暴君旦那が変わりました|15話のネタバレあらすじ感想【ピッコマ漫画】

このページではピッコマ漫画「暴君旦那が変わりました」第14話の簡単なおさらいから、15話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

カーリッドは緊張しているイドリスに、イドリスの話を聞きたいと提案します。

イドリスは今まで自分に興味を持って話を聞きたいと言われたことがなかったので、嬉しく感じました。好きな花の話などをした後、嫌いなものの話でイドリスは思い出して震え怯え出します。

イドリスの嫌いなものは、今まで父や兄達ににされてきた扱いでした。自分も家族として見てもらいたかったがみとめられず、愛に飢えていた気持ちをカーリッドに話しました。

イドリスの辛い家庭環境を聞いたカーリッドは、初めてそんな立場に置かされていたと知り、イドリスを苦しめた公爵家への復讐を誓います。

なぜ、ベトリーチェ家の令嬢であるのに、イドリスだけをそのような扱いをされるのかカーリッドは質問しました。

カーリッドはイドリスが召使いの血が混ざっているとは、知らなかったのです。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「暴君旦那が変わりました」
あらすじリスト

 

それでは、「暴君旦那が変わりました」15話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「暴君旦那が変わりました」15話ネタバレあらすじ

イドリスの告白

一緒に住み始め1年近くなるけれど、カーリッドはすでに知っていると思っていた

カーリッドは何も知らず結構をしていただなんて!

イドリスは女中の母の血が流れています。結婚するからには、カーリッドも既に知っているであろうと考えていたので、今までその件について話をしたことはなかったのです。

 

知らないと分かっていれば、カーリッドに側にいて下さいなんて言わなかったと、イドリスは戸惑い焦り出しました。

 

もし彼が知ることになったら、たった1度だけ使える時間を戻す力を女中の娘に使ってしまったとわかたたら…

私を軽蔑し嫌うだろう

イドリスは震えが止まらなくなります。急に態度が変わったイドリスを見て、カーリッドは家族が嫌いな理由を聞き出そうとした自分が傷つけたからかと謝りました。

「すまない、君を傷つけるつもりはなかったんだ。無神経なことを聞いてしまった。」

 

後戻りできなくなる前に本当のことを伝えなければいけないと、涙を流しカーリッドに話をしました。

「いえ、違うの!話さなきゃいけないんです…!!…大公殿下、お話があります。」

 

イドリスは覚悟し、ベッドの上で正座をしながらカーリッドに言うことにしました。

 

「殿下、私はベトリーチェ家の令嬢として育てられたわけではないのです。正統な貴族ではありません…。

私は、公爵と一瞬だけ愛を交わした女中から生まれました。私は女中の血が流れる、公爵の隠し子なんです…!!」

スポンサー

受け入れる思い

自分の居場所を無くなるのを覚悟してカーリッドにイドリスは伝えました。

これで良かったんだ、騙したのかと怒り暴れるかもしれないけど、私は彼を愛してる

イドリスは隠し続け後悔するより、正直に自分のことを伝えたのです。

 

今すぐ出て行けと言われると気落ちしているイドリスをカーリッドは手を差し出し、抱き寄せます。

 

「愛してるイドリス。家紋や血筋など関係ない。君が庶民でもいいんだ。君の家紋が好きなわけではない。イドリス、君だから愛しているんだ。」

イドリスの告白を受け入れ、カーリッドはイドリスの不安を一つ一つ無くすように、気持ちが伝わるように言いました。

 

「君が僕のそばにいてくれる。それだけで十分だから、僕の名前を呼んでくれ。」

「カーリッド、…カーリッド。」

「それで良い。愛してるよ、イドリス。」

カーリッドはイドリスに優しくキスをします。

カーリッドへの信頼

「少し落ち着いたか?さっきは死ぬほど泣いていたけれど…。」

カーリッドがイドリスの全てを受け止めてくれ、イドリスはお茶を飲んで落ち着きました。

 

「でも、なぜそんな風に思ったんだ。君を嫌いになることなんてないのに。」

カーリッドはイドリスの頬にそっと触れて言います。

 

「他の人たちはいつもそうだったから…だからあなたも怒るのだろうと思っていました。」

カーリッドはイドリスが隠していたのではなく、既にイドリスの血筋のことも知っているだろうと話さなかったことも、全て察知していました。

 

「これから先も、君を裏切ることはないから俺のことを信じて欲しい。」

まっすぐな瞳でカーリッドは伝え、イドリスの綺麗な髪にキスをしました。

スポンサー

知らないカーリッド

「エダン、ベトリーチェ公爵家の文書を持ってきてくれたか?」

カーリッドは、イドリスの父親のベトリーチェ公爵について調べようとしています。

 

資料を持参してきた補佐官のエダンにイドリスの出生について知っていたか聞いたところ、城に出入りする貴族の中では知らない人はいないのではないかと答えました。

自分だけが知らなかったことに、カーリッドは悔しがります。

 

エダンが持ってきた資料には、ベトリーチェ公爵家の対外的な情報と、私的な情報の2種類がありました。

私的な情報の方には、領地の横領などが記載されていました。カーリッドが気になったのは、武器商人達に大量の武器を仕入れ、兵を募ったことです。

 

「謀反か…だから、イドリスは過去にあんなことを。」

また、イドリスが監禁に近い生活をさせられ食堂で食べたことはなく、召使いと同じ物を食べさせられ、数年前は栄養失調になっていたことも知りました。

カーリッドが用意した食事にイドリスが興奮し、美味しそうに食べていた理由もそれが原因であったと気づきます。

 

彼女が経験できなかった、「名誉」「権力」「富」どんな手を使ってでも、イドリスの望むこと全てを彼女にしてあげよう。この世で最上の物を手に入れられるように

カーリッドは復讐心を燃やしました。

 

と、ここまでが「暴君旦那が変わりました」15話のネタバレあらすじでした。

ピッコマ漫画「暴君旦那が変わりました」15話の感想や見どころ

「暴君旦那が変わりました」15話では、イドリスの覚悟の告白をカーリッドは全く気にせず受け止め、優しく抱きしめてくれました。

カーリッドの血筋など気にせず、イドリスだから愛してると言ってくれたことは、今まで色々思い悩んだイドリスが報われた気がしましたね!

公爵家のイドリスへの対応が調査資料で判明し、カーリッドの復讐心はかなり燃え上がりましたが、どうなっていくのでしょうか。

次回「暴君旦那が変わりました」16話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「暴君旦那が変わりました」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「暴君旦那が変わりました」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー