ダメ貴族になりたい公爵令嬢|41話42話43話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」前回40話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

アドリーヌはペトルスとクラウスを連れて別荘に移り住みます。

移り住んで少し経ったある日の夜、アドリーヌは悪い夢を見て起きてしまいました。

その時ペトルスはアドリーヌに別荘に侵入者が現れたと伝えます。

 

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

 

それでは「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」41話・42話・43話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」41話ネタバレあらすじ

侵入者を探すと大人と孤児院にいた子供がいた

ペトルスはその侵入者は悪意のある気配を感じないようでした。

それなら気にしなくても大丈夫とアドリーヌはベッドに戻り横になり、クラウスのお尻を見て癒されます。

 

始末してくる

とペトルスは侵入者が気になってしまい、不安要素は取り除くと部屋を出ていくので、アドリーヌも一緒について行くことにしました。

 

別荘の外を2人は歩きますが、アドリーヌは肝試しをしているような気分になり怖がります。

そんなに怖がるなら魔法で透明人間にしてやるよ

 

とペトルスはアドリーヌに魔法をかけると、アドリーヌはフワっと輝き透明人間になりました。

侵入者がいる家に着いて中を覗いてみると、暗い部屋の中に大人たちがいます。

 

怪しい宗教組織ではとアドリーヌは思いますが、その人の中に孤児院にいたブランドンを発見しました。

事件に巻き込まれていたらどうする!?

と言いますが、アドリーヌはここで助けてまた注目されたら面倒だと思いますが、悪い組織を想像すると子供を放ってはおけないと思います。

 

ここで見捨てたら一生後悔することになるから、慎重に助け出しましょう

ペトルスは分かったというと、いきなり魔法で家の壁を破壊してしまいました。

 

アドリーヌはこっそりと言ったはずが大胆に行動したペトルスに青ざめながらも、中に侵入してみるとブランドンはアドリーヌに会えて嬉しそうにします。

危ない目に遭っていなかったとホッとし、ブランドンはここで言語学研究会で興味深いテーマを討論していたと話しました。

ペトルスは、確かに興味深いと机の上に置いてある書物を見ていました。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」41話ネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」42話ネタバレあらすじ

アドリーヌは難解な古代語を簡単に読めてしまう

その中の一人の帝国時報の記者をしているダイアン・ボールドウィンがアドリーヌに挨拶をし、研究会の講師をしていると話しました。

アドリーヌはその研究会について聞くと、ブランドンは古代語がとても難解だと話すのでアドリーヌはその書物を見ると、堅苦しい手紙が書けるなら解読は簡単なのでは?と思います。

 

不審者じゃないことがわかったアドリーヌは帰ろうとしますが、ブランドンにこの文が解読出来たら家まで送るから待ってくれるように頼みます。

ブランドンとボールドウィンが文書をみて考えている様子をみた、アドリーヌはこれは飲食に関する文書なのではアドバイスをします。

 

≪お腹がすいたらビールを飲めばよい≫と書いてあるわよ

「まったくおっしゃる通りです!簡単に解読されたので驚きました!」

 

と古代語リミートを解読できる人は世界で数人しかいないのでボールドウィン先生は驚きます。

ブランドンは古代語リミートを解読出来れば、古くから伝わる魔法の品々に書かれたものも解読できると聞き、アドリーヌは自分は超能力者なのかと驚きます。

 

他の研究会のメンバーも、ファラディ公爵家は龍族の祝福を受けた一族だから古代語が読めたのは何かの導きなのではと褒めます。

しかしそれは公爵であっても簡単に解読するのは難しいと言いました。

 

龍族と結婚したり生活を一緒にすると古代語を理解する人もいるそうです

けど私は猫と一緒に暮らしてるだけよ

 

というブランドンとアドリーヌが話す後ろでは、ペトルスが恥ずかしそうにうつむいています。

今皇帝陛下が古代語の出来る有識者を探しているそうです

 

なぜかアドリーヌはブランドンに聞くと、≪ロイヤル・ジャーニー≫というものが始まるので偉大な存在を探しているということを話してくれました。

関わると面倒なことになりそうと思うアドリーヌは別荘に戻ることにして、ブランドンには古代語が読めることは秘密にするよう言いました。

 

アドリーヌとペトルスは手を握りながら帰りますが、ペトルスはアドリーヌが古代語を読めたことが気になります。

龍族の能力が移譲されるのは契約を結んだ人間か龍が真心を捧げたものにしかないことなので、ペトルスはアドリーヌにいつ真心を捧げていたのか疑問に思いました。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」42話ネタバレあらすじはここまでです。

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」43話ネタバレあらすじ

アドリーヌは龍族との関係性が気になってくる

アドリーヌは別荘の近くに街をつくる計画をしていました。

色々な店を立てようと想像しますが、獣人市場を買収したから獣人達が楽しく暮らせる場所も作りたいと考えます。

 

真剣なアドリーヌにペトルスはそっとアドリーヌの髪を触れようとしますが、アドリーヌが手を握ってきたので驚きます。

アドリーヌはペトルスの肉球じゃなかったことに残念がりますが、どこか嬉しそうな様子です。

 

そういえば気になってることがあるの

とアドリーヌはペトルスになぜ古代語が理解出来る能力があるのか聞きました。

私、龍族と関係があるかな?今までに龍に会ったことないのに

気になるなら俺が調べてあげようか?

 

とペトルスは立ち上がりますが、アドリーヌは危険なことはしないようにと心配します。

約束の指きりをしようとアドリーヌは手を差し伸べますが、ペトルスはアドリーヌの頭を撫でます。

 

アドリーヌのサラサラな髪に触れると、ペトルスはアドリーヌがやたらと猫を撫でたがる気持ちが分かってきますが、アドリーヌは照れた様子で最高級の手入れをしてるから当たり前と言い離れます。

するとペトルスは部屋から出て行ったので、アドリーヌはペトルスの様子が最近変わっていると疑問に思いました。

 

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」43話ネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」41話・42話・43話の感想や見どころ

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」41話・42話・43話ネタバレあらすじはいかがでしたか?

侵入者は孤児院のブランドンがいる言語学研究会でしたね!怪しいものではありませんでした。

とても難しい古代語リミートの研究をしているようですが、アドリーヌはこの古代語を理解することが出来驚きましたね!

どうやら龍族との関係がないと読めないようですが、アドリーヌは龍のペトルスと一緒にいるから解読が出来たのでしょうか?

アドリーヌもなぜ読めるようになっているのか、龍の存在が気になるようになっているようですね。

ファラディ公爵家と龍族の関係性が関連してるのでしょうか?

またペトルスはアドリーヌに真心を捧げていたのでしょうか?

次回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」44話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

最後に

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー