バグでもズルでも関係ねぇ!|15話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

ピッコマ漫画「バグでもズルでも関係ねぇ!」第14話までのまとめやおさらい

ザレドの治めるクリビア領地が反映する一方で、近隣の領地では収益の問題から険悪な雰囲気が漂っていました。

ロネーラ領地では領主が家臣に怒号を浴びせています。

ザレドにロネーラ病の薬を開発されたことをきっかけに、ロネーラ領地への来訪者が減少していたのでした。

また子供の奴隷売買を行っているマヨルカ領地も、戦争を仕向ける気配があります。

領主プルアは戦争に出る兵士を集め、投資をしていました。

家臣の魔法使いアークロンという男に、選りすぐりの魔法使いを呼んでくるように命じていたのです。

そんな中ザレドは家臣を率いて、最北端の森へと向かっていました。

モンスターであるレッドゴブリンの勢力と外交関係を結ぶことが目的でした。

レッドゴブリンの長であるイバニバは、高い知能と処世術で様々な種族と関係を持つ有能な指導者です。

ザレドはイバニバに領地の資源の取引を申し出ます。

クリビアで採れるナイトメアストーンという石を差し出す代わりに、鉄と金を譲ってほしいと持ち掛けたのです。

ナイトメアストーンは人間にとって無価値な石でしたが、レッドゴブリン族がとても大切にしているものでした。

イバニバは喜んで了承し、取引は成立します。

その夜ザレドはゴブリン達の歓迎をうける中で、戦争の準備を始めていました。

受け取った鉄や金を、戦争の武器制作や資源に回すよう家臣に命じたのです。

人々が酒を掲げて祝杯をあげながらも、ザレドは複雑な表情を浮かべています。

クリビアを取り巻いた不穏な影が迫っているようでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「バグでもズルでも関係ねぇ!」あらすじリスト

 

スポンサー

ピッコマ漫画「バグでもズルでも関係ねぇ!」第15話ネタバレあらすじ

仲間になったイザベール。

ナース大陸歴1414年3月14日

リッチデルークの城で悪霊イザベラが復活してから4週間が過ぎていました。

ザレドはアカデミーに通っていた時の友達として、彼女を領地へ迎え入れました。

イザベラは「イザベール」として生まれ変わり、生活を始めます。

彼女の仕事はザレドに呪いの魔法をかけ、魔法防御体制を上げさせることです。

主に幻覚の術を使い、ザレドに恐ろしい悪夢をみせました。

こうしてザレドは、魔法の防御力を34まで上げることに成功したのです。

その日ザレドは、イザベールにキャンディーをプレゼントします。

不思議がるイザベラに、今日は特別な記念日なのだと説明します。

転生前の世界で3月14日はホワイトデーでした。

ザレドは屋敷の女性全員に、キャンディーをプレゼントしていたのです。

イザベラはザレドの行為にときめいていましたが、特別な気持ちがあったわけでないことに気づき幻滅します。

ザレドはお構いなしに、今自分に与えている魔法の強度を2倍にしてほしいと頼みます。

腹を立てたイザベラは、強度を2倍にした色欲の幻覚を見せて仕返しをしました。

ザレドは嫌がりながらも魔法を浴びてしまいます。

しかしこの技によって、クラス5の魔法使いに進むための条件をクリアしたのでした。

スポンサー

ヒーラーとして伸び悩むヘイズ。

場面は代わり、屋敷内の家臣たちの話になります。

ザレドは心眼を使って才能のある人材を早く見つけ出し、自分の味方として育てる「育成プロジェクト」に特に力を入れていました。

これには優秀な部下を育てることの他に、もう一つ重要なメリットがあります。

それは自分と契約した4人の弟子の成長にあわせて、師匠もボーナスステータスをもらえるということです。

「師弟間システム」と呼ばれており、ザレドにとって非常に良い影響を与えます。

一人目の弟子であるイザベールは、誰よりも早い成長を見せていました。

二人目の弟子レーナは、持ち前の情熱で出された課題に真面目に取り組みます。

三人目の弟子ミアは、ロネーラ領地でであった少女です。

ザレドから与えられた魔法の修練を、遊びだと思い楽しみながらこなしていました。

彼女たちは、自分が開発したスキルで着々と成長していきます。

それを見てザレドは全てが計画通り進んでいると思っていました。

しかし、思わぬところで問題点が発生します。

それは四人目の弟子である召使いヘイズの、成長率が0%だということでした。

彼女はザレドの心眼で治癒師としての才能を見出され、修練に励んでいました。

治癒師は聖職者の系列とは違い、治癒だけに特化した職業です。

ナース大陸全田でも5人しかおらず、最上級の職業となっていました。

ヘイズの問題点は、あまりにも謙虚すぎる性格にあります。

自分がメイドであると卑下して、あるはずの才能に向き合うことができないのです。

ザレドは治癒師として覚醒するには、自身で感じとることが必要だと悩んでいました。

ヘイズは23年間ずっとメイド一筋で生きていました。

簡単には変われないと、自分で自分を縛り付けているのです。

「何とかしていい方向に俺が導いてやらなければ…」

ザレドは頭を抱えます。

そんな彼に、近くで聞いていた家臣オブレンは口を開きます。

「領主様は領地民の生活を豊かにするために様々な方法で努力してくださいました」

「でもだからと言って領主様が全てを背負われる必要はありません」

ヘイズは成長できなくとも、懸命に努力をしていました。

オブレンはそれを知っていたのです。

そして今回ばかりは、ザレドのために頑張っているヘイズを信じてあげてほしいと頼みます。

ザレドはその言葉を聞いて、気持ちが変わったようでした。

「…そうか正攻法か」

オブレンにお礼をいうと、勢いよく部屋を飛び出します。

「姑息なスキルなどではなく正面からの方法じゃないと!」

しかし、突然の出来事でした。

ザレドは背後から迫ってきた男に襲われてしまったのです。

血にまみれて倒れるザレドに、ヘイズは一体…。

ヘイズは兵士の報告を受け、一目散にザレドの元にやって来ました。

倒れるザレドの周りには、おびただしい量の血が流れています。

ヘイズは兵士に何があったのかを聞くと、暗殺者に攻撃されたのだと返ってきます。

「医者を呼んでいますがとても危険な状態です」

ヘイズは応急処置が必要だと思いますが、身体が震えてしまいます。

しかし医者を待っていては、手遅れになってしまうと感じました。

彼女は一か八かの選択に迫られました。

「治癒師である私がやらなければダメなんだ!」

そしてついに覚悟を決め、ザレドの上着を脱がせました。

ザレドの傷口に手をかざしながらも、彼女の目からは涙があふれます。

そして祈るように、治癒魔法を発動させました。

「私は一生領主様を傍でお守りすると誓ったんだから!」

その時です、ザレドはまばゆい光に包まれました。

光を受けて、ヘイズの髪がゆらぎます。

ヘイズはザレドを救おうとする気持ちから、ついに覚醒したのです。

そこからしばらく時間はたち、30分後。

正座をするザレドと二人の家臣の姿、そして彼らに怒るヘイズの姿がありました。

実はザレドは家臣を使い、わざと自分を襲わせてヘイズの覚醒を狙っていたのです。

ザレドの浴びた血は彼のものでなく、ほとんどが動物の血でした。

騙されたヘイズは泣きじゃくり、部屋を出ていってしまいました。

「私が申し上げたのはこういう意味ではなかったのですが…」

ため息をつく家臣オブレンに、ザレドは冷や汗をかきました。

こうしてザレドの育成プロジェクトは、なんとか前進していくのでした。

ここからはおまけ漫画です。

数時間前、ホルグースの手配した暗殺者の姿がザレドの屋敷にありました。

クリビアにロネーラ病を流行らせた、怪しいフードの男です。

男はホルグースから、領地に侵入し隙があればザレドを殺せとの命をうけていました。

そして数日間、屋敷でザレドが油断する隙を待ち続けていたのです。

ザレドがオブレンと話し部屋を飛び出したあの時、殺すには絶好のチャンスです。

男はとうとうナイフを持ち出しザレドに飛びかかる…その時。

ザレドの家臣がザレドを襲います

家臣は奇襲だと大声で叫び、ヘイズを呼びに行きました。

「俺の他にも暗殺者がいたのか?」

屋敷内が慌ただしくなる中、男は一人唖然としています。

結局、数日待ち続けていた男の出る幕はなかったのでした…。

 

\全話あらすじはこちら/
「バグでもズルでも関係ねぇ!」あらすじリスト

 

スポンサー

ピッコマ漫画「バグでもズルでも関係ねぇ!」第15話の感想や見どころ

今回の見所は何といっても「ヘイズの成長」ですね。

ヘイズとザレドのお互いを大切に思う気持ちがよく伝わってきたお話でした。

騙されたヘイズは泣いてしまっていましたが、結果オーライですね!

他の弟子と足並みを合わせなくても、彼女のペースで成長してほしいです。

そして今後は、治癒師としての彼女の活躍に期待できそうです!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

屋敷内の人々の関係と成長が描かれた第15話でした。

シリアスで緊迫感のある展開の中に、今回のような話があると心が温かくなりますね。

皆が着実に成長していく中、今後はどうなっていくのでしょうか?

次回も乞うご期待です!

 

最後に

ピッコマ漫画「バグでもズルでも関係ねぇ!」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー