ダメ貴族になりたい公爵令嬢|48話49話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

今回の記事では、「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」48話、49話のネタバレあらすじをまとめています!

まずは、「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」の前回46話、47話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

ペトルスは公爵邸で龍が古代に魔法をかけた神聖な場所に行きますが、龍の気配が弱まっていることを感じます。

またそこでエリオットと遭遇し、アドリーヌの話をされますがペトルスは特に話もせずにその場を去りました。

アドリーヌは皇后陛下の誕生日パーティーに出席する前に、ミルクティーのマイスターであるマルークと一緒に新しいドリンクの開発をすることになります。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

 

それでは「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」48話、49話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」48話ネタバレあらすじ

バラのジャムを入れたミルクティーが美味しくて出店しようとする

アドリーヌはマルークとグリッツを厨房に連れて行くと、マルークは材料が豊富に揃っている厨房に感動します。

早速2人は作業に取り掛かり、アドリーヌは手作りのバラのジャムをミルクティーに入れようと提案しました。

 

本気でバラのジャムを入れるのですか?

やってみないとおいしいか分からないでしょ?

 

ドキドキしながらアドリーヌは味見をすると、とてもおいしく出来上がりアドリーヌは笑顔になります。

では冷却の魔法をかけて温度を下げて、風味を引き立ててみましょう

とマルークは魔法を使いミルクティーの温度を下げていると、アドリーヌはこれはお店で出せるレベルだというのでマルークは驚きます。

 

マルークが店長をして、成功すれば支店も出せるかも!

え!?私が店を出してこれを売るのですか!?

 

と驚くマルークは、つい魔法を出し過ぎてしまいカップごと凍らせてしまいました。

アドリーヌは出店に本気のようで、開店費用は全額自分が出すと意気込むので、マルークはお礼を言い弟子を集めてくると話しました。

 

ファラディ家から支援が受けられることをマルークは喜びながら部屋を出ていきました。

アドリーヌはペトルスの事を思い出します。

(猫の姿のペトルスなら飲んでくれるかしら?人間の姿だとひどい味と言うかも)

 

と妄想をしながら嬉しそうにするので、をグリッツはミルクティーカフェは綿あめ屋の隣に出店するのがいいかもしれないと考えます。

そんな2人の様子を部屋の外から何者かが覗いていました。

 

スポンサー

ミルクティーカフェを出店する話はサデーロ侯爵の耳に入る

2人を監視していた何者かはサデーロ侯爵に仕えるものであり、アドリーヌがミルクティーのカフェを開こうとしていることをサデーロ侯爵に伝えました。

サデーロ侯爵は面白がり、そんなものを売っても笑いものになるだけだと言います。

 

するとサデロー侯爵の手下はこれ以上の監視は難しいと、顔を青ざめながら話しました。

なんでだ?

 

「アドリーヌが飼っている猫が普通の猫ではないようで、強力な魔法が使えるようです。秘密裏に雇った護衛なのではないでしょうか?」

その話を聞きサデロー侯爵は驚きました。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」48話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」49話ネタバレあらすじ

スポンサー

サデーロ侯爵はアドリーヌが獣人部隊を作るのではと思い始める

サデロー侯爵はアドリーヌに魔法が使える猫が護衛にいることを知ると、何を企んでいるのか気になります。

「別荘のまわりに色々な施設を建設していて、行き場を失った獣人を集めている噂もあります」

 

と聞くとサデロー侯爵は獣人部隊でも作りあげるのか?とアドリーヌは野心も秘めている者だと思うと

きっとクロワンスが獣人ということに気付いたから、クロワンスを味方につけて利用しようとしているんだ!

 

とアドリーヌの魂胆が分かったと言うサデロー侯爵は、クロワンスに警告しなくてはと席を立ちました。

アドリーヌの企みを自分が必ず潰すとサデロー侯爵は言います。

ペトルスにミルクティーを飲ませてみると…

その頃アドリーヌは別荘でポポちゃんと遊びながらミルクティーを堪能していると、ペトルスが帰ってきました。

ペトルスはアドリーヌに自分がいない間無事だったかと聞くと、アドリーヌは平気だったことを伝えて、ペトルスに飲んでほしいとミルクティーを渡しました。

 

猫のおやつか?

人間が飲む飲み物で、ミルクティーていうのよ!飲んでみて!

 

言われた通りペトルスはミルクティーを飲みますが、その味に驚き固まると顔が少し青ざめました。

おいしい?

ああ、おいしい

 

とペトルスは無理矢理飲み込みますが、変な味に思わず手で口を押えます。

おいしいと言われアドリーヌは成功したと喜びます。

しかし、ペトルスは変な飲み物を他人に飲ませるなんて正気なのか?と心の中で疑問に思いました。

 

皇后陛下の誕生日パーティーに出席するが…

皇后陛下の城に招待された客たちが続々と集まりました。

その客たちは皇后陛下が招待したのはクロワンスだけだから、自分たちはご相伴にすぎないと話しているとアドリーヌとグリッツが現れ驚きます。

 

アドリーヌも招待されていることにそんなはずはないと、周りの人はヒソヒソ話を始めました。

アドリーヌは豪勢な会場にウキウキしていましたが、グリッツはこっそりと言動に注意するように話します。

 

ここでは揚げ足を取る人ばかりいますからね…。サデーロ侯爵やエリオット様、クロワンス様もご出席します

城の中に入ると、アドリーヌは周りは敵だらけいることに少々顔を歪めます。

 

アドリーヌはメイドに席を案内されると、上座の席を見つめました。

(上座は皇后陛下で、その隣はクロワンスだから彼女とはなるべく目を合わせないようにしないと)

 

と思いながら席に着きます。

少し経つとテーブルには食事の用意がされてこれは前菜よね?と思いながら、恐る恐るフォークで野菜を取ると周りの人が笑い始めました。

笑われたアドリーヌはフォークで取った野菜を見つめながら困惑してしまいます。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」49話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」48話・49話の感想や見どころ

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」48話、49話ネタバレあらすじはいかがでしたか?

アドリーヌはバラのジャムを入れておいしいミルクティーを完成させましたね!

でもこの世界ではミルクティー自体良く思われていない飲み物なのに、さらにバラのジャム入りでお店を開くことを決意しました。

アドリーヌが思うように品位を下げて、自分の評判を下げることは出来るのでしょうか?

またこの話はサデーロ侯爵の手下によって、侯爵耳に入りました!

また魔法が使える猫(ペトルス)が護衛についていることで、余計にアドリーヌは怪しいものとしてサデーロ侯爵に認識されてしまいました!

サデーロ侯爵がアドリーヌがクロワンスを利用しようとしていると思っていたので、クロワンスに忠告しに行きましたが、クロワンスはアドリーヌが好きなのでどうなるのでしょうか?

皇后陛下の誕生日パーティーも始まり、アドリーヌはクロワンスやエリオット・サデーロ侯爵に会うことになります!

一体パーティーではどんな出来事が起こるのでしょうか!?

次回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」50話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー