ダメ貴族になりたい公爵令嬢|59話60話ネタバレあらすじや感想【ピッコマ漫画】

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」前回58話のネタバレあらすじからおさらいしましょう。

クロワンスとアドリーヌが親友という噂話は、皇后陛下の恋の駆け引きの作戦でクロワンスが自ら噂を流していました。

しかしアドリーヌから連絡がこないとクロワンスは落ち込みますが、アドリーヌと親友になることを諦めていません。

一方エリオットはアドリーヌに会いに行き、ペトルスは猫ではないと話すとアドリーヌは今までのペトルスの行動を思い出し普通の猫ではないかもしれないと思い始めます。

ペトルスが明日戻ってくる知らせを受けますが、ポポちゃんが体調悪そうにしていたのでアドリーヌはグリッツに獣医を呼ぶようにお願いしました。

 

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

 

それでは「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」59話・60話のネタバレあらすじスタートです!

スポンサー

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」59話ネタバレあらすじ

ポポちゃんはポールマン先生に診察を受けてもらうことに

グリッツは急いで医者を連れてきますが、人間から獣人まで様々な分野の医者たちを大勢引き連れてやってきたのでアドリーヌは思わずため息をついてしまいます。

なのでアドリーヌは一番見立ての良い先生にポポちゃんをお願いすることにしました。

 

ポールマン先生どうでしょうか?

ポールマン先生はポポちゃんを触診すると、軽い風邪の症状だと判断しました。

 

最近お出かけされましたでしょうか?そこで少し冷えたかもしれませんね

確かに一緒にコーヒー街に出掛けていたので、そのせいかなとアドリーヌは考えるとポールマン先生にしばらく滞在して診察してほしいと頼みます。

 

正式に契約書を出しますので、ポポちゃんが良くなるまでここにいてくれませんか?

アドリーヌ様、かしこまりました。では失礼します

とポールマン先生が帰ろうとするとアドリーヌは先生を呼び止めて、教えてほしいことがあると引き止めました。

 

スポンサー

アドリーヌはペトルスの正体が知りたくてポールマン先生に相談すると、ペトルスは猫獣人ではないと言われる

獣人のことで本当の姿がわからないのですが、何かご存知でしょうか?

ポールマン先生はその獣人に合わせてほしいと言いますが、アドリーヌは今はいないと答えます。

 

その獣人はどんな特徴や性格でしょうか?

性格はキツめで少し敏感な部分もあり、噛みついたりもするけど優しい一面もあるとアドリーヌは話しました。

 

あと魔法が使えて、自由自在に猫の姿から人間にもなれます

魔法を使える獣人は珍しいですね…

 

とポールマン先生は考えながら話し、自由自在に姿を変えられるのはごく少数だと言いました。

おそらく猫獣人ではないと思われます

 

その言葉を聞いたアドリーヌはとても驚きますが、エリオットの言ってたことは本当だったと思います。

ポポちゃんはアドリーヌにしがみつき、心の中でそれ以上追及はしちゃダメ!と話しを止めに入りましたが、アドリーヌに静かにするように頭をなでられました。

 

もしかしたら小型犬の獣人ではないでしょうか?

先生の言葉にアドリーヌもポポちゃんも拍子抜けしてしまいます。

 

先生曰く小型犬は性格がきつくて嫌われやすいから、魔法を使って正体を隠し別の動物に姿を変えることがあると話しました。

でもアドリーヌは小型犬は可愛いのにどうして?と聞き返すと、先生は25年間獣医をやっていたそうですが腕の傷は全て小型犬にやられたと言います。

 

(もしかしたらエリオットの手の傷もペトルスが嚙みついたのかしら…)

とアドリーヌは思わず妄想していました。

 

おそらくその獣人はマルチーズかポメラニアンではないでしょうか?

ペトルスのイメージとはかけ離れた犬種を言われてアドリーヌはひどく驚き、一方のポポちゃんはペトルスが知ったら激怒すると泣いていました。

 

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」59話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」60話ネタバレあらすじ

スポンサー

ペトルスが人と気持ちが通い始めていることをドワーフに指摘される

ペトルスはハンス山脈にいて、ドワーフに公爵家を守っている人は何者なのか聞いていました。

俺の記憶に何も残ってないのは何故なんだ?

 

あの龍のことでしょうか?それはまだ時間がかかりますが…

とドワーフは調査をするといいますが、ドワーフも世界の樹に断りを入れないと出来ないと話します。

 

またドワーフは世界の樹がペトルスの呪いはもうじき解けるかもしれないと話していたことを言いました。

人と気持ちが通い始めているとか…

 

俺様が何故人間の感情を理解しなきゃいけないんだ!

と怒りながらペトルスは話すと、今日はもうこれで帰るとその場を立ち去りました。

 

ペトルス様とご縁のある方と麗しい関係になれますようお祈りしております

その言葉を聞いたペトルスはアドリーヌを思い出し、耳が赤くなります。

 

ペトルスは城に変えると2人のメイドが長老サスキアが話しをしていた噂話をしていました。

「アドリーヌ様は後継者の訓練も学院での勉強する資格がないと言っていたわ」

「じゃあ今までの成功はまぐれなのね」

 

メイドの話を聞いたペトルスはまぐれではなく、アドリーヌの才能のおかげだとイラつきながら考えていました。

ペトルスはメイドの横を通り過ぎると、魔法を使って悪口を言ったメイド2人を宙に浮かせて城の外へと投げ出してしまいます。

 

アドリーヌが犬の習性の本を読んでいるときに、ペトルスが帰ってくる

途中でペトルスはグリッツとメイドのオリーと遭遇しました。

ペトルスはグリッツにアドリーヌに変わった様子はないかと聞くとグリッツは言葉を濁らせてしまいます。

 

何かあったんだな!?

いえ!アドリーヌ様は元気で今応接間にいらっしゃいます!

 

ペトルスは足早にアドリーヌの元へと向かいますが、グリッツはペトルスはなぜ最初は猫の姿でいたのか急に気になりました。

するとオリーはアドリーヌは猫が大好きだから当然のことで、ペトルスとアドリーヌは相思相愛だと話します。

 

それを聞いたペトルスは顔が真っ赤になり照れながら、アドリーヌは猫が好きだから自分が好きなのかと考えました。

応接間ではアドリーヌは犬の習性が書かれている本を読み漁っていて悩んでいます。

 

本に書いてある習性とペトルスが全然違うと感じていて、絶対にマルチーズではないと思っていました。

アドリーヌ、久しぶりだな

 

とキラキラと輝きのオーラを放ちながらペトルスがやってくると、アドリーヌは焦ってしまいます。

ペトルスは≪犬の習性≫と書かれた本を見つけると、アドリーヌが誤魔化すように笑いました。

 

 

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」60話のネタバレあらすじはここまでです。

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」59話・60話の感想や見どころ

「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」59話、60話ネタバレあらすじはいかがでしたか?

ポポちゃんの体調はそこまで悪くなかったので良かったですが、獣医からペトルスは猫ではないと聞かされてしまいました。

しかし獣医は元の姿は小型犬だと考えていたので、そこは違いますがアドリーヌは猫ではないことを確信したようです。

一方ペトルスは世界の樹からもうすぐで呪いが解けそうと言う話をドワーフから聞きました。

アドリーヌと心が通い始めているようですが、呪いを解くにはまだ時間がかかりそうですね。

久しぶりにペトルスが帰りアドリーヌと再会出来ましたが、犬の習性を調べていることをペトルスはどう思うのでしょうか?

 

次回「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」61話の展開も気になりますね!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

\全話あらすじはこちら/
「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」
あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「ダメ貴族になりたい公爵令嬢」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー