ダメ貴族になりたい公爵令嬢|50話51話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」前回48話、49話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

アドリーヌはミルクティーマイスターと新しいミルクティーを開発しようと試みて、バラのジャムを入れたミルクティーを作りました。

おいしく作れたのでアドリーヌは専門店を出店すると言い、支援することにします。

その話はアドリーヌの別荘に侵入していたスパイによってサデロー侯爵の耳にも入ります。

皇后陛下の誕生日パーティーに招待されたアドリーヌは、グリッツと会場に入りました。

席について食事が用意され、前菜を食べようとすると周りの人は笑い始めます。

 

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

 

それでは「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」50話・51話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」50話ネタバレあらすじ

アドリーヌの隣にエリオットが座り、アドリーヌをかばう

アドリーヌはなぜ怪訝な顔して見てくるのか、サラダは食べてはいけないものなのかと思いますが、自分が失敗するのを待ち受けているのかと考えます。

それなら受けて立とうじゃないかと思ったアドリーヌは周りの人に

 

これ美味しいから皆さんも召し上がったら?

と話しかけると、ビックリして青ざめた顔をしました。

 

すると隣にエリオットが座り、挨拶をします

アドリーヌは顔を背け、いつ会っても不快な人ねと言いお茶を飲もうとすると

 

そのお茶に毒が入ってたりしない?

と言われます。

 

もちろん飲みます!あなたと話す方が体に毒ですわ

と言うとエリオットは薄ら笑いをするので、アドリーヌはあからさまに嫌そうな顔をしました。

 

そのエリオットの向かいにはサデロー侯爵が座り、厳しい目つきでアドリーヌを睨みつけています。

(この人がサデロー侯爵ね。何か悪いことを企んでそうな感じの顔だわ)

 

と思っていると、サデロー侯爵が挑発をし始めました。

これは公爵令嬢のアドリーヌ様ではないですか

 

とニヤリと不気味な笑みで話しかけてくるので、アドリーヌは笑顔でお久しぶりですねと挨拶をしました。

今日は僕に付きまとわないのか。この前で懲りたということか

 

と言いますが、今日は皇后陛下のパーティーだからこの前のようなことはしないと宣言してきます。

(どうやら公衆の面前でアドリーヌに恥をかかせた時のことを行ってるのね…けど私には関係ない)

 

とアドリーヌは自分のイメージが悪くなっても構わないと思うと

そうなんですか。侯爵を射止められなかったことはアドリーヌの一生の心残りですわ

 

と笑顔でいうと、サデロー侯爵は驚き青ざめた顔になりました。

すると隣で聞いていたエリオットは吹き出して笑い、サデーロ侯爵に

 

アドリーヌは嫌味を言っているんだよ。どうやら君はフラれたようだね

と言うとサデーロ侯爵はテーブルを叩き、貴様!と怒りを露わにします。

 

スポンサー

サデロー侯爵が皇后陛下に変の飲み物の噂話を始める

皇后陛下はクロワンスと一緒に会場に入場してきました。

アドリーヌは皇后陛下に挨拶をして、皇后陛下が席に着くとクロワンスはアドリーヌの向かいの席に座りウインクをしました。

 

アドリーヌはクロワンスとは目を合わせないつもりでしたが、ウインクをされて驚き再び目を合わせないようにしないとと顔を背けます。

そして皇后陛下の挨拶が始まりました。

パーティーに来てくれたお礼や、パーティーの準備をしてくれたクロワンスに感謝をすると、クロワンスは皇后陛下の亡き娘に似ていると言います。

 

それから都で話題になっているものは何かと皇后陛下が皆に問うと、サデロー侯爵は最近妙な飲み物が売られていると話し始めます。

アドリーヌはやっぱりその話題になったかと、怪しい表情でニヤリとしました。

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」50話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」51話ネタバレあらすじ

スポンサー

サデロー侯爵がミルクティーカフェの話をするとアドリーヌに批判が飛ぶ

妙な飲み物を皇后陛下は知りたがっていた様子ですが、クロワンスが咳ばらいをしアドリーヌが別荘を購入したことに話を変えました。

本当なの?

はい!別荘でしばらく静養する予定です

 

アドリーヌはクロワンスは自分のことを嫌っていたはずなのに、わざと話をそらしてくれたのかな?と思います。

するとサデロー侯爵はがアドリーヌに話しかけます。

 

ファラディ様はミルクティーマイスターを雇い、ミルクティーのカフェを始めたそうですね

とニヤリと笑いながら言うと、周りの人はミルクティーなど平民の飲み物を出すのは趣味が悪い品の悪い飲み物だと悪口を言い始めました。

アドリーヌは予想通りの偏見ぶりに、心の中で笑うと

 

私はミルクティーが大好きなので、平民の飲み物でも好きですわ♡

とうふふと上品に笑いながら楽しそうに話します。

 

皇后陛下もファラディ公爵のお嬢様なのになぜ好きなのかと聞きますが、周りの人は品位を汚すようなものだだらしないとアドリーヌを責めました。

アドリーヌは心の中で、ここで悪口を言って次のお茶会に招待する人はいなくなるから、別荘にこもって浪費してやろうと考えていました。

 

クロワンスもミルクティーが好きだと話し始めた

するとクロワンスが口を挟み始めます。

奇遇だわ。実は私もミルクティーが好きなんです

 

と優しく笑いながら話すので、周りの人たちも一斉に驚き始めました。

ミルクティーは平民の苦労に感謝することが出来るとクロワンスは話し始めます。

 

シェガリア戦争で貴族の騎士が勝利したのも、平民たちが苦労をかけて運んだミルクティーのお陰のようですよ

と堂々と言うとミルクティーを飲むと当時の人々の苦労をしのぶことが出来ると言いました。

 

予想外の出来事にアドリーヌは、ミルクティーが印象の良いものの話に発展しかけていると衝撃を受けます。

しかもアドリーヌ様のカフェでは独自の味のミルクティーを出しているのよ

 

と言うので何故私しか知らないことを知っているのか疑問に思います。

カレビアの宝石ともいわれるカレビア産の黒糖や、バラジャムなどが入っているんですよね?アドリーヌ様?

 

と楽しそうに話すので詳しく知っていることに驚きますが、自分を監視しているのか、自分を助けようとしてくれているのかとアドリーヌは考えます。

それを聞いていた皇后陛下はそれは素敵だというと、もしお茶会を開くならミルクティーの魅力を教えてほしいと言ってくれました。

 

私たちも平民を理解する必要がある。アドリーヌ様は謙虚でファラディ家に相応しい素晴らしいレディだわ

と皇后陛下がアドリーヌを褒めるので、さっきまでけなしていた周りの人も嫌々皇后陛下の意見に合わせました。

 

しかしアドリーヌは自分の品位を落とす計画が失敗し肩を落とします。

パーティーが終わると部屋の外ではクロワンスとサデロー侯爵がアドリーヌを待ち伏せしていました。

 

アドリーヌ様、お話があります

とクロワンスが話しかけてきます。

 

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」51話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」50話・51話の感想や見どころ

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」50話、51話ネタバレあらすじはいかがでしたか?

皇后陛下の誕生日パーティーが始まると早速アドリーヌのミルクティーの話題が出てきましたね。

本当にサデロー侯爵はアドリーヌの評判を落とそうと考えている感じでしたが、アドリーヌにとっては想定内のことでした。

しかしクロワンスはミルクティーが好きと言い、皇后陛下からもいい印象を与えてしまい想定外の出来事になります!

その前にもクロワンスはサデロー侯爵の話からそらして、アドリーヌを守ろうとする行動が見えました。

結局アドリーヌの自分の品位を落とす行動は失敗に終わりましたが、帰りにクロワンスとサデロー侯爵が待ち伏せをされてしまいます。

アドリーヌは一体どんな話をされるのでしょうか?

次回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」52話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー