暴君の保護者は悪役魔女です|8話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「暴君の保護者は悪役魔女です」7話では、クレーテとティータが2人きりになった様子が描かれました。

1人になって危険な魔法の薬を作りたかったクレーテは、エドモンドをおつかいに出かけさせます。

しかし、エドモンドが不在の間ティータの面倒をみるよう念を押されていたクレーテは、ティータのもとへ行くのでした。

この機会に普段のティータの様子をみてみようと試みるクレーテですが、

クレーテから「監視する」と言われたティータは、クレーテに信用されていないのかなと落ち込んでしまいます。

 

\全話あらすじはこちら/
「暴君の保護者は悪役魔女です」
あらすじリスト

 

 

ここから「暴君の保護者は悪役魔女です」8話ネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「暴君の保護者は悪役魔女です」8話ネタバレあらすじ

ティータの遊び

クレーテとティータは、ティータの部屋にいました。

 

私のことは気にしないで、いつも通りに遊んで。いつも何をしているの?

よく遊ぶのはおままごとです…

黙って見ているからやってごらん

 

ティータはおどおどとしながら、スノウと一緒にままごとを始めます。

僕がエドモンドさんの役、スノウは殿下の役だよ。この人形は僕ね。

 

え、私たちでおままごとをするの…?

 

殿下、ティータ様のことをお願いしますよ

 

するとクレーテ役のスノウがティータ役の人形に思い切り噛みつき、

人形をビリビリにしてしまいました。

 

スノウ!そんなに噛みついたら僕が死んじゃうだろ!

 

スノウを制止するティータを見て、クレーテが思わず口を挟みます。

 

ちょっと何してるの!?

おままごとです…

そうじゃなくて、なぜ言葉の通じない動物に私の役やらせるのよ?

 

鬼の形相で怒るクレーテに対しティータがガタガタと震えます。

 

ごめんなさい、もうしません…

もういいわ、人形を貸して

 

クレーテはビリビリにやぶれた人形を受け取ると魔法で元に戻しました。

 

私が私の役をやるから、あなたはエドモンドをやって。スノウはティータ、この人形はスノウよ

 

ティ、ティータ様!で、で、殿下がいらっしゃいました!

執事はそんなにどもらない。ハッキリと、簡潔に話すのよ

はい、ごめんなさい…

謝るのも禁止!もう1度やってみて!

 

スポンサー

2人と1匹のおままごと

何度か繰り返すうちにティータは落ち着いてセリフを言えるようになっていました。

 

ティータ様、殿下のお傍へ行ってご挨拶をしてください。

殿下は怖い方ではありません。きっと優しく抱きしめて下さいます

 

そう言うと、ティータはティータ役のスノウをクレーテへ差し出しました。

クレーテの目の前に差し出されたスノウはガルルル…と威嚇をし始めます。

 

クレーテはコイツ…!とイラっとしましたが、

ティータに「どうされましたか?」とキラキラした表情で尋ねられると、

 

そうよ、私は怖くないわ、こっちへ来なさい

とままごとを続けました。

 

クレーテに抱かれジタバタするスノウでしたが、

今のうちにこっちに来たほうが身のためよ…」と小声で言われると、

ガタガタと震えながら大人しくなりました。

 

大人しくなったスノウを見てティータは、

よくできましたね!」と拍手をします。

 

お2人の仲の良い姿を見られて嬉しいです。

ティータ様が羨ましいです…殿下に抱きしめてもらえて…。

私は見ていることしかできません…本当に羨ましい…

 

だんだんと小声になりぶつぶつとつぶやくティータは、

じっとスノウを見つめていました。

 

何なのかしらあの表情は…

 

クレーテは、ティータがエドモンド役に徹しているのだと思っていましたが、

スノウに感情移入をしているのだと気が付きます。

 

するとクレーテはこう、ままごとを続けました。

 

エドモンド。このところ、ティータの世話も先生役もよくやってくれているからご褒美をあげるわ。何でも言ってちょうだい

それじゃぁ…

 

抱きしめてほしいです

 

執事を抱きしめる主がいるわけないでしょう!

ただ…あなたは本当の執事じゃないから今回だけ特別ね

 

それを聞いたティータは、やったぁ!とクレーテの腕の中に飛び込みました。

 

ぎゅっとクレーテを抱きしめるティータの背中に、

クレーテはそっと手を置き、トントンと赤ちゃんをあやすように優しく叩きます。

 

ずっとこうして抱きしめてほしかったのよね…

 

殿下が一緒に遊んでくれるので、とっても楽しいです!

 

ティータはぱぁっと明るい笑顔で言いました。

にっこり嬉しそうに遊ぶティータを見て、クレーテも得意気です。

 

ほらエドモンド、私にだってちゃんと子供の面倒を見られるのよ…!

 

次の遊びは…?

おままごとはその後も3時間続きました。

 

ずっとやってて飽きないのかしら…どこからそんなパワーが出てくるの…

と、クレーテは疲れ果ててしまいます。

 

子供と遊ぶのがこんなに大変だと思わなかったわ…

 

そろそろ違う遊びをしましょう

どんな遊びですか?

べロスに伝わる伝統的な遊び、ぼんやりごっこよ

わぁっ!初めて聞きました!

 

ベッドに横になって絶対に動いてはいけないという、クレーテが休むための遊びです。

 

先に動いた人が負け

話はしてもいいですか?

だめよ

 

もぞもぞとしながらもティータは動くのを我慢していると、スノウがワオーンと吠えました。

 

あ、スノウがビリだ

あなたも負けね

殿下も話しました!

私はあなたの負けを教えただけよ

僕もスノウの負けを教えただけです

 

今のは引き分けなので、次は違う遊びをしましょう!

 

とても楽しそうなティータに対し、ぐったりとするクレーテなのでした。

 

エドモンド、早く帰ってきてー!!

 

 

ここまでが、「暴君の保護者は悪役魔女です」8話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「暴君の保護者は悪役魔女です」8話の感想や見どころ

「暴君の保護者は悪役魔女です」8話では、クレーテとティータが遊ぶ様子が描かれました。

最初は恐る恐るおままごとをするティータが、少しずつ心を開いていき、段々と本当の親子のようになっていくのを感じます。

クレーテがティータを優しく受け止める描写はとても心が温まりました。

このまま良好な関係が続くことを祈るばかりです。

「暴君の保護者は悪役魔女です」9話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「暴君の保護者は悪役魔女です」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「暴君の保護者は悪役魔女です」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー