ダメ貴族になりたい公爵令嬢|44話45話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」前回43話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

城の敷地内の侵入者は敵ではなく言語学研究会であり、古代語リミートの研究をしていました。

そのメンバーには孤児院にいた子供のブランドンもいてアドリーヌと久しぶりに再開します。

研究会のメンバーは古代語リミートの解読に難航していましたが、アドリーヌは簡単に読めてしまいました。

龍族と一緒にいることで読めるようになる人がいると聞いたアドリーヌは、自分が龍族と関係があるのか気になると、ペトルスが調べてあげようかと言います。

 

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

 

それでは「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」44話・45話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」44話ネタバレあらすじ

街が完成間近になりアドリーヌは動物保護センターに行くことに

朝になりアドリーヌは目覚めペトルスの調査が順調に進んでいるか考えながら窓を開けてみると、数日まで荒地だった場所が一気に街に変わっていました。

嬉しくなったアドリーヌは外に出て街の中に目を輝かせながら見渡すと、テオドールがアドリーヌを待っていました。

 

テオドールがアドリーヌの設計図に基づいて建設してくれていてもうそろそろ完全に出来上がる様子でした。

アドリーヌはお金があれば何でも思い通りに出来るので、ファラディ公爵家はさすがだと喜んでいます。

 

大満足だわ!もう完成した施設は何?

綿あめ屋、動物保護センター、遊園地と‥‥

 

とテオドールが数えながら言うと、アドリーヌは動物保護センターに行きたいとお願いし2人で行くことにしました。

移動の最中に綿あめ屋前を通り過ぎると、アドリーヌは試食として獣人も食べられる綿あめを頂きます。

この街は地上の楽園だと幸せをかみしめながらアドリーヌは動物保護センターに到着しました。

 

スポンサー

グリッツはアドリーヌに心配な動物がいると相談する

飼い主がいなくなった動物や獣人はここで保護をしようと思ってます

広い施設にアドリーヌはとても気に入ります。

 

市場や公爵邸の獣人や動物をここに移して、さらにテリトリー意識のある動物のための区域分けもしております

と細かく考えられた設備にアドリーヌは感心します。

 

そこへ動物たちに囲まれたグリッツがやって、アドリーヌと久しぶりに再会しました。

獣人人権協会の会員のグリッツは保護センターで仕事をしていて充実な毎日を送っているようですが、心配事がある動物がいるとアドリーヌに相談をします。

 

アドリーヌは万が一のことがあったら大変と考え、自分の楽園を破滅させるわけにはいかないと問題のある場所へとグリッツと向かいました。

「アドリーヌ様、あそこです!」

と向かった先には威嚇をしている大型犬がいました。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」44話のネタバレあらすじはここまでです。

 

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」45話ネタバレあらすじ

スポンサー

大型犬がアドリーヌに懐く

その大型犬はいつの間にかに迷い込んできたそうです。

毛並みもきれいに整っていて野良犬ではなさそうですが、全然人に懐こうとはしませんでした。

 

グリッツ、あの子は普通の犬じゃないわね

ご存知ですか?登録されている獣人なのでしょうか?

 

あの犬は…

と話しているとその大型犬がアドリーヌに駆け寄ってきました。

 

危ないのでアドリーヌ様は私の後ろへ!

とグリッツがアドリーヌを守ろうとしましたが、アドリーヌは大型犬に嬉しそうに近寄りに行きました。

 

ゴールデンレトリバーね!

アドリーヌとその大型犬はお互いに嬉しそうに戯れ、抱きしめ撫でたりして大型犬もとってもいい子な様子になります。

 

先程までは少し近づくだけで威嚇して誰も近寄らなかったとグリッツはとても驚きました。

ワンちゃんは自分のことを好きな人が分かっているのよ!

 

と言うとアドリーヌは大型犬に何して遊ぼうか?と尋ねると、犬はボールをくわえてきました。

ボール遊びがしたいとわかったアドリーヌはボールを投げて遊び、犬もとても喜んだ様子で一緒に遊び始めました。

 

大型犬の正体はクロワンスだった

遊び終わって帰宅途中にテオドールからどうしてあの犬を連れて帰らなかったのかと聞かれます。

私も連れて帰りたかったけど、毛並みも綺麗で人懐っこい子だから飼い主がいると思うの

 

大型犬と別れる時に≪連れて行って≫と訴える眼差しをアドリーヌは思い出すと、ゴールデンレトリーバーを保護していると書いた張り紙を貼ろうと提案しました。

飼い主が見つかるまで面倒をみてあげましょう

 

とあの犬を置いていくのは心苦しく思っていましたが、飼い主から引き離すのも可哀想と考えます。

別荘に帰るとポポちゃんが待っていて、アドリーヌは抱っこしてあげました。

 

ポポちゃんを抱えながらアドリーヌはベッドに横たわりますが、外からその様子をクロワンスが優しい眼差しで見つめていました。

そして今日一緒に遊んだことを感謝して、アドリーヌともっと仲良くなりたいと思っていました。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」45話のネタバレあらすじはここまでです。

 

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」44話・45話の感想や見どころ

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」44話、45話ネタバレあらすじはいかがでしたか?

急にアドリーヌが設計していた理想の街が出来上がってきましたね!

好きなお店や施設が詰まった街に大満足の様子でした。

動物保護センターに迷い込んだ大型犬は45話の最後でクロワンスだったことが分かりましたね。

クロワンスは以前アドリーヌと会った時にとても気に入って遊びたいと思っていたので、犬の姿に戻り侵入してきたのでしょう。

好きなボール遊びを楽しめてよかったようですが、次のアドリーヌとクロワンスの再会も楽しみになります。

今回は問題もなく楽しい回になりましたが、ペトルスの龍の調査の方もどう進んでいるのでしょうか?

次回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」46話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー