも外出を止めようとしてきました。

「俺の手入れした庭が気に入らなかったですか?雑草に唆されたのですか?」

「あなたはいつもあの専属侍女に甘い。きちんと俺を見てくれるのに!おれだけをみてくれない!」

「私はフォレストのこと好きですよ」

フォレストはその後いろいろとつぶやいていましたが外出を許してくれました。

皆の様子がおかしいことには気付いているものの体調が悪いのではないかと思っているようです。

スポンサー

 メロと一緒に

そして、待ち合わせの場所へ。

私服に着替えたメロが待っていました。

メロはミスティアの手を取りました。

ー主従関係では説明できない強い絆

誰も入っていけない強い絆で結ばれているようです。

それから街へ繰り出し、まずは使用人たちのお土産を買い、メロと一緒に馬車へ詰め込みました。

目的は達成したので、散歩に出かけます。

「メロと歩いているだけで楽しいな」

「私もとても満ち足りた気持ちです」

2人にはそこまで信頼しあえる何か出来事があったのでしょうか。

 レイドとばったり

街を歩き回っていると、レイドとばったり会ってしまいます。

レイドは最初にあった時とは違い、とても心のこもった紳士な対応で言葉をかけてきました。

前よりも輝いて見える気がします。

レイドにメロを紹介し、今日は彼女が護衛の変わりだと説明します。

レイドは同行を提案しましたが、もちろん丁重にお断りです。

(安易な接触は投獄死罪の布石になりかねない)

そんなことを思われているとはつゆ知らず、レイドはそのまま去っていきました。

しばらく歩いていると落ち着いた雰囲気の街並みになってきました。

とある店でメロが店先の写真立てを見つめています。

それを見たミスティアはうまく誘って店の中へ入りました。

今回はここでおしまいですね。

スポンサー

ピッコマ漫画「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」3話ー⑴の感想や見どころ

今回は初めて出てくるキャラクターが多かったですね。

ミスティアの使用人たち。

料理長のライオス、御者のソル、庭師のフォレスト。

この3人は相当ミスティアのことを可愛がっているようです。

外出を禁じているのは危ないからというのも一つですが、本当は自分たちの一方的な愛ゆえの束縛でしょうか?

とても愛が歪んでいる気がするのですが・・・

自分だけを見てくれないと言っていた庭師。

攻略対象たちのなれの果てを見た気がします。

歪んだ愛・・・確かに歪んだ愛ですね。

そしてそれに全く気付いていないミスティアは純粋を通り越して天然ですか!

今回のミスティアはとてもかわいらしいですね。

いつもは冷静沈着な感じなのに。

 

そしてメロもあまり言葉にはしませんが相当ミスティアに入れ込んでいる気がします。

メロは孤児院の生まれとあるため、ミスティアに救われる何らかの出来事があったのでしょうか。

ミスティアはおそらくそれを覚えていないのだろうと思います。

その辺りの話は次回に持ち越しですね。

最後のシーンで店に入っていましたが、あれはメロのためですよね。

メロの写真立てを買ってあげるのでしょうか。

楽しみですね!

\全話あらすじはこちら/
「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」
あらすじリスト

最後に

次回ピッコマ漫画「悪役令嬢ですが攻略対象の様子が異常すぎる」3話ー⑵は!

メロとのお出かけの続きですね。

メロがメインとなっているので出会いの経緯もおそらく語られるでしょう。

どんな暗い過去があったのでしょうか。

そして今の仲の良いミスティアとメロの掛け合いに癒されたいですね。

次回も楽しみです。

 

まだまだ話の展開がつかめませんが、歪んだ愛に翻弄されるサスペンス学園ラブコメディー!

もう読んだ方はもう一度!

まだ読んでいない方はぜひ一読!

まっすぐで少し天然なミスティアの活躍をみんなで応援していきましょう!

スポンサー