独裁|37話ネタバレあらすじや感想「ピッコマ漫画」

このページではピッコマ漫画「独裁」36話の簡単なおさらいから、37話のネタバレあらすじについてまとめています。

 

柚月は、勤務を交代する前に妹の陽花に会うことになりました。

 

車で待ちあわせのホテルに向かおうとすると、同僚のサロモンに声をかけられます。

サロモンもアシャンを乗せて出かける予定で、行き先は柚月の向かうホテルでした。

 

成り行きで柚月はアシャンの隣に座り、車はホテルに向かい走りだします。

車内では、陽花と電話する時の柚月がいつもと違う、と盛り上がるのでした。

 

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

それでは、「独裁」37話のネタバレあらすじです!

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」37話ネタバレあらすじ

再会

柚月たちを乗せた車は、無事ホテルに到着しました。

サロモンたちがドアを開けて、アシャンと柚月は車から降ります。

 

すると、ホテルのドアを開けて女性が出てきました。

『お姉ちゃん!』

それは妹の陽花でした。

 

柚月は驚きながらも嬉しそうに名前を呼んで駆け寄ります。

 

『ホントのホントに会いたかった!』

『陽花転ぶわよ』

 

走ってきた陽花は勢いそのままに柚月に抱きつきます。

『(本物の陽花だ、私も会いたかった・・・)』

陽花の存在を改めて確認しながら、柚月も陽花を抱きしめ返しました。

 

『陽花、ちょっと待って』

柚月は我に返ったように陽花をひっぺがし、陽花の服装を確認します。

 

『え?どうしたの?』

陽花の服は薄着で、露出の多いものでした。

 

『(ここはイスラム国家なのに、こんなに肌を見せた服を着てたらまずいんじゃ・・・)』

柚月は焦りの表情を見せます。

 

『陽花、部屋に帰って服を・・・』

柚月は自分の着ているジャケットを脱いで着せようと手をかけます。

 

すると、後ろからアシャンが自分のジャケットを脱いで陽花に着せました。

『え・・・?』

 

『姉が心配しているぞ』

そう声をかけたアシャンを、陽花はポカンとしながら見つめます。

 

『半年の間にすっかりオマーン人になったようだな、旅行客がどんな服を着ていようと誰も咎めないさ』

そう言ってアシャンは少しにやけながら柚月に目を向けます。

柚月は真っ赤な顔をして、脱ぎかけたジャケットを直しました。

 

『あ・・・私の服装のせい?』

『う・・・うん・・・ごめん』

 

柚月は歩き出したアシャンの背中に向けてお礼を言います。

『・・・ありがとうございます、王子様』

 

それを聞いた陽花は、突然驚いたように声をあげます。

『王子様!?超絶イケメンじゃん!!』

『陽花!』

 

『似てないな』

アシャンは陽花を一瞥してから柚月を見て言いました。

 

『(・・・その一言にいろんな意味が含まれている気がする・・・)』

柚月は複雑な気持ちでアシャンを見るのでした。

 

スポンサー

お誘い

アシャンと柚月、陽花はホテルのロビーにつきました。

ホテルの使用人は、アシャンに一礼をして出迎えをします。

 

『それじゃあ私たちはこれで・・・』

柚月は居心地が悪そうにそう言うと、陽花の肩を抱いて別れようとしました。

 

すると陽花はハッとして慌ててアシャンに言いました。

『そうだ挨拶するの忘れてた、いつも姉がお世話になっています、王子様』

そしてアシャンに向かって一礼しました。

 

その様子をみて、何か思ったような顔をします。

『もしよければ夕食に付き合わないか』

そう言って柚月と陽花をディナーに誘いました。

 

柚月は口をあんぐりと開けて驚いた様子を見せました。

嫌そうに断ろうとする柚月にかぶさるように、陽花は誘いを受けます。

 

『もちろん喜んでご一緒させていただきます、王子様!』

陽花は嬉しそうに親指を立てました。

 

柚月は諦めの表情をみせるのでした。

 

友人

柚月がディナー会場につくと、とある男性が声をかけてきました。

男性は微笑みながら柚月に挨拶をします。

 

『ルイ・ラスターと申します、イギリスから来ました』

『埴科柚・・・あ・・・ユヅキ・ハニシナです』

 

二人は挨拶を終えると握手をかわします。

『(ホッキョクグマの友達、何度か見かけたけど正式に挨拶するのは初めてだな』

 

食事の席につき、アシャンとルイは隣に、その対面に柚月が座ります。

 

『アシャンが女のボディガードを雇ったと聞いてはじめは何事かと思いましたよ』

『余計なことをしゃべるな』

 

『いつもご挨拶したかったのですがついにその機会が巡ってきましたね、お会いできて嬉しいです』

そう言ってルイは柚月に微笑みます。

 

『はい・・・(ホッキョクグマとここまで正反対の人なんて・・・これはこれで何だか変な感じ)』

 

『(それに何よりラスターさんって・・・時々私を観察するような目で見てくる・・・)』

柚月は、ルイは平凡な職業ではないだろうと考えながら、二人が会話する様子を眺めます。

 

『ローズは元気か?』

『驚いたな、お前が僕の妻のことを尋ねるなんて』

 

『ああ、僕たちだけで話してしまっていましたね、妹さんは?』

『妹は服を着替えてから来るそうです、お二人の約束にお邪魔してしまったのは私たちの方ですし、お気になさらずに』

 

『早くローズの話をしてみろ』

『なぜそんなに気にするんだ?以前は全く興味もなかったじゃないか』

 

『(・・・ホッキョクグマが他人と日常会話を交わしている・・・)』

柚月は少し驚きながら、アシャンを見ます。

 

アシャンはテーブルに指を打ちつけながら会話をしています。

すると、柚月はアシャンと目が合ってしまいました。

 

『(気まず・・・)』

そう思いながら柚月はパッと目を逸らしました。

 

『ふうん』

そんな二人の様子をみていたルイは何かを感じたようにつぶやきました。

そしてニヤリと笑うのでした。

 

 

と、ここまでが「独裁」37話のネタバレあらすじでした。

スポンサー

ピッコマ漫画「独裁」37話の感想や見どころ

「独裁」37話では、柚月は無事陽花と再会を果たすことができました。

アシャンの美男子ぶりに驚く陽花がとても可愛らしかったです。

そしてあらわれた友人のルイですが、何を考えているのか読めない人ですね。

最後の笑みは何を企んでいるのでしょうか。

 

次回「独裁」38話も楽しみです!

 

\全話あらすじはこちら/
「独裁」あらすじリスト

 

最後に

ピッコマ漫画「独裁」は、現在日本ではピッコマでしか読むことができません。

原作が韓国で小説があることからも、人気作として話題になれば日本でライトノベルになったり小説として発売される可能性もありますね。

人気のラノベを電子書籍で読むのであれば、U-NEXTの無料お試し31日を利用するのがオススメです!

無料お試し期間を使えば、最新の映画やコミックスなども無料で利用可能です。

[sc name=”bottom”]
スポンサー