独裁|36話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページではピッコマ漫画「独裁」35話の簡単なおさらいから、36話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

柚月はアシャンが過去に傭兵団にいた事実を知りました。

仕事を終え、スマートフォンを確認すると、妹の陽花から近々こっちに来るとの連絡がありました。

勤務体制上休みが取れない、と柚月は頭を抱えます。

同僚のジョンからホッキョクグマを頼ればいいと提案されますが、柚月は拒否しました。

眠ってから考えよう、と柚月はベッドに入るのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

それでは、「独裁」36話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」36話ネタバレあらすじ

妹に会いに

夕暮れ時、柚月は屋敷の外を歩いていました。

 

『(私用で使うために支給された車だけど、あちこち出歩かないから全然使ってなかったな)』

柚月はそう思いながら、手元で車のキーを振り回します。

 

柚月はスマートフォンを取り出して時間を確認します。

時間は午後5時を回っていました。

 

これから陽花の滞在しているホテルに向かう予定です。

『(ギリギリで帰って勤務交代すれば大丈夫だよね)』

 

『車を待機させておきました』

柚月が声のした方を見ると、ハーゼンが車のそばに立っていました。

『ありがとうハーゼン』

 

ハーゼンは、柚月が外出する姿を見るのは初めてだと言いました。

柚月は妹が来ると理由を話します。

 

ハーゼンは、『楽しんできてくださいね』と柚月を見送りました。

 

柚月は車に乗り込み、ハンドルを握ります。

『ふう・・・今日は道が混んでないといいけど』

 

と、突然車の後ろからクラクションが鳴り響きます。

 

『ハニーどこ行くんだ?』

窓から顔を出して話しかけてきたのはサロモンでした。

 

柚月はサロモンに、街中に行くことを伝えます。

『ジョンには話しておいたんだけど、俺たちも王子様を連れて街に行くんだ』

 

『そうなの?どこに?』

『ロイヤルホテル!』

 

そのホテルは、柚月が向かう予定のホテルでした。

『(切っても切れない悪縁ってやつ・・・!?)』

 

柚月はサロモンに話しました。

『・・・私もロイヤルホテルに向かうところなんだけど』

『そうなのか!?』

 

目的地をきいたサロモンが一度車に引っ込みます。

アシャンに報告しているようです。

 

『(ああ不安だ・・・何の話をしてるんだろう・・・)』

 

再びサロモンが顔を出して言いました。

『目的地が同じなら乗って行けってさ、王子様が!』

 

『(断る理由がない・・・)』

 

柚月は車を降りて乗り換えることになりました。

運転席にはサロモン、助手席にはもう一人の同僚が乗っています。

 

柚月は後部座席、アシャンの隣に座ることになりました。

 

スポンサー

意外な言葉

車が走り出します。

『妹が来たそうだな』

アシャンが話しかけてきました。

 

柚月は、『(情報早すぎ!)』と思いながら返事をします。

『似ているのか?』

 

陽花は柚月にとって義理の妹です。

『他の地域の人が東洋人を見ると皆そっくりに見えるそうですから、きっと似て見えると思いますよ』

 

『(陽花は私より少し背が低くてオシャレが好きで思いやりがあって優しくて感情豊かだ)』

柚月は陽花の姿を想像して笑みをこぼします。

 

『思い浮かべるだけでも笑みがこぼれるほどなのか?』

『ええ』

 

『不思議だな』

『え?』

『血の繋がった家族よりもさらに濃く繋がっているということが』

 

『(ホッキョクグマがそんなことを言うなんて・・・)』

 

目次3

車が走る中、柚月のスマートフォンに着信が入ります。

電話の相手は陽花でした。

 

『もう着いたの?』

『うん!私ホテルのロビーで待ってるよ!お姉ちゃんは今どこ?』

 

柚月はあと20分くらいで到着することを伝えました。

陽花は柚月に早く会いたいと返します。

 

柚月は陽花の言葉に微笑みながら、電話を切ります。

視線を感じて横をみると、アシャンが柚月を見つめていました。

 

前の座席の二人も、バックミラー越しに柚月を見ています。

 

柚月はサロモンにたずねます。

『・・・私なにかおかしかった?』

 

『いやいや!今しゃべってたの日本語だろ?』

『うん』

 

『日本語話してる時と英語で話してる時で全然雰囲気が違うな!』

『?どういうこと?』

 

サロモンは、日本語を話す柚月の雰囲気が柔らかいと言いました。

助手席の同僚も、言葉がキレイに聞こえたと賛同します。

 

『(皆が私に注目するほど・・・日本語と英語を使う時の差が激しいってこと?)』

柚月は顔が赤くなりました。

 

『か、顔に何かついてますか?』

柚月がアシャンから顔を背けてながら言います。

 

アシャンは笑いながら、『確かに堅苦しいな』と言いました。

 

『(陽花に会ったら訊いてみなきゃ、私の日本語と英語がどれだけ違うのか・・・)』

柚月は怪訝な顔をするのでした。

 

 

と、ここまでが「独裁」36話のネタバレあらすじでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」36話の感想や見どころ

「独裁」36話では、陽花と柚月の仲の良い姉妹ぶりがあらわれていました。

柚月が陽花をとても大切にしていることがわかります。

それが、話し方にも表れていたようです。

次回はとうとう陽花との再会です。

 

次回「独裁」37話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「独裁」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー