暴君の保護者は悪役魔女です|9話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「暴君の保護者は悪役魔女です」8話では、2人きりで過ごすクレーテとティータの様子が描かれました。

ティータが普段どのように過ごしているか気になったクレーテは、ティータのおままごと遊びに付き合います。

クレーテはクレーテ役を、ティータはエドモンド役を、スノウはティータ役をし、人形をスノウにみたてて遊びました。

クレーテと一緒に遊べて嬉しいティータは何時間もおままごとで遊びます。

すっかり疲れてしまったクレーテはエドモンドが早く帰ってくるのを待ちわびるのでした。

 

\全話あらすじはこちら/
「暴君の保護者は悪役魔女です」
あらすじリスト

 

ここから「暴君の保護者は悪役魔女です」9話ネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「暴君の保護者は悪役魔女です」9話ネタバレあらすじ

エドモンドの帰宅

殿下、私が留守の間、まさかティータ様を泣かせたりなさってませんよね?

 

ケータ族の村からエドモンドが戻りました。

その表情はキラキラとし、首には花輪が飾られ、両手に手荷物をいっぱい持っていました。

 

帰ってくるなり何言うのよ。それより随分楽しく過ごしてきたようね。

 

クレーテはエドモンドを睨みながら続けます。

何も問題なかったわ。よく食べて泣きもしなかったわよ。

 

むしろ泣きたかったのは私の方よ!と思うクレーテですが、エドモンドは疑っています。

 

殿下のお言葉は信じられないので、自分の目で直接確かめに行きます

 

エドモントはそういうと、すたすたとティータの部屋へ向かいました。

クレーテもその後を追います。

 

失礼します

 

エドモンドがノックをし部屋に入ると、ティータはベッドの中で目をこすっていました。

 

エドモントさん、お帰りなさい。殿下もおはようございます

朝早くから申し訳ございません。留守の間ご無事だったか確認に参りました。

もしや殿下がティータ様のことを一日中放っておいたりなさいませんでしたか?

 

いいえ、とっても楽しかったです!殿下とおままごとをして、新しい遊びも教えてもらったんですよ!

新しい遊びですか?

ぼんやりごっこです。エドモンドさんもしたことありますか?

 

ぼんやりごっこのことをエドモンドにバラされたクレーテは

ティータのやつ…なんでばらすのよ…と焦ります。

 

ベッドに横になって少しも動いちゃいけない、ベロスの伝統の遊びです

ほう、それはそれは…聞いただけでも情け…いえいえ、楽しそうな遊びですね

 

エドモンドはティータに優しく答えながらもクレーテをじっと見つめました。

 

それはそうと、昨晩は風が強かったようですが、ぐっすり眠れましたか?

はい!殿下が寝かしつけてくれました!

そうでしたか

 

エドモンドがクレーテの方を見ると、クレーテは顔を赤らめました。

 

ぐっすりお休みになられたようで何よりです。それでは後ほど朝食の席で

はい、エドモンドさん、殿下

 

スポンサー

クレーテとティータの関係

ティータの部屋を出たクレーテとエドモンドは、廊下を歩きながら話をしました。

 

思いのほか面倒見がよろしいようですね。情けない遊びさえ教えてなければ完璧でしたのに

うるさいわね。私だっていっぱいいっぱいだったのよ

 

殿下も子供のお世話をなされるようですし、これから度々お任せしても良さそうですね

絶対にいや!もう二度とやらないわ!本当に大変だったんだから!

 

とにかくお二人が仲良くなられて何よりです

 

エドモンドは微笑みました。

 

そういえばケータ族の娘はどうだったの?

 

かなり回復されていました。数日ゆっくり休んでしっかり休む食べれば問題ないでしょう。族長が感謝を込めてお礼の品を送ってこられると…

そんな余裕ないくせに。お礼なんていらないと伝えて

承知しました

 

その後、クレーテがティータの面倒を1人で見ることはありませんでした。

 

もちろん、おままごともあれが最後でしたが、ティータはすっかりクレーテに懐いた様子で、クレーテの傍で過ごすことも増えました。

そんなティータに手を焼いていたクレーテも、いつのまにか少しずつそんな感情にも慣れていきます。

 

クレーテとティータの関係が、以前よりもずっと良くなったということを、クレーテ自身も感じていました。

 

スノウの散歩

行くぞ、スノウ!あれ?スノウ、なんだか体が大きくなったみたいだ!

 

ある日、ティータがスノウと一緒に散歩に出かけようとすると、

スノウが一回り成長していることに気が付きました。

 

1人だけ大きくなるなんてずるいぞ!僕に内緒で何か食べたの?

 

じゃれあいながら、スノウを連れて外へ出かけます。

 

君も聞いただろう?エドモンドさんが、今日の夜は外に出ちゃダメ、だってさ。

【イタズラな月の浮かぶ夜】って言ってたっけ?日が沈む前に帰って来るよう言われてるんだ。だから今のうちに沢山散歩をしておこう!

 

すると、道中で綺麗な青い薔薇を見つけました。

 

綺麗だね。スノウもそう思うでしょ?

 

まるで殿下の瞳のようだな…と、ティータが薔薇に触れた瞬間、

チクッと、トゲで指を怪我してしまいました。

 

それを見たスノウは、ティータの傷口をペロペロと舐めてくれました。

 

少し暗くなってきたからそろそろ帰ろう

とスノウに言った瞬間、あたりが急に暗くなりました。

 

あれ?もう月が出てる…まだ外に出てからそんなに経ってないのに…!とにかく早く帰ろう!

 

スノウに声をかけましたが、スノウはグルル…と険しい表情を、何かに威嚇を始めます。

 

どうしたんだよスノウ!急がなきゃ!これ以上暗く前に早く…

スノウを急いで連れて帰ろうとしていると、後ろから声がしました。

 

ティータ

で…殿下?

 

ティータが後ろを振り返ると、クレーテに似た人影がありました。

 

怖がらないで…こっちへおいで…

 

 

ここまでが、「暴君の保護者は悪役魔女です」9話のネタバレあらすじとなります。

スポンサー

ピッコマ漫画「暴君の保護者は悪役魔女です」9話の感想や見どころ

「暴君の保護者は悪役魔女です」9話では、クレーテとティータの関係が良くなっていく様子が描かれました。

エドモンドは、初めは信用していないようでしたが、ティータの様子を見て、クレーテがティータの面倒をきちんとみたということに安心します。やはり子供は素直なんですね。

クレーテが読書をする傍でティータがスノウと遊んでいる描写は、とても心が温まりました。

 

しかし、最後に現れたクレーテのような人物…果たして彼女はクレーテなのでしょうか?

そして【イタズラな月の浮かぶ夜】に何が起きるのでしょうか…?

 

「暴君の保護者は悪役魔女です」10話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「暴君の保護者は悪役魔女です」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「暴君の保護者は悪役魔女です」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー